仕事が病むほど辛いなら、逃げてもOK【わたしは逃げた】

仕事で病む人の画像 仕事
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職後、地方移住してゆる〜く暮らしています。

 

突然ですが、あなたは日々の仕事に疲れきっていませんか?

 

毎晩終電で深夜帰宅睡眠不足が常態化している

土日出勤、自宅でも仕事をして、もうヘトヘト

友人と遊んだり、気分転換したりする時間も気力もない

 

どんなにタフな社員でも、このような状態が半年以上継続すると

  1. 精神面の異常
  2. 身体面の異常

などの症状が出る場合も少なくありません。

 

結論:病むほど仕事が辛いなら、逃げてもOK。

なぜなら、仕事は人生を賭けるほどのものではないから。

 

筆者
筆者

あなたが仕事で無理をしすぎて、体を壊したり、心を病んでしまう必要はありません

 

この記事の信頼性

この記事は、ブラック企業を退職した筆者の経験をまとめています。

この記事を書いた人の画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

病むほど仕事が辛いなら逃げてもOK

あなたはこう考えていませんか?

 

頑張っていればいつか報われるかもしれない

弱音を吐かずにとにかく頑張ろう

私が辞めたらみんなもっと大変になるから申し訳ない

 

確かに自分の仕事をすぐ投げ出すのは論外ですが、自分なりに考えて行動し、必死に働いても、報われない時があります。

筆者
筆者

ブラック企業なんて、その典型です

 

特に日本人は

  • 「逃げたら負け」
  • 「逃げる=悪」
  • 「仕事辞める=詰み」
  • 「すぐ逃げるなんて根性がない」

と言う価値観を持っている人も少なくありません。

 

しかし

病むほど仕事が辛いのなら、我慢せずに逃げてもOKです。

 

筆者は、思い切って仕事を辞めたら、本来の自分に戻れました。

筆者
筆者

今思えば、もっと早くに退職すれば良かった…

 

ブラック企業から、私は逃げた

退職の画像筆者が入社した会社は、典型的なブラック企業でした。

 

会社帰りの電車の隅で「なんのために、私こんなに頑張ってるのかな」と悔しくて悲しくて、泣いていました。

 

そんな生活が10年続き、心身ともに限界を迎えました。

 

 

【あなたの会社は大丈夫?】ブラック企業診断

ブラック企業の画像あなたの会社は、ブラック企業ですか?

 

下記、1つでも当てはまっていたらブラック企業の可能性があります。

  1. 長時間労働
  2. 仕事量が多すぎる
  3. 休日出勤が多い
  4. 有給が取れないor取りづらい
  5. 給料が低い
  6. 残業代が出ない
  7. 従業員の入れ替わりが激しく離職率が高い
  8. 募集要項に「やる気」や「情熱」などの精神論がよく出てくる
  9. パワハラやセクハラの横行
  10. 人がすぐ辞めるので、常に求人募集をかけている
  11. 求人情報では「とにかく明るい笑顔の写真」を使う
  12. 面接で、いきなり役員&代表者面接まで行く
  13. 面接受けてから、内定までが異常に早い
  14. 洗脳されていく同期&いつの間にか辞めていく同僚
  15. 上司や先輩の目が死んでいる
  16. 法令、労働基準法などはフル無視

 

 

病むほど仕事が辛いなら、転職準備をはじめよう

転職の画像
あなた自身の心と体が一番大事です。

病むほど仕事が辛いなら、無理して働き続ける必要は1mmもありません。

 

すぐに転職の準備を始めましょう。

そのままの状態で働いていても、あなたが幸せになれる可能性は低いかもです。

 

筆者
筆者

辞められない理由が色々と頭によぎると思いますが、結局後悔するのは自分だから。

 

自分から会社に”見切り”をつける大切さ

退職の画像

筆者自身も11年間ブラック企業で働いていましたが、「いつか転職してこんな会社辞めてやる!」と思っていました。

 

しかし、現実は毎日疲れすぎて、転職活動をするパワーなんて残って無くて

「困っているのに、誰も助けてくれない」

「今の会社辞めても、私なんか雇ってくれる会社なんてない」

と、半ば諦めていました。

 

しかし、今になって思います。

自分で「辞める」と見切りをつけることって大切です。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれない。

自分で動かなければ、何も変わらないことを筆者は声を大にして言います。

 

嫌な仕事は辞める=退職は働く人が持っている当然の権利

権利の画像

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

 

このように、労働者の退職に関する法律は民法第627条で定められており、会社には労働者の退職を拒否する強制力はありません。

 

なので、「嫌な仕事なら辞める」ということは、全く違法でも問題でもありません。

 

筆者
筆者

法律で認められた労働者の権利です。

 

ただし退職する前の準備は必須!

選択肢の画像とはいえ、退職と同時に次の職場が既に決まっていれば良いのですが、そう簡単には次の仕事が決まらないことも少なくありません。

 

そこで、退職後にスムーズに転職活動ができるよう転職エージェントに登録だけはしておきましょう。

 

登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録してみましょう。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス >

 

もう一度言います。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれません。

 

自分で動かなければ、何も変わらないんです。

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント