「会社を辞めようかな」と思った瞬間BEST15

退職の画像 退職&転職
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、在宅ワークでゆるく生きています。

突然ですが、あなたは「会社を辞めようかな」と思った瞬間はありますか?

 

社会人なら、会社を辞めると決断をする時

今このタイミングで退職して、後悔しないかな?

こんな理由で辞めるのは”甘え”なのかも

今まで頑張ってきたのに、すべて無駄になってしまうかもしれない

と、辞めるのをためらってしまう場合があります。

 

今回の記事では

  • 「この会社辞めよう」と思った瞬間BEST15
  • 辞めるのが正しい判断かチェックする方法
  • 会社を辞めるベストなタイミング
  • 辞める決断ができない時に試してほしい行動

を紹介します。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、ブラック企業を退職した筆者が会社を辞める決断をした理由や、決断した後に気を付けるべきことを紹介していきます。

ぷよた
ぷよた

会社を辞めるべきか残るべきかは、仕事を一生懸命にやっている人ほど悩みますよね。

今回の記事で、あなたの悩みを少しでも解決できれば幸いです。


スポンサーリンク

「この会社辞めよう」と思った瞬間BEST15

退職の画像会社を辞める決断をするのって勇気が要りますよね。

筆者もブラック企業を辞める決断がなかなかできず、結論を先延ばしにしていました。

しかし、幸か不幸か「この会社辞めよう」と決定打を打たれることがありました。

 

下記は、筆者と筆者の知人たちに聞いた「会社辞めようと思った瞬間」をまとめたものです。

「この会社辞めよう」と思った瞬間BEST15
  1. 手術を控えた入院中に電話が来た時
  2. 作業員に暴力を振るって、それを自慢してる社員を見た時
  3. インフルエンザ罹っても出社しろと言われた時
  4. 「私なら残業報告はしないけど」と言われた時
  5. 「バカ」「アホ」など数々の暴言を言われた時
  6. 朝7時に出勤して、帰るのが夜中2時という日が続いた時
  7. 女上司に「本当にあんたは使い物にならないバカね!」と物を投げつけられた時
  8. 休みや有給中でも「平気で電話する」と宣言された時
  9. まともな人がどんどん辞めて行った時
  10. 仕事が増えすぎて体を壊した時
  11. 残業が月200時間越えて、それが1年続いた時
  12. 大地震が起こり、電車も止まっているのに「歩いて会社来い」と言われたとき
  13. 祖母の葬式中に何度も電話かかってきて、「仕事に来れるか」と何度も聞かれた時
  14. 自分の結婚式当日に電話が来た時
  15. 遅刻してきた社員のことを「殴れ」と社長に言われた時

恐ろしい内容ですが、これらは実際に起こった出来事です。

 

みんなの退職理由の本音BEST10

激務の画像

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

出典:リクナビNEXT

 

それ、ブラック企業ですよ!ブラック企業の判断基準とは


下記はブラック企業かどうかを判断するための一例です。

企業規模の割に大量採用する
→働き続けられず大量離職する理由がある
採用のハードルが低い
→使い捨て前提で採用する
頑張った分だけ報われる
→ノルマがきつい
アットホームor少数精鋭の職場です!
→長時間労働やサービス残業の常態化
給料が不自然に高い
→残業込みの賃金を記載している可能性
夢、絆、努力、根性などの精神主義
→洗脳される可能性あり

 

会社を辞める事が正解なのかを判断する方法

会社を辞めたい理由を一旦整理する

ひらめきの画像一旦落ち着いて会社を辞めたいと思う理由を整理し、紙やメモアプリに書き出してみましょう。

怒りの感情のまま会社を辞める決断をすると、転職準備もできていないことが多いので、退職後に後悔してしまう可能性があるからです。

自分の考えや感情を文字にして「辞める理由」を書いてみることで、自分を客観的に見ることができ、冷静な判断ができるようになりますよ。

 

会社を辞めずに解決できないか考えてみる

ひらめきの画像会社を辞めることばかり考えず、何とか辞めずに解決できる方法はないか考えてみましょう。

例:辞めないで解決できるケース
  • 人間関係や労働環境の問題→部署異動で解決する可能性
  • 給与や繁忙期の問題→時間がたてば解決する可能性

 

このように、時間の経過や部署異動などで解決しそうな問題ならば、会社を辞める決断を考え直してみるのもアリです。

しかし例外として、セクハラやパワハラ等のハラスメントが原因の場合は、心身に悪影響がでるため早めに辞める決断をしましょう。あなたの貴重な人生の時間を捧げる必要はありません。

 

会社を辞めるタイミングとは

会社を辞めるタイミング①精神的な限界がきた時

ブラック企業の画像

「仕事が辛い、会社に行くのが怖い」
「会社に行こうとすると吐き気やめまいが起こる」
このように感じてしまったら、早急に辞める決断をした方がいいでしょう。

たとえ、すぐ辞めることができなくても、少し仕事を休んで自分を休ませることが至急必要な状態です。

少し職場に迷惑をかけてしまうかもしれませんが、「辞めたい」「辛い」「消えたい」という思いを抱えたまま仕事を続けても、心と体にダメージを負い続け、仕事でも大きな失敗を引き起こす可能性もあります。

働くこと自体が怖くなる前に、早めに辞める決断をしましょう。

 

会社を辞めるタイミング②ボーナスの支給後

時間の画像ボーナスを確実に満額もらいたいのであれば、退職の意志はボーナス支給後に伝えるのが最善です。

なぜなら、ボーナス前に退職の申し出をすると支給額を減らされる可能性が高いからです。

ぷよた
ぷよた

筆者も、ボーナスの支給後に退職を申し出ました!

 

会社を辞める前に転職の準備を始めよう

会社を辞める前に転職の準備をしておくことで、退職後の不安(心の余裕、金銭面)がかなり軽減されます。

 

会社を辞める前に転職活動を始める理由

転職の画像まず第1に、転職準備をしておくことで「いつでも辞めてやるぜ、こっちは」という気持ちになるため、人間関係での悩みも少し軽くなります。

第2に、転職活動にかかる期間は一般的に3ヶ月程度と言われています。(本当に希望の企業から内定をもらうには半年~1年かかる場合も)

不安なく転職活動を進めるには、辞める決断をする前から転職準備を始めておきましょう。

ぷよた
ぷよた

その期間、会社を辞めて無職でいることは経済的にも難しく、焦る気持ちや不安も募ります。

また、仕事をしていない期間が長くなればなるほど、転職の条件も悪くなってくのも事実です。

 

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

 

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由

面接の画像

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由は、下記の3点です。

  • インターネットだけでは得られない情報を「転職のプロ」から教えてもらえるから
  • 非公開案件を紹介してもらえる
  • 前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

 

次の転職先選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを使っておいたほうがいいでしょう。

しかも、仕事を辞めるべきか辞めないべきか、相談に乗ってもらうこともできます。

ぷよた
ぷよた

話を聞いてもらってから、どうすべきか考えることもできますよ。

 

①ネットでは得られない情報を「転職のプロ」が教えてくれる

あなたも

インターネットで情報を収集したけど、どんな会社かいまいち分からない…

という経験はありませんか?

求人情報は応募者を集めることが目的なので、基本的にポジティブなことしか書いていません。

転職エージェントと転職活動を行うことで、インターネットでは得られない転職先の情報をエージェントに質問できますよ。

 

②非公開案件を紹介してもらえる

当然ながら優良企業の求人は、公開すると応募者が殺到します。

企業側も本当に能力がある人からの応募に絞りたいので、非公開求人という形で募集をかけることがよくあります。

非公開求人の情報を持っているのは転職エージェントだけです。

転職するなら優良企業で、かつ条件が良い企業に入社したい人にはうってつけです。

 

③前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

転職エージェントに登録すると、初回にキャリアカウンセリングがあるので、あなたの希望を細かく伝える事ができます。

現在の悩みや転職後のキャリアプランを伝えることで、自分でも「満足できる転職」を明確に意識する事ができます。

転職エージェントも担当者の親身さや紹介される案件から、転職エージェントがどの程度真摯に向き合ってくれているのかを確認した上で、転職を決断するかどうか考えることもできます。

 

まとめ:転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談する

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーもたくさん使います。

ぷよた
ぷよた

日々ブラック企業で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

  • 転職先が、またブラック企業だったらどうしよう
  • 転職を失敗したくない
  • 転職活動を無駄にしたくない

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは「プロ」です。

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりしません。

転職エージェントは、プロのアドバイザーがカウンセリング結果をもとに求人を提案し、選考対策や面接の日程調整といったサポートをしてくれます。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

【ユーザー満足度92%】転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。

最大級の転職サイトで、案件が豊富。まずはここに無料登録してみてはいかがでしょうか。

【ユーザー満足度89%】転職のリクルートエージェント

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

【ユーザー満足度83%】DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめです。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみてはいかがでしょうか。

 

というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ、はてブ!していただけると喜びます!ではまた。

ぷよログは、保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」を応援します。

保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」

 

コメント