会社を辞めようかな…と思った瞬間 BEST15

退職の画像 仕事
スポンサーリンク

 

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、在宅ワークでゆるく生きています。

 

あなたは「会社を辞めようかな…」と思ったことはありますか?

 

会社を辞めたいと思っても

今このタイミングで退職して後悔しないかな?

こんな理由で辞めるのは甘えなのかも…

今までの努力や苦労がすべて無駄になってしまう

など迷いが出てしまい、会社を辞めるのをためらってしまう場合も少なくありません。

 

結論:毎日辞めたいと思うなら、今から転職の準備をはじめましょう

なぜなら毎日仕事へ行くのが億劫で辛く、毎日辞めたいと思っている限り、あなたが幸せになれる可能性は低いからです。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  1. この会社辞めようと思った瞬間BEST15
  2. 辞めるのが正しい判断かチェックする方法
  3. 会社を辞めるタイミング
  4. 退職までのロードマップ

が分かります。

 

会社を辞めるべきか残るべきか。

仕事を一生懸命にやっている人ほど悩みますよね。

 

今回の記事で、あなたの悩みを少しでも解決できれば幸いです。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

  1. この会社辞めようかな、と思った瞬間BEST15
    1. ”この会社辞めようかな”と思った瞬間|BEST15
      1. 入院中に、会社から電話が来た
      2. 暴力を自慢してる同僚を見た
      3. インフルエンザでも「出社しろ」と言われた
      4. サービス残業を強要された
      5. 「使えない奴」「アホ」などの暴言を言われた
      6. 15時間労働が2週間続いた
      7. まともな人が次々と辞めて行った
      8. 残業月200時間越えが1年間続いた時
      9. 災害でも「歩いて出社しろ」と言われた時
      10. 父の葬式中に何度も「仕事に来て」と言われた
      11. 結婚式当日に会社から仕事の電話が来た
      12. 目の前でパワハラされている同僚を見た
  2. 【会社、辞めよう…】退職理由の本音
      1. 1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
      2. 2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
      3. 3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
      4. 4位:給与が低かった(12%)
      5. 5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
      6. 6位:社長がワンマンだった(7%)
      7. 7位:社風が合わなかった(6%)
      8. 7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
      9. 7位:キャリアアップしたかった(6%)
      10. 10位:昇進・評価が不満だった(4%)
  3. 【それブラック企業!】ブラック企業の判断基準
  4. 【会社を辞めるべき?】チェックしてみよう
    1. ①会社を辞めたい理由を一旦整理してみよう
    2. ②会社を辞めずに解決できないか考えてみる
      1. 会社を辞めないで解決できるケース
  5. 会社を辞めるタイミングも大事
    1. 会社を辞めるタイミング①精神的な限界がきた時
    2. 会社を辞めるタイミング②ボーナスの支給後
  6. 会社を辞める前に転職先を見つけましょう
    1. 会社を辞める前に転職活動を始める理由
  7. まとめ:毎日辞めたいと思うなら転職の準備を
    1. 転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる
  8. 転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談すべき
スポンサーリンク

この会社辞めようかな、と思った瞬間BEST15

退職の画像会社を辞める決断をするのって勇気が要ります。

筆者
筆者

筆者も会社を辞める決断がなかなかできず、退職という決断を先延ばしにしていました。

 

しかし、幸か不幸か「この会社辞めよう」と決定打を打たれることがあったのです。

下記は「会社辞めようかな」と思った瞬間をまとめたものです。

 

”この会社辞めようかな”と思った瞬間|BEST15

入院中に、会社から電話が来た

暴力を自慢してる同僚を見た

インフルエンザでも「出社しろ」と言われた

サービス残業を強要された

「使えない奴」「アホ」などの暴言を言われた

15時間労働が2週間続いた

まともな人が次々と辞めて行った

残業月200時間越えが1年間続いた時

災害でも「歩いて出社しろ」と言われた時

父の葬式中に何度も「仕事に来て」と言われた

結婚式当日に会社から仕事の電話が来た

目の前でパワハラされている同僚を見た

筆者
筆者

…恐ろしい内容ですが、これらは実際に起こった出来事です。

 

【会社、辞めよう…】退職理由の本音

周囲の画像

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

6位:社長がワンマンだった(7%)

7位:社風が合わなかった(6%)

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

7位:キャリアアップしたかった(6%)

10位:昇進・評価が不満だった(4%)

出典:リクナビNEXT

 

【それブラック企業!】ブラック企業の判断基準


下記はブラック企業の求人の例です。

あなたの会社に心当たりはありませんか?

企業規模の割に大量採用する会社
→働き続けられず大量離職する理由がある
採用のハードルが低い会社
→使い捨て前提でひとまず採用する
”頑張った分だけ報われる”会社
→ノルマがきつい
”アットホームor少数精鋭の職場です”
→長時間労働やサービス残業の常態化
給料が不自然に高い会社
→残業込みの賃金を記載している可能性
「夢、絆、努力、根性」などの精神主義が社訓
→洗脳される可能性あり
筆者
筆者

ブラック企業度の診断は、以前の記事で紹介しています。

 

【会社を辞めるべき?】チェックしてみよう

①会社を辞めたい理由を一旦整理してみよう

文章の画像会社を辞めたいと思う理由を一旦落ち着いて整理し、紙やメモアプリに書き出してみましょう。

筆者
筆者

怒りの感情のまま会社を辞める決断をすると、転職準備もできていないことが多いので、退職後に後悔してしまう可能性が高いからです。

 

自分の考えや感情を文字にして「辞める理由」を書くことで、自分を客観的に見ることができ、冷静な判断ができるようになります。

 

②会社を辞めずに解決できないか考えてみる

ひらめきの画像会社を辞めることばかり考えず、辞めずに解決できる方法はないか考えてみましょう。

 

会社を辞めないで解決できるケース

①人間関係や労働環境の問題
→部署異動で解決する可能性がある
②給与や繁忙期の問題
→時間がたてば解決する可能性もある

 

このように、時間の経過や部署異動などで解決しそうな問題ならば、会社を辞める決断を考え直してみるのもアリです。

 

ただし、セクハラやパワハラ等が原因の場合は、1日でも早く退職の決断をしましょう。あなたの貴重な人生の時間をそんな会社に捧げる必要はありません。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント >

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス >

 

会社を辞めるタイミングも大事

退職を決断した場合「会社を辞めるタイミング」も大事です。

 

会社を辞めるタイミング①精神的な限界がきた時

ブラック企業の画像

  1. 仕事が辛い、会社に行くのが怖い
  2. 会社に行こうとすると吐き気やめまいが起こる
このような症状が出たら、早急に退職する決断をした方がいいです。

 

少し職場に迷惑をかけてしまうかもしれませんが、「辞めたい」「辛い」「消えたい」という思いを抱えたまま仕事を続けても、心と体にダメージを負い続けるので危険です。

筆者
筆者

無理し続けても、仕事で大きな失敗を引き起こす可能性もあります。

その場合、働くこと自体が怖くなる前に、辞める決断をしましょう。

 

会社を辞めるタイミング②ボーナスの支給後

時間の画像ボーナスを確実に満額もらいたいのであれば、退職の意志はボーナス支給後に伝えるのが最善です。

 

なぜなら、ボーナス前に退職の申し出をすると支給額を減らされる可能性が高いから。

ぷよた
ぷよた

筆者もボーナスの支給後に退職を申し出ました。

 

会社を辞める前に転職先を見つけましょう

会社を辞める前に転職の準備をしておくことで、退職後の不安(心の余裕、金銭面)が大幅に軽減されます。

 

会社を辞める前に転職活動を始める理由

転職準備をしておくことで

 

筆者
筆者

「いつでも辞めてやるぜ、こっちは」

 

という気持ちになるため、人間関係での悩みも少しだけ軽くなります。

 

第2に、転職活動にかかる期間は一般的に3ヶ月程度と言われています。

本当に希望の企業から内定をもらうには半年~1年かかる場合もあります。

 

その期間、会社を辞めて無職でいることは経済的にも難しく、焦る気持ちや不安も募ります。

不安なく転職活動を進めるには、辞める決断をする前から転職準備を始めておきましょう。

 

まとめ:毎日辞めたいと思うなら転職の準備を

転職の画像仕事へ行くのが億劫で辛く、毎日辞めたいと思うなら、1日も早く転職の準備を始めましょう。

 

なぜなら、そのままの状態で働いていても、あなたが幸せになれる可能性は低いから。

筆者
筆者

辞められない理由が色々と頭によぎると思いますが、結局最後に後悔するのは自分なので。

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験の職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

 

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

 

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

 

転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談すべき

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーも大量に使います。

ぷよた
ぷよた

日々仕事で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイです。

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

なぜなら転職エージェントは「プロ」だからです。

 

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりはしません。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント >

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス >

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ
ぷよた
ぷよた

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

 

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

 

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみては?

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント