必見!未経験でも外資系企業に転職するコツ【英文履歴書編】

解決おじさんの画像 仕事
スポンサーリンク

こんにちは、ぷよたです。

前回「外資系企業に転職するメリット」の記事をあげました。

今回はもう少し掘り下げて、未経験でも外資系企業に転職するコツとして英文履歴書にフォーカスします。

日系企業と同じように、外資系企業でも応募時に履歴書が必要になります。

当然、履歴書は英語で書かないといけません。

では、実際どのように英文履歴書を準備すればよいのか、ポイントを説明していきます。

この記事の信頼性

この記事は、実際に外資系企業を専門とする転職エージェントと、外資系企業に転職した知人に聞いた話をまとめています。

それでは、どうぞ♪


人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

スポンサーリンク

絶対にやってはいけない英文履歴書の「勘違い」

日系企業と同様、外資系企業でも英文履歴書を提出した後、書類選考が行われます。

よって、しっかりした英文履歴書を作成することで、書類選考通過の確率をあげることができます。

ここで

「Google先生をフル活用して、日本語を英語にすればいいだけでしょ?」

と思ったあなた、大間違いです!

英語の履歴書は

  • 日本と違って、フォーマットが決まっていない
  • 英語独特の単語表現や、言い回しが多い
  • 職務経歴は日本より細かく書かない

といったように、日本とは異なる点が多くあるので、自分で作るべきではないです。というか作れないです・・・。

なので、周りにいる英文履歴書に詳しい方に、チェックしてもらいながら作りましょう。

 

・・・分かっていますよ。あなたの周りにそんな人がいないことを。

でも安心してください!解決方法がありますよ!

解決おじさんの画像

外資系企業への転職を得意とするエージェントにチェックしてもらう

転職エージェントは言うまでもないですがその道のプロですので、あなたの英文履歴書をチェックしてもらうことができるでしょう。

ここで注意しておきたいことは、日本大手の転職エージェントは英文履歴書をチェックしてくれないということです。

実際、外資系企業に転職した知人の場合は、チェックしてくれなかったそうです。

転職エージェントも多忙なので、全ての求職者の英文履歴書をチェックしてくれるわけではありません。

職務経歴書の画像

あまり期待しないほうがいいでしょう。

なので、外資系企業を専門に扱う転職エージェントにチェックをお願いしましょう。

転職エージェントによりますが、基本的にはチェックしてもらえるはずです。

しかし、まだまだ安心してはいけません。

当然ながら、転職エージェントによって実績や経験が大きく異なりますので、もし経験が浅いエージェントである場合、十分にチェックできていない・・・なんてこともあり得ます。

そうすると、書類選考をいつまでたっても通過することができず、面接にたどりつけないという泥沼にハマってしまいます。

外国人の画像

転職エージェントを、過信しすぎるのは禁物です!

 

・・・分かっていますよ。じゃあどうすればいいのか、ということを。

安心してください!解決方法がありますよ!

外部の英訳業者に依頼する

少々コストが掛かりますが、これが迅速かつ確実な方法です。

英文履歴書の作成は、経験が必要なので、実績がある業者に依頼しましょう。

ググればたくさんの英訳業者が出てきますが、以下2つが私のおススメです。

①ベスト履歴書ドットコムさん

②フクヤマイングリッシュサービスさん

知人は、他の外資系企業に入社した人の間でも、特に評判だった

①ベスト履歴書ドットコムを利用しました。


依頼の流れ

  1. まずは英訳をしてもらう前に、日本語の履歴書と職務経歴書を送付する
  2. 見積りが来る
  3. 英訳を依頼する

以上です。非常にシンプルですね。

料金ですが、一般的な長さである2ページの英文履歴書を作ってもらう場合、金額はおよそ2万円前後です。大体、2〜3日以内で作成してくれます。

サービスとして、カバーレターの作成、英語面接の対策資料ももらえます!

カバーレターとは

英文履歴書に添付する書類のことで、志望動機や自己PRなど、職歴以外のアピールポイントはここに記載します。

採用担当者が一番に目を通すものなので、非常に重要な書類と言えます。

「この人の履歴書を見てみよう」と思ってもらうためにも、カバーレターで効果的に自己アピールをすることが必要です。

もちろん、英訳された英文履歴書を企業に提出する前に、内容をチェックしておくことを忘れずに。

正直、2万円のコストが高いと思ったかもしれませんが、希望の会社に入れるのであれば、安い先行投資だと思います。

時間の節約にもなりますね。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

しっかりした英文履歴書を準備することが、転職活動のより良いスタートに繋がります。

本記事によって、あなたの転職活動がより良いものになることを願っています♪

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。
もし良ければお気に入り登録していただけると喜びます(〃^^)ではまた。

コメント