【会社辞めてホント良かった‥!】退職して1ミリも後悔してない。

退職の画像 仕事
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、地方移住しました。

 

あなたは「今の会社いつか・・・辞めよう」と思ったことはありますか?

 

…とはいえ会社を辞めたいと思っても、実際は

今このタイミングで退職して後悔しないかな?

こんな理由で辞めるのは甘えなのかも…

今までの努力や苦労がすべて無駄になってしまうんじゃないか?

会社辞めたら、生活はどうなる?

 

このように、スパッと会社を辞めることができない場合も多くあります。

 

しかし

結論:毎日辞めたいと思うなら、今日から転職の準備をはじめるべき

なぜなら、毎日仕事へ行くのが億劫で辛くて、毎日辞めたいと思っている限り、あなたが幸せになれる可能性は低いからです。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  1. 「辞めて良かった会社」の例
  2. 会社を辞めるまでのロードマップ

が分かります。

 

会社を辞めるべきか残るべきか…

仕事を一生懸命に取り組んでいる人ほど、悩むものです。

 

しかし、仕事はあなたの人生の全てではありません。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれません。

厳しいことを言いますが、自分で動かなければ、何も変わらないんです。

 

今回の記事で、あなたの悩みを少しでも解決できれば幸いです。

この記事を書いた人の画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

「会社を辞めて良かった」と実感するとき

力を抜く画像
まずはじめに、筆者が会社を辞めて本当に良かったと思うのは

忙しすぎて他人を思いやる暇も余裕なんてない

頑張っても報われることなんてないし、良いことなんて何も無い

と思い悩み、心身ともに病んでいる状態でしたが、会社を辞めたことでそれらの不安やストレスから解放されました。

 

何よりも、人間関係について必要以上に悩まなくなり、ストレスや不満を感じることが激減。

 

筆者
筆者

収入面は毎月一定では無くなりましたが、代わりに精神面が安定し、健康を取り戻せました

 

【辞めて良かった!】辞めて良かった会社の事例

退職の画像

ここで、20〜40代の退職者に聞いた「辞めて良かった会社」の事例を紹介します。

 

辞めて良かった会社|新人に仕事を教えない先輩・上司ばかり

辞めて良かった会社|取引先のことはお構いなし。ノルマ達成が最優先

辞めて良かった会社|始業時間1時間前出勤(無給)

辞めて良かった会社|部署内がお局様の異常なヒステリーに振り回されている

辞めて良かった会社|尊敬できない上司しかいない

辞めて良かった会社|社長がメンヘラ気質

辞めて良かった会社|サービス残業が当たり前

辞めて良かった会社|営業職が毎年2〜3割入れ替わる

辞めて良かった会社|パワハラ上司が放置されている

 

筆者
筆者

そのほかにも

  • 陰湿ないじめが容認されている会社
  • 残業する社員が「やる気がある」という風潮の会社
  • 定時で帰ると上司からの評価下がる会社
  • サービス残業を断ったら自主退職を求められ、評価を下げられた会社

などの会社が「辞めて良かった会社」として挙げられました

 

自分から会社に”見切り”をつけることが大切

退職の画像

筆者自身も11年間ブラック企業で働いていましたが、「いつか転職してこんな会社辞めてやる!」と思っていました。

 

しかし、現実は毎日疲れすぎて、転職活動をするパワーなんて残って無くて

「困っているのに、誰も助けてくれない」

「今の会社辞めても、私なんか雇ってくれる会社なんてない」

と、半ば諦めていました。

 

しかし、今になって思います。

自分で「辞める」と見切りをつけることって大切です。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれない。

自分で動かなければ、何も変わらないことを筆者は声を大にして言います。

 

嫌な仕事は辞める=退職は働く人が持っている当然の権利

権利の画像

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

 

このように、労働者の退職に関する法律は民法第627条で定められており、会社には労働者の退職を拒否する強制力はありません。

 

なので、「嫌な仕事なら辞める」ということは、全く違法でも問題でもありません。

筆者
筆者

法律で認められた労働者の権利です

 

ただし退職する前の準備は必須!

選択肢の画像とはいえ、退職と同時に次の職場が既に決まっていれば良いのですが、そう簡単には次の仕事が決まらないことも少なくありません。

 

そこで、退職後にスムーズに転職活動ができるよう転職エージェントに登録だけはしておきましょう。

 

登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録してみましょう。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビAGENT

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビAGENT

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス >

 

もう一度言います。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれません。

 

自分で動かなければ、何も変わらないんです。

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント