【霞ヶ関の若手官僚、超絶ブラック説】日本が倒れる日は近いかも。

若手官僚の画像 ブラック企業
スポンサーリンク

 

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは霞ヶ関の若手官僚が相次いで退職していることを知っていますか?

 

霞ヶ関に入省した人=エリート、ホワイト勤務で高待遇、将来を約束されている人たちばかり…と思っていました。

 

結論:若手官僚が倒れると、日本も倒れます。

なぜなら、優秀な若手が国家の中枢から消えるからです。

 

今回は、若手官僚の働き方の実態と「働き方改革」の矛盾について記事にします。

 

この記事の信頼性

この記事は、厚生労働省に勤めていた若手官僚、Oさんの経験談を基に書いています。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

スポンサーリンク

そもそも働き方改革は誰のため?

激務の画像

70年ぶりの労働基準法の大改革

2019年4月に安倍総理が「働き方改革」のスタートを宣言しました。

 

働き方改革の3本の柱

  1. 長時間労働の是正
  2. 正規、非正規の格差解消
  3. 多様な働き方の実現

 

しかし、「働き方改革」の手本となるべき国家中枢の職員である霞ヶ関の若手官僚たちの「超長時間労働」という大きな矛盾が問題視されています。

 

たとえば、2020年8月コロナ禍における政府・省庁の働き方に関する実態の報告書では

幹部の中にWeb会議に反対の人がいて、わざわざ登庁しなければならない。

厚生労働省 20代男性職員

といった若手官僚の報告から、リモートワークやテレワークに理解のない「幹部」への怒りが浮き彫りになりました。

 

霞ヶ関には”古い仕事観”が横行し過酷勤務が続くため、退職者が後をたたないそうです。

 

霞ヶ関の若手官僚が辞める理由とは

嫌いな人の画像

厚生労働省を退職したOさん(20代後半男性)

の話によると、霞ヶ関の若手官僚の仕事は

  1. 民間企業とは比較にならないほど超ブラック労働
  2. 終電でも帰れず毎月過労死レベルの残業
  3. 夕食を妻と一緒に食べれたのが1回か2回
  4. 月に2〜3回終電で帰れる。それ以外はタクシーか職場に泊まる
  5. 平日は”寝返り”以外に、家族が動いているところを見たことがない
  6. ひどい時は月200時間超える残業が4ヶ月続く

このような過酷な状況ということです。

 

「自分の家族も幸せにできていないのに、他の困っている国民を幸せにするのは難しい」

こうしてOさんは、厚生労働省を去る決意をしたそうです。

 

元厚生労働省若手官僚Oさんの仕事内容

若手官僚の1日の画像

霞ヶ関の若手官僚の仕事って、普段何をしているかあまり知られていないですよね。

 

各省によっても仕事内容は変わりますが、厚生労働省で働いていた元若手官僚Oさんの仕事内容は、次の通り。

 

質問通告の画像

  1. 官僚は国会議員から質問をもらう(質問通告)
  2. 質問を基に国会答弁書を作る
  3. 大臣に報告し、答弁レクチャー

 

霞ヶ関若手官僚のブラックな1日

AM7:00登庁。官房長官記者会見の質問通告が発生
AM9:30(定時)国会中継チェック。労働政策審議会の資料準備など通常業務
PM0:00眠くなるためランチは我慢
PM3:00〜議員から翌日の質問通告。国会答弁書の作成
PM6:15(定時)定時を過ぎても、一部の議員から質問が届かず待機
PM7:00質問判明。「議員事務所に来て」と言われ急行
PM9:00〜省内に戻り、大臣の答弁書作成。上司に提出
AM2:00上司の承認を得て、必要部数の印刷開始
AM3:00タクシーにて退庁
筆者
筆者

これが毎日…「働き方改革」とは?

ひどすぎる労働環境です。

 

霞ヶ関の若手官僚たちの本音

ひらめきの画像内閣人事局が行ったアンケートでは、霞ヶ関で働いている30代未満の若手男性官僚の7人に1人が「数年内に辞職する意向」という調査結果が出ました。

 

労働基準法を適用すれば、到底許されない働き方が常態化している。

厚労省 20代女性職員

精神を病んでいく同僚を見て、明日は我が身と思い退職した。

厚生労働省 20代男性退職者

それでもこの仕事を選び、働いているのは、国民が幸せに生きていける社会形成の一助になりたいという思いがあるから。

厚生労働省 20代男性職員

 

霞ヶ関の若手官僚の約4割が”過労死レベル”

ブラック企業の画像
株式会社ワーク・ライフバランスが2020年3月~5月に、国家公務員480名に対するアンケート調査を行い、驚くべき調査結果が公表されました。

約4割にあたる176人が、過労死レベルとされる残業時間、月100時間を超過している

参考:株式会社ワーク・ライフバランス調査結果

筆者
筆者

中には残業時間が300時間を超えていると答えた人が5人(うち厚労省4人!)という驚愕の結果でした。

 

ブラック企業リストを作成し、過労死防止対策の指揮を執っている厚労省がその状態なのです。

これでは、民間企業に労働環境の是正を指導することなんて、到底できるはずありません。

 

国会答弁書って必要?大臣が答えれば済む話では?

大臣の画像

そもそも、若手官僚の貴重な労働力を「国会答弁書」という書類に注がなくて良いのではないか?

 

筆者も、そう思いました。

しかし国会答弁書は「どうしても必要」なのです。

 

なぜなら

  1. 大臣が専門分野に精通していないから
  2. 野党の”揚げ足取り”に対応するため

です。

 

この2点を深掘りしていきます。

 

① 大臣が専門分野に精通していない

分からないおじさんの画像実際は、国会答弁書がなくても大臣が専門分野について精通していれば、答弁できるのです。

あくまでも答弁書は「補足資料」ですから…。

 

しかし、専門分野に精通していないお偉いさんは、官僚が作成した答弁書を「読み上げるだけ」になります。

筆者
筆者

質問に答えられない大臣の為に、若手官僚が答弁書を徹夜で作成しているのですね。

 

② 野党の”揚げ足取り”に対応するため

議論の画像
机をバンバン叩きながら、喚き散らしている議員の姿。

国会中継のニュースで、あなたも見た事があるのではないでしょうか?

 

昔からですが、国会は「揚げ足取り」合戦と化しています。

これが、若手官僚が振り回され「超長時間労働」になってしまう原因と言われています。

 

大声を出しながら揚げ足取りしている議員は、ほとんどが「パフォーマンス」と言えます

 

国会中継で目立った方が、メディアに取り上げられて知名度も上がり、後援会も喜びますから…。

筆者
筆者

確かに。真っ当な答弁や質問をしている議員は、冷静に理路整然とした発言をしていますもんね。

 

若手官僚の霞ヶ関離れ=超ブラック労働が原因

退職の画像

元若手官僚のOさんが言うには

  1. 民間企業とは比較にならないほど超ブラック労働
  2. 終電でも帰れず毎月過労死レベルの残業
  3. ひどい時は月200時間超える残業が4ヶ月続く

こんなのは氷山の一角だそうです。

 

内閣人事局が行ったアンケートも、激務の人はアンケートにすら答えられないほど激務なので、意見が反映されていないとのこと。

 

国民を幸せにしたい!

日本をもっと良くしたい!

と凄まじい努力をして入省したものの、仕事に追われる日々の中で「大きな矛盾」を感じ、霞ヶ関を去る若手官僚が後を絶たないのです。

 

若手官僚が辞め続けると日本が倒れる!

このまま国家の中枢を担う若手官僚が辞め続けると、私たちの生活にどのような影響が出るのでしょうか?

 

国家の中枢を担う若手官僚が辞め続けると、国の予算や法律案の作成がスムーズに行われず、国家が大混乱に陥ります。

 

「働き方改革」を叫ぶ前に、身内(政府)の労働環境を改革しないと、日本が大変なことになります。

筆者
筆者

若手官僚の「霞ヶ関離れ」は、決して対岸の火事ではないのですね。

まとめ:霞ヶ関の若手官僚が倒れると日本も倒れる

逃げる画像この問題は、メディアにはあまり取り上げられない問題ですが、筆者は重大な問題だと感じ今回の記事にしました。

 

この霞ヶ関の若手官僚のブラック労働を解決しない限り、民間企業のブラック労働は無くなるわけ無いし、いずれ日本は大混乱に陥るでしょう。

 

私たち、国民全員に悪影響が及ぶのです。

 

「リモートワーク推進!」

「働き方改革推進!」

と指導する中枢機関がこのような状態だと「真の働き方改革」などあり得ません。

 

権力のある立場の人がこの危機に早く気付いて、良い方向に変えてくれることを願います。

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント