それ、仕事行きたくない病かも。心のSOSを見逃さないで

仕事行きたくない人の画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは「仕事行きたくない病」になっていませんか?

会社に行きたくない…

なんのために働いてるんだろう…

と思い悩む事があると思います。

結論から言うと、社会人のほとんどが「会社に行きたくない」という経験を何度もしています。

ぷよた
ぷよた

仕事は、もちろん自分の好きなことばかりできる訳ではないし、しんどい事も理不尽なこともたくさんありますよね。

 

仕事やりがいがあって楽しい!毎日仕事行きたい!って人はかなり少ないのではないでしょうか。

この記事を読む価値

この記事を読むことで、仕事行きたくない病の原因と対処法が分かります。

ぷよた
ぷよた

「仕事に行きたくない」と思う原因は、人によって様々です。

対処法次第で解決する問題もあれば、転職も視野に入れたほうがいい場合もあります。それでは、どうぞ♪



目次

スポンサーリンク

仕事行きたくない病は心のSOSかも

ブラック企業の画像

去年の4月に部署変わってから、新部署のお局さまにイビられ続けて最近は精神崩壊気味。毎朝、「仕事行きたくない!」って叫びながら起きる。行きたくなさすぎて号泣。働くのが嫌いじゃないんだけど、お局さまにイビられるのが辛い。

(東京都20代女性)

出勤の準備を毎日ため息まじりにしてる。職場につくなり「帰りたい」 →一生懸命仕事してやっと帰宅→明日も仕事か、と憂鬱な気分で寝るの繰り返し。 生活があるから仕方なしに働き続けてる。

(埼玉県30代男性)

仕事は好きなんだけど、会社に行かないといけないということが嫌。まず通勤ラッシュの満員電車でもう疲れる。仕事はどうせメールでのやりとりで済むし、テレワークでいいのに。 

(東京都20代男性)

毎日、朝起きて「行きたくない、行きたくない」って言いながら準備して行く。
若い頃はこの仕事好きだな、と思うこともあったけど、今は仕事が嫌いになってきた。どうしようもないけど、働かなきゃ生きていけない。

(千葉県30代女性)

誰よりも真面目に一所懸命にやってきたのに「仕事だけしてればいいってもんじゃない、態度が悪い」とみんなの前できっぱり言われた。それで一気に心が折れて早速転職活動始めた。

 

仕事行きたくない病の特徴と対処法

ワクチンの画像

仕事に行きたくない病は

  1. 日曜の夜&月曜の朝になりやすい
  2. 原因の数だけ対処法がある
  3. 憂鬱な気持ちが長く続くときは、部署異動や転職を視野に入れるべき

です。

1つずつ深掘りしていきます。

 

仕事に行きたくない病の特徴①
日曜の夜や月曜の朝になりやすい

ブラック企業の画像月曜日の朝や連休明けなど、特に気持ちが落ち込むことがありませんか?

「ブルーマンデー」という言葉も存在しますし、日曜日の夜に感じる憂鬱な感じを「サザエさん症候群」と呼んだりします。

このように、仕事に行きたくない病は

  • 休みの終わりが近づくにつれて気分が落ち込む
  • 人によっては頭痛がしたり倦怠感を感じたりする

という場合が多いようです。

 

しかし

  • 休みの終わりが近づくにつれて気分が落ち込む
  • 人によっては頭痛がしたり倦怠感を感じたりする

と言う症状が強く出たり、長期に渡って続くのはとっても辛いですよね。

なぜ仕事に行きたくないのか

なぜこんなにも憂鬱な気分になってしまうのか

これらの原因を分析して対処法を考えていきましょう。

 

仕事行きたくない病の特徴②
原因の数だけ対処法がある

会議の画像

仕事に行きたくない病の種類別に原因と対処法を挙げてみました。

仕事行きたくない病の原因
仕事のストレスやプレッシャーの場合

  • 仕事上、責任の重大さや短納期の仕事を抱えている
  • 仕事量が多い

等が原因で、仕事に対するストレスやプレッシャーを抱えていると、仕事に行きたくないと感じてしまいがちです。

 

残業や休日出勤が続いて、疲労が蓄積している
長時間労働が当たり前のような状態が続いている
仕事で思わぬトラブルに遭遇している
部署異動などにより周囲の環境が大きく変化してしまった

などが原因でストレスを感じてしまうこともあります。

仕事のストレスやプレッシャーが原因で、仕事に行きたくない!という思いから自殺をしてしまう人もいるほどなので、注意が必要です。

例えば月100時間を超える残業や休日出勤などの時間外労働を強いるような会社はブラック企業とみなしてよいでしょう。

ぷよた
ぷよた

このような状態が長く続けば、仕事に行きたくない気分になって当然です。

 

対処法

①意識的にリフレッシュする

マッサージの画像

仕事のストレスやプレッシャーが強くて「仕事行きたくない病」になっている人は、意識的にリフレッシュを取り入れていきましょう。

簡単にリフレッシュしろと言っても、繁忙期や激務が続く仕事では難しいかもしれません。

ですが、毎日できるだけ睡眠時間を確保し、休日は運動などでリフレッシュしてみましょう。

他にも、マッサージやストレッチ、温泉など、自分に合った疲労回復を図りましょう。

 

②自分の仕事の状態を上司に伝える

長時間&過酷な労働で、心身に疲労が溜まってしまっているのに、限界まで我慢してしまうのは大変危険です。

まずは、仕事の状態や今の健康状態を上司に伝えていくことが大切です。

  • 「仕事量が多すぎる」
  • 「残業や休日出勤が多すぎる」
  • 「心身ともに限界だ」

と上司に言葉で伝えるのは大変有効です。

最近のうつ病などの労災認定件数の増加の状況からも、会社側は「安全配慮義務」に敏感にならざるを得なくなってきています。

「十分に眠れない」「頭痛が続いている」など、自覚症状を上司に伝えておけば、仕事の負担に配慮してもらえる可能性は大いにあります。

 

仕事行きたくない病の原因
休み明けでどうも気分が乗らない場合

ブラック企業の画像

先述にあるとおり、月曜日の朝や連休明けなど気持ちが落ち込むことが多いですよね。

「ブルーマンデー」という言葉も存在しますし、日曜日の夜に感じる憂鬱な感じを「サザエさん症候群」と呼んだりします。

・休みの終わりが近づくにつれて気分が落ち込む

・人によっては頭痛がしたり倦怠感を感じたりする

場合もあります。

 

対処法

①自分が楽しめる予定を入れる

休み明けというタイミングでやる気が出ないときは、まずはその日1日を乗り切る工夫をしてみましょう。

例えば

仕事が終わった後に買い物を楽しむ!

仕事が終わった後に美味しいものを食べる!

など、週末や退勤後の楽しみを予定しておきましょう。これだけで、ほんのちょっと日中のモチベーションが湧いてきます。

土日休みの人は、毎週月曜の夜に自分が楽しめる予定を入れてみませんか。

 

②とにかく朝日を浴びる

寝ているとき、人の自律神経は副交感神経が優位な状態にあります。体を目覚めさせるためには、交感神経が優位な状態へと切り替えが必要です。

朝、起きてからカーテンを一気に開けて、窓際で朝日を浴びましょう。

また、あえて冷たい水で顔を洗うとシャキッと目が覚めます。

ぷよた
ぷよた

顔や手などの局所に冷水で刺激を与えると、さっぱりして気分も引き締まりますね。

 

仕事行きたくない病の原因
職場の人間関係によるストレスの場合

ブラック企業の画像仕事の人間関係は、私たち社会人にとって切っても切り離すことができない重要なものです。

会社はすべての仕事を1人で行っているわけではありません。ほぼ毎日長い時間一緒に仕事をするわけですから、相性が悪い相手がいると非常に大きな苦痛を感じるようになってしまいます。

 

例えば相手が上司など上役の場合、立場を利用したパワハラやセクハラに発展してしまったり、同僚間で派閥やグループに巻き込まれたりと、大きな悩みになることが多いです。

そうなると「仕事に行きたくない」「会社に行くのが辛い」「辞めたい」と思うようになるのは当然の結果です。 

  • 気分が落ち込む
  • 仕事がスムーズに進まなくなる
  • 不要なことに精神力を削られる
  • 人によっては昇進しづらくなる

など、自身のキャリアに影響をもたらすことになります。

実は、このような人間関係のトラブルは退職理由として最も多い原因の1つです。

 

対処法

①部署異動を人事に相談する

どうしても人間関係がうまくいかない場合は、社内の人事部などに相談してみましょう。 

「会社を辞めたい」「転職したい」など、悩んでいることを相談すると

「辞める前に、部署を異動したらどう?」

とアドバイスを受けることがあります。

 

部署異動なら大きなリスクを負うこともなく、職場環境を変えることができますよね。 特に

  • あからさまに無視されていて業務が進められない
  • ほかの社員の前で延々と怒鳴りつけられる
  • 理不尽に怒られる

などのパワハラに近いケースは、一刻も早く相談し部署やプロジェクトを変えるなどの対応を行うことをおすすめします。

 

②一思いに転職し人間関係をリセットする

相談をしても一向に改善が見られない場合

「少人数の会社なので、配置換えはおろか誰にも相談することができない」

「関係が完全にこじれてしまって、社内にいる限り解決できない」

という場合は、転職でリセットすることを検討しましょう。

「仕事したくない」と毎日思いながら仕事を続けていくことは、自分の体や心に無理を与え、苦しませてしまう原因になります。

 

今の会社で頑張り続けていても解決策がない、辛いだけなのであれば、思い切って転職をするという選択もアリです。

あなたに合った仕事は他にも沢山あります。

転職をすることで人間関係がリセットされ、良い再スタートを切ることができるかもしれません。

 

仕事行きたくない病=うつ病発症の可能性もある

ブラック企業の画像

もともと抱えている悩みや職場環境が悪化することで

仕事に行きたくない

もう消えてしまいたい

という状態になってしまうことがあります。

このような状態になってしまうと、憂鬱な気分やイライラといった精神面の不調や、睡眠障害、呼吸困難といった身体的な症状にも悩まされるようになる可能性があります。

ストレスがたまり、心と体が疲れ切ってしまっているのに、自分を鼓舞して頑張り続けることはやめましょう。

自分の心のSOSを放置していると、自分でも気づかぬうちに、うつ病を発症してしまう可能性があります。

 

うつ病になりやすいタイプとして

  • まじめで責任感が強い
  • 人当たりが良い
  • 周囲の評価が高い人

が挙げられます。

 

対処法:無理をせず心療内科などの受診を受ける

面接の画像

「仕事行きたくない病」の人は、自分の許容量を超えて頑張りすぎたり、ストレスをため込んでしまうため、心のバランスを崩してしまう人が多いのです。

頑張りすぎて、うつ病を発症してしまう前に素早く対処していきましょう。

下記がうつ病の初期症状です。思い当たる点はありませんか?

  • 集中力が低下し、仕事の能率が落ちてしまう
  • 些細な決断ができなくなる
  • 他の人のいうことがすぐに理解できなくなる
  • 眠れない
  • 頭痛がする
  • 食欲が出ない

 

このような状態が続いている場合、一度、心療内科などの受診を受けることをおすすめします。

 

仕事行きたくない病が長く続くときは、転職を視野に!

転職の画像

今回の記事では、仕事行きたくない病の原因と対処法について紹介しました。

対処法を試しても、仕事行きたくない病が長く続くようなら、自分のためにも転職を視野に環境を変えましょう。

 

仕事へ行くのが億劫で辛く、毎日辞めたいと思うなら、1日も早く仕事を辞めましょう。

なぜなら、そのままの状態で働いていても、幸せになれる可能性は低いからです。

辞められない理由が色々と頭によぎると思いますが、結局最後に後悔するのは本人です。

 

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

 

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由

面接の画像

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由は、下記の3点です。

  • インターネットだけでは得られない情報を「転職のプロ」から教えてもらえるから
  • 非公開案件を紹介してもらえる
  • 前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

 

次の転職先選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを使っておいたほうがいいでしょう。

しかも、仕事を辞めるべきか辞めないべきか、相談に乗ってもらうこともできます。

ぷよた
ぷよた

話を聞いてもらってから、どうすべきか考えることもできますよ。

 

①ネットでは得られない情報を「転職のプロ」が教えてくれる

あなたも

インターネットで情報を収集したけど、どんな会社かいまいち分からない…

という経験はありませんか?

求人情報は応募者を集めることが目的なので、基本的にポジティブなことしか書いていません。

転職エージェントと転職活動を行うことで、インターネットでは得られない転職先の情報をエージェントに質問できますよ。

 

②非公開案件を紹介してもらえる

当然ながら優良企業の求人は、公開すると応募者が殺到します。

企業側も本当に能力がある人からの応募に絞りたいので、非公開求人という形で募集をかけることがよくあります。

非公開求人の情報を持っているのは転職エージェントだけです。

転職するなら優良企業で、かつ条件が良い企業に入社したい人にはうってつけです。

 

③前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

転職エージェントに登録すると、初回にキャリアカウンセリングがあるので、あなたの希望を細かく伝える事ができます。

現在の悩みや転職後のキャリアプランを伝えることで、自分でも「満足できる転職」を明確に意識する事ができます。

転職エージェントも担当者の親身さや紹介される案件から、転職エージェントがどの程度真摯に向き合ってくれているのかを確認した上で、転職を決断するかどうか考えることもできます。

 

まとめ:転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談する

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーもたくさん使います。

ぷよた
ぷよた

日々ブラック企業で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

  • 転職先が、またブラック企業だったらどうしよう
  • 転職を失敗したくない
  • 転職活動を無駄にしたくない

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは「プロ」です。

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりしません。

転職エージェントは、プロのアドバイザーがカウンセリング結果をもとに求人を提案し、選考対策や面接の日程調整といったサポートをしてくれます。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

【ユーザー満足度92%】転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。

最大級の転職サイトで、案件が豊富。まずはここに無料登録してみてはいかがでしょうか。

【ユーザー満足度89%】転職のリクルートエージェント

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

【ユーザー満足度83%】DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめです。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみてはいかがでしょうか。

 

というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ、はてブ!していただけると喜びます!ではまた。

 

ぷよログは、保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」を応援します。

保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」

 

コメント