【辞めて良かった会社】辞めて良かった会社の経験談を調査してみた。

会社の画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、在宅ワークでゆるく生きています。

 

あなたは「今の会社、いつか辞めようかな…」と思ったことはありませんか?

 

とはいえ、会社を辞めたいと思っても実際は

今このタイミングで退職して後悔しないか?

こんな理由で辞めるのは甘えなのかも…

今までの努力や苦労がすべて無駄になってしまう

会社辞めたら、生活はどうなるのか

など、会社を辞めるのをためらってしまう場合があります。

 

結論:毎日辞めたいと思うなら、今日から転職の準備をはじめるべき

なぜなら、毎日仕事へ行くのが億劫で辛くて、毎日辞めたいと思っている限り、あなたが幸せになれる可能性は低いからです。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  1. 「辞めて良かった」と思う会社の具体例
  2. 会社を辞めるまでのロードマップ

が分かります。

 

会社を辞めるべきか残るべきか。

仕事を一生懸命にやっている人ほど悩むものです。

 

しかし、仕事はあなたの人生の全てではありません。

 

今回の記事で、あなたの悩みを少しでも解決できれば幸いです。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

  1. 「会社を辞めて良かった」としみじみ感じたとき
  2. 辞めて良かった会社の例 20選【体験談】
    1. 新人に仕事を教えない先輩・上司ばかり
    2. 取引先のことはお構いなし。売り上げ売り上げばかり言われ続けた会社
    3. 始業時間の1時間前に出勤が暗黙のルール(無給)
    4. お局の言うことは絶対。社内全員がお局様の異常なヒステリーに振り回され誰も逆らえない
    5. 尊敬できない上司しかいない
    6. そもそも社長がメンヘラ
    7. サービス残業、持ち帰り仕事が当たり前
    8. 年末年始に社長と一緒に万歳三唱
    9. 営業職が毎年2〜3割入れ替わる
    10. 同族企業(身内にはめちゃくちゃ甘く 社員には厳しい)
    11. トイレがまさかの男女共用
    12. パワハラ上司が放置されている
    13. 陰湿ないじめが容認されている
    14. 有給を使わせない
    15. 仕事が出来ないから、という理由で残業代を払ってくれない
    16. 辞めるまで毎日、上司にパワハラされる
    17. 残業する社員が「やる気がある」という風潮
    18. 休日出勤する社員が「やる気がある」という風潮
    19. 定時で帰ると上司からの評価下がる
    20. 1日3時間のサービス残業強要。断ったら自主退職を求められ、評価を最低にされた
  3. 自分で「辞める」と見切りをつけることが大切
  4. まとめ:毎日辞めたいと思うなら、今日から転職の準備をはじめるべき
    1. 転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる
  5. 転職先を探すのに転職エージェントを推す理由
    1. ①ネットでは得られない情報を「転職のプロ」が教えてくれる
    2. ②非公開案件を紹介してもらえる
    3. ③前の職場と同じ失敗をしないように対策できる
  6. まとめ:転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談しよう
スポンサーリンク

「会社を辞めて良かった」としみじみ感じたとき

転職の画像筆者が会社を辞めて本当に良かったと思うのは、仕事をしていた時が忙しすぎて毎日病んでいるような状態だったのですが、そういったことから全て解放されたこと。

 

同僚や上司との人間関係に悩まなくて良くなり、ストレスが激減しました。

筆者
筆者

今はブラック企業を退職してフリーランスになり、収入は毎月一定では無くなりましたが、精神的な安定を得られました。

辞めて良かった会社の例 20選【体験談】

退職の画像

ここで、退職者に聞いた「辞めて良かった会社」の体験談を紹介します。

 

新人に仕事を教えない先輩・上司ばかり

取引先のことはお構いなし。売り上げ売り上げばかり言われ続けた会社

始業時間の1時間前に出勤が暗黙のルール(無給)

お局の言うことは絶対。社内全員がお局様の異常なヒステリーに振り回され誰も逆らえない

尊敬できない上司しかいない

そもそも社長がメンヘラ

サービス残業、持ち帰り仕事が当たり前

年末年始に社長と一緒に万歳三唱

営業職が毎年2〜3割入れ替わる

同族企業(身内にはめちゃくちゃ甘く 社員には厳しい)

トイレがまさかの男女共用

パワハラ上司が放置されている

陰湿ないじめが容認されている

有給を使わせない

仕事が出来ないから、という理由で残業代を払ってくれない

辞めるまで毎日、上司にパワハラされる

残業する社員が「やる気がある」という風潮

休日出勤する社員が「やる気がある」という風潮

定時で帰ると上司からの評価下がる

1日3時間のサービス残業強要。断ったら自主退職を求められ、評価を最低にされた

 

自分で「辞める」と見切りをつけることが大切

決断する人の画像

筆者自身も以前の記事の通り、ブラック企業で働いていましたが、「いつかは転職してこんな会社辞めてやる!」と思っていました。

 

しかし、現実は毎日毎日過酷労働が続き、転職するパワーなんて残って無かったし

「誰も助けてくれない」

「辞めたとしても私なんか雇ってくれる会社なんてない」

と、思っていました。

 

そうして、筆者は、しがみつくべきではない会社に、思考停止してしがみついていました。

 

今になって思います。

自分で「辞める」と見切りをつけることって大切。

筆者
筆者

今はブラック企業を退職してフリーランスになり、収入は毎月一定では無くなりましたが、精神的な安定を得られました。

 

これが、会社を辞めたことで得られた「お金では買えないモノ」です。

 

心の余裕ができたとともに、自分の視界が狭くなってしまっていたことに気づくことができました。

 

まとめ:毎日辞めたいと思うなら、今日から転職の準備をはじめるべき

転職の画像

仕事へ行くのが億劫で辛く、毎日辞めたいと思うなら、1日も早く仕事を辞めましょう。

 

なぜなら、そのままの状態で働いていてもあなたが幸せになれる可能性は低いから。

筆者
筆者

辞められない理由が色々と頭によぎると思いますが、結局最後に後悔するのは自分です。

 

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

 

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

 

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

 

転職先を探すのに転職エージェントを推す理由

面接の画像

筆者が転職先を探すのに転職エージェントを推す理由は、下記の3点。

  1. インターネットだけでは得られない情報を「転職のプロ」から教えてもらえる
  2. 非公開案件を紹介してもらえる
  3. 前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

 

転職エージェントに「仕事を辞めるべきか辞めないべきか」相談に乗ってもらうこともできます。

次の転職先選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを使ったほうがスマートです。

 

①ネットでは得られない情報を「転職のプロ」が教えてくれる

あなたは

インターネットで情報を収集したけど、どんな会社かいまいち分からない…

という経験はありませんか?

 

求人情報は応募者を集めることが目的なので、基本的にポジティブなことしか書いていません。

転職エージェントと転職活動を行うことで、インターネットでは得られない転職先の情報をエージェントに質問できます。

 

②非公開案件を紹介してもらえる

当然ながら優良企業の求人は、公開すると応募者が殺到します。

企業側も本当に能力がある人からの応募に絞りたいので、非公開求人という形で募集をかけることがよくあります。

非公開求人の情報を持っているのは転職エージェントだけです。

 

③前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

転職エージェントに登録すると、初回にキャリアカウンセリングがあるので、あなたの希望を細かく伝える事ができます。

現在の悩みや転職後のキャリアプランを伝えることで、自分でも「満足できる転職」を明確に意識する事ができます。

 

まとめ:転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談しよう

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーも使います。

ぷよた
ぷよた

日々仕事で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

 

  • 転職先が、またブラック企業だったらどうしよう?
  • 転職を失敗したくない!
  • せっかく転職活動するなら無駄にしたくない!

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

なぜなら転職エージェントは「プロ」だからです。

 

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりはしません。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ
1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

 

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

 

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみては?

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント