ホワイト企業あるある【働きやすい職場に転職しよう】

ホワイト企業の画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは今の会社は

①ホワイト企業
②グレー企業
③ブラック企業

どれに該当しますか?

 

ぷよログでは今までブラック企業を中心に記事を執筆していましたが、ホワイト企業については、あまり触れてきませんでした。

世の中には、もちろんブラック企業だけではなく、優良な会社=ホワイト企業もたくさんあります。

今回は、「ホワイト企業あるある」について記事にしました。

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  • ホワイト企業の特徴
  • ホワイト企業の見分け方

が分かります。

 

結論:自分の未来のためにホワイト企業に転職しましょう!

まずは

  • ホワイト企業とは何か?を知る
  • ホワイト企業の見分け方を知る

ことで、転職先の会社選びがよりスムーズで、失敗の少ないものになります。

ぷよた
ぷよた

せっかく就職・転職するなら、ホワイト企業に入社し、働きやすい職場で仕事したいですよね。

ぜひ、今回の記事をあなたの会社選びの基準に、少しでも役立てていただけると幸いです。

スポンサーリンク

ホワイト企業の特徴

人間関係の画像

ホワイト企業の特徴を、一覧にしてみます。

  • 業界トップシェア
  • 毎年、企業成長を続けている
  • 福利厚生がすごく良い
  • 風通しのよい社風
  • オシャレで綺麗なオフィス
  • 高待遇
  • 収益性が高い
  • 「人」を育ててくれる文化がある
  • 社会貢献している
  • 定着率が高く、離職率が低い
  • 安心の財務状況
  • 有名企業というブランド・ネームバリューがある

などなど。

ぷよた
ぷよた

まさに、理想的な会社でありホワイト企業ですよね。

 

ただ、注意しなければならないことは

きちんとバランスが取れているかどうか

です。

例えば

  • 高収入だけど、長時間労働と厳しいノルマがある
  • 有名大企業だけど、年功序列でガチガチの縦社会
  • オシャレなイメージだけど、待遇が悪い

 

このように一部分だけを見てホワイト企業と判断すると、入社した途端「こんなハズじゃなかった…」なんてことになりかねません。

 

ホワイト企業あるあるエピソード

チェックリストの画像

そもそも朝礼という”儀式”がない
部下が上司を評価するので、相互に意見を言い合える風通しのよさがある
下請け企業から愛されているので、心からの熱い接待を受けがち
花見やBBQ、社員旅行などイベントが少ない(イベントが無くても関係良好)
サービス残業という言葉はニュースでしか知らない
早上がりが認められている
有給は完全消化が義務(というか有給をとらないと怒られる)
退職しても、戻ってくる人がたまにいる
飲み会でだれも愚痴らないので、たまに愚痴るとすごい空気になる
お菓子、社員食堂、ドリンクが無料(もしくは格安)
無駄な会議やハンコ文化など、不合理的なものは存在しない
住宅手当が手厚いので、会社の近くの一等地に住みがち
20代前半でも既婚率が高く、若いパパママも多い
ワークライフバランスが整っているのでパパ、ママが多く話が合う

 

ホワイト企業に勤めるネット民の声

人間関係の画像

毎年1万円の昇給、ボーナス7ヶ月分、残業なし。扶養手当・住宅手当・資格手当等の手当も充実している。

有給休暇も連休で取りやすいし、すごく働きやすい。子育て世代が増えてきて、時短勤務しても形見が狭くならないし、産休育休もきっちり取れる。

お局がいない。よってイジメもないからここ3年くらい誰も辞めてない。人間関係も良好で嫌味な人もいない。 

残業・休日出勤は無能がやる事!みたいな風土がある。というか残業すると怒られる。

最高年齢が40代の若い職場。育休は女性100パーセント、男性は80パーセント取得。

 

ぷよた
ぷよた

ほんとにこんないい会社あるんですか?!って疑心暗鬼になるレベルです。

ブラック企業出身の筆者から見ると、にわかには信じられない話です。

 

ホワイト企業の見分け方

チェックする人の画像ホワイト企業を見分ける方法は、CSR総覧で優良企業(ホワイト企業)を見分ける、という方法があります。

CSR企業総覧とは

CSR(企業の社会的責任)の取り組みを、東洋経済がデータベースしたものです。

出典:東洋経済CSRオンライン

 

これらのデータを見れば、財務状況や業界シェアの他に

新入社員の定着率
離職率

といった指標も分かります。

つまり

  • 離職率が低い
  • 定着率が高い

という企業は「働きやすい企業=優良企業」としてオススメできます。

 

ホワイト企業の条件

ホワイト企業の条件①新卒の3年内離職率が低い

デメリットの画像

下記は、新卒3年後の若手が辞めない会社ランキングです。

  • 塩野義製薬株式会社
  • JSR株式会社
  • 三菱地所株式会社
  • 横河電気株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 株式会社日立ハイテクノロジーズ
  • 株式会社メニコン
  • 小林製薬株式会社
  • 古河電気工業株式会社

出典:東洋経済ONLINE 新卒3年後の若手が辞めない300社ランキング

 

ホワイト企業の条件②有給取得率が高い

マッサージの画像

下記は、有給取得率が高い会社ランキングです。

  • 1位:ホンダ(有給取得率99.5%)
  • 1位:ショーワ(有給取得率99.5%)
  • 3位:ケーヒン(有給取得率98.8%)
  • 4位:テイ・エステック(有給取得率99.5%)
  • 5位:アイシン精機(有給取得率98.4%)
  • 6位:関西電力(有給取得率98.0%)
  • 7位:日本電信電話(有給取得率97.2%)
  • 8位:トヨタ自動車(有給取得率96.9%)
  • 9位:シーエックスカーゴ(有給取得率96.3%)
  • 10位:トヨタ車体(有給取得率96.2%)

出典:CSR企業総覧(雇用・人材活用編2020年版)

 

ホワイト企業の条件③待遇面で満足できる

給料の画像

下記は、待遇面で満足できる会社ランキングです。

  • 1位:グーグル合同会社
  • 2位:三菱商事株式会社
  • 3位:株式会社キーエンス
  • 4位:カタール航空
  • 5位:インディードジャパン株式会社
  • 6位:住友商事株式会社
  • 7位:三井物産株式会社
  • 8位:オートデスク株式会社
  • 9位:ヴイエムウェア株式会社
  • 10位:伊藤忠商事株式会社

出典:OpenWork 待遇面で満足できる会社

ぷよた
ぷよた

超有名企業から、あまり馴染みのない会社まで…!

 

ホワイト企業の条件〜番外編〜

外部企業の画像ホワイト企業は自分で見分けるだけではなく、外部機関が発表したランキングも参考にしましょう。

以下は、特に有名なホワイト企業ランキングです。

ランスタッドアワード「エンプロイヤーブランド・リサーチ」

ランスタッドのエンプロイヤーブランド・リサーチは、第三者機関が世界共通基準のもとで世界最大規模の調査を行い、エンプロイヤーブランドの高い企業を調査する試みです。一般の方への調査から、各企業が「どれだけ働きたいと思われているか」を測ります。

引用:ランスタッド公式サイト

下記は、ランスタッドアワード 2019を受賞した会社です。

  • 1位:サントリーホールディングス
  • 2位:味の素(株)
  • 3位:トヨタ自動車
  • 4位:ソニー
  • 5位:パナソニック
  • 6位:楽天
  • 7位:キリンホールディングス
  • 8位:日清食品ホールディングス
  • 9位:花王
  • 10位:アサヒグループホールディングス

出典:ランスタッドアワード2019

 

結論:自分の未来のためにホワイト企業に転職しよう

転職の画像

ぷよた
ぷよた

今回の記事のポイントをまとめます。

  1. 「ホワイト企業あるある」を知ることで、自分の会社との違いを認識できる
  2. ホワイト企業ランキングを確認する
  3. ホワイト企業の採用情報を収集し、ホワイト企業への就職・転職を目指す

 

今の会社でスキルを積んだ後、ホワイト企業への転職に挑戦し、さらなるキャリアアップを目指しましょう。

もちろん、ホワイト企業へ入社することは、簡単なことではありません。

しかも、今の会社の仕事が忙しい中、転職活動に取り組むのは、正直かなりしんどいです。

 

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

 

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由

面接の画像

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由は、下記の3点です。

  • インターネットだけでは得られない情報を「転職のプロ」から教えてもらえるから
  • 非公開案件を紹介してもらえる
  • 前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

 

次の転職先選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを使っておいたほうがいいでしょう。

しかも、仕事を辞めるべきか辞めないべきか、相談に乗ってもらうこともできます。

ぷよた
ぷよた

話を聞いてもらってから、どうすべきか考えることもできますよ。

 

①ネットでは得られない情報を「転職のプロ」が教えてくれる

あなたも

インターネットで情報を収集したけど、どんな会社かいまいち分からない…

という経験はありませんか?

求人情報は応募者を集めることが目的なので、基本的にポジティブなことしか書いていません。

転職エージェントと転職活動を行うことで、インターネットでは得られない転職先の情報をエージェントに質問できますよ。

 

②非公開案件を紹介してもらえる

当然ながら優良企業の求人は、公開すると応募者が殺到します。

企業側も本当に能力がある人からの応募に絞りたいので、非公開求人という形で募集をかけることがよくあります。

非公開求人の情報を持っているのは転職エージェントだけです。

転職するなら優良企業で、かつ条件が良い企業に入社したい人にはうってつけです。

 

③前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

転職エージェントに登録すると、初回にキャリアカウンセリングがあるので、あなたの希望を細かく伝える事ができます。

現在の悩みや転職後のキャリアプランを伝えることで、自分でも「満足できる転職」を明確に意識する事ができます。

転職エージェントも担当者の親身さや紹介される案件から、転職エージェントがどの程度真摯に向き合ってくれているのかを確認した上で、転職を決断するかどうか考えることもできます。

 

まとめ:転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談する

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーもたくさん使います。

ぷよた
ぷよた

日々ブラック企業で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

  • 転職先が、またブラック企業だったらどうしよう
  • 転職を失敗したくない
  • 転職活動を無駄にしたくない

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは「プロ」です。

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりしません。

転職エージェントは、プロのアドバイザーがカウンセリング結果をもとに求人を提案し、選考対策や面接の日程調整といったサポートをしてくれます。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

【ユーザー満足度92%】転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。

最大級の転職サイトで、案件が豊富。まずはここに無料登録してみてはいかがでしょうか。

【ユーザー満足度89%】転職のリクルートエージェント

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

【ユーザー満足度83%】DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめです。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみてはいかがでしょうか。

 

というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ、はてブ!していただけると喜びます!ではまた。

ぷよログは、保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」を応援します。

保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」

 

コメント