それ、やりがい搾取されてるかも?【やりがい搾取診断テスト】

やりがい搾取の画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは「やりがい搾取」をされていませんか?

 

自分の仕事が誰かの役に立っていると思うと嬉しいですし、仕事にやりがいを持つのはとても大切です。

しかし、会社の中には社員の「やりがい」を利用する会社があるのです。

 

結論:やりがい搾取で体を壊してしまう前に逃げましょう。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  • やりがい搾取とは
  • やりがい搾取されながら働いているKさんの経験談
  • やりがい搾取診断テスト

が分かります。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

やりがい搾取とは?

やりがい搾取の画像

やりがい搾取とは

経営者が金銭による報酬の代わりに、労働者に「やりがい」を強く意識させることにより、その労働力を不当に安く利用する行為のことです。

仕事自体は激務でも正当な報酬をもらえていたり、昇級や昇進など、労働が報われていれば「やりがい搾取」とは言えません。

 

仕事に「やりがい」を感じ、超ハードワークでも真面目に仕事をする人は少なくありません。

 

しかし、実際はそのような会社ばかりではなく、経営者が報酬の代わりに「やりがい」を強く意識させることによって、労働力を不当に安く利用することはよくある話です。

 

やりがい搾取で身も心もボロボロ…なのに辞められない

ブラック企業の画像

筆者自身、ブラック企業で働いていた当時は、不思議なことに

  • 「この会社のやり方、おかしい」
  • 「会社辞めよう」

と思わなかったんです。

なぜなら、自分の仕事に「やりがい」を感じていたから。

筆者
筆者

皆に認められるために、もっと頑張らなきゃ!

多少無理をしてでもやらなきゃ!

このように社畜として働きつづけた結果、身も心もボロボロになりました。

 

このように、「やりがい」のため、安い賃金で長時間働かされた社員が心身の健康を壊してしまうと言う事態が各地で起こっています。

 

やりがい搾取されているKさんの体験談

ブラック企業の画像

自分では気づかないまま「やりがい搾取」されている人も少なくありません。

 

都内企業(広告業界)に勤める30代女性のKさん。

彼女も、今現在「やりがい搾取」されている1人です。

 

なんと、月80時間(過労死ライン)の残業が2年間も続いています。

 

体調不良で病院で受けた際、病院からは「躁鬱の症状」と診断されましたが、それでも会社を辞めず、薬を服用しながら仕事を続けています。

 

ちなみに、これがKさんの1週間のスケジュール。

Kさんのスケジュールの画像

 

なんと、平均睡眠時間は5時間

もちろん恋愛や友達と遊んだり、旅行を楽しんだりする時間などありません。

 

筆者
筆者

しかも、正直に残業時間を申告をすると、上司に怒られるため在宅勤務の残業は申告していないそうです。

現在はコロナの影響でリモートワークになってはいるものの、在宅で業務を行っています。

 

申告していない残業時間は月100時間を超えています

 

Kさんの上司は

なんでそんなに仕事あるの?

残業多すぎると俺が人事に怒られるから、やめてよね。

と言うだけで自分はサッと帰り、Kさん含め他の部下のマネジメントどころかフォローもしてくれないそうです。

 

やりがい搾取の診断テスト【あなたは大丈夫?】

チェックリストの画像

「もしかしたら自分もやりがい搾取されているかも?」と不安になった方は、次のリストの中から当てはまるものに、チェックを入れてみてください。

 

  1. □ 自分がやりたい仕事だから、給料は安くても仕方ないと思う
  2. □ 終電ギリギリまで残業をしたり、会社に泊まり込みで働くことがある
  3. □ 自分の成長になるなら、サービス残業や長時間労働も仕方がないと思う
  4. □ 深夜までの残業は、当たり前の社風だ
  5. □ 残業はすべて”みなし残業”である
  6. □ 社長の精神論に、賛同させられる
  7. □ 休日に上司に呼び出されるのは、自分がいたらないからだと思う
  8. □ 有給休暇が取れない
  9. □ 休日出勤をしても、代休はない
  10. □ 上司が部下の意見に、まったく耳を傾けてくれない
  11. □ 長年勤めているが、給料が一向に上がらない

 

チェックの数が0個…やりがい搾取されている可能性は低め
チェックの数が1個〜3個…要注意!「やりがい搾取予備軍」
チェックの数が3個以上…完全に「やりがい搾取」されています

 

やりがい搾取されている場合、今の会社で一生働き続けることは困難です。

今から転職準備を始めることをお勧めします。

 

最優先すべきは”自分の健康を守る”こと

自分自身の画像

Kさんのように寝る間も惜しんで働き続けていると、いつか心身ともに疲れ切ってしまいます。

 

実際、Kさんは現在

  • 些細なことでイライラする
  • 細かなミスが多くなる
  • 仕事が回らなくなってきている

などの症状で、日常生活にも支障をきたしています。

筆者
筆者

医者に「安静してください」と言われても仕事を休めないので、働き続けるしかないというのです。

 

睡眠がとれない事が一番ヤバい

思いにふける人の画像

Kさんのように睡眠不足が続くと、精神的&肉体的に大きなダメージを受けます。

睡眠不足が続くと、思考力が低下し正常な判断ができなくなってくるのです。

 

そうなると

  • 仕事を減らしてもらうよう上司に相談する
  • 労基に駆け込む
  • 退職する
  • 転職する

 

などの選択肢が見えなくなり、さらに事態が深刻化してしまいます。

 

限界が来るまで働き続け一度倒れて、救急車で運ばれて初めて「このままじゃヤバイ」と気づく人が多いのです。

 

やりがい搾取の原因

会社の画像

Kさんの場合、「やりがい搾取」の原因は「部下をしっかりマネジメント&フォローできていない人が上司である」ことです。

 

そもそも、デキる上司は、こう言うハズです。

顔色悪いけど大丈夫?いいから今日は早く帰って寝なさい、と。

 

中間管理職の仕事は、役員のご機嫌取りではなく、部下のマネジメントです。

部下のマネジメントもできない中間管理職なら、正直不要です。

 

やりがい搾取の解決法

道を選ぶ人の画像

やりがい搾取の解決法は、以下のステップです。

 

  1. 労働時間の実態を記録する
  2. 上司に現状の改善を提案する
  3. 状況が変わらないなら労働組合に掛け合う
  4. 残業がない会社へ転職する

 

身も心もボロボロになり病んでしまうと、完全復活するまでに相当な時間がかかります。

 

思考停止したまま自分の心身を酷使し、倒れるまで働くなんてやめましょう。

これ以上、あなたの大切な心と体を搾取されないで欲しいのです。

 

まとめ:やりがい搾取で体を壊してしまう前に

転職の画像

やりがい搾取でボロボロにされてしまう前に、ブラック企業からは逃げるべきです。

 

  • 転職するかどうか迷っている
  • 今後のキャリアについて誰かの意見を聞きたい

そんな方はまず、ポジウィルキャリアの無料相談で、カウンセラーと一緒に”悩みの言語化”から始めてみましょう。

 

\ どう生きたいか?でキャリアを決める /

転職支援・キャリアコンサルティングの無料カウンセリング
ポジウィルキャリア

 

以前の記事ブラック企業を円満退職した”簡単4ステップ”でも、退職までのロードマップを詳しく紹介しています。

 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント