それ、仕事行きたくない病かも?心のSOSを見逃さないで。

仕事行きたくない人の画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは「仕事行きたくない病」になっていませんか?

会社に行きたくない

なんのために働いてるんだろう

と思い悩む事があるかもしれません。

 

結論から言うと、社会人のほとんどが「会社に行きたくない」という経験を何度もしています。

ぷよた
ぷよた

仕事は、もちろん自分の好きなことばかりできる訳ではないし、しんどい事も理不尽なこともたくさんありますよね。

行ってしまえば、仕事やりがいがあって楽しい!毎日仕事行きたい!って人はかなり少ないのではないでしょうか。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、仕事行きたくない病の原因と対処法が分かります。

 

スポンサーリンク

仕事行きたくない病とは

「仕事行きたくない病」とは

仕事に行きたくない…と強く思うこと。

仕事行きたくない病の特徴としては

  • 休みが終わりに近づくにつれて気分が落ち込む
  • 頭痛や倦怠感を感じる

などが挙げられます。

 

仕事行きたくない病は心のSOSかも

ブラック企業の画像

下記は「仕事行きたくない病」の方の経験談です。

部署変わってから、新部署のお局さまにイビられ続けて精神崩壊気味。毎朝「仕事行きたくない!」って叫びながら起きて号泣。働くのが嫌いじゃないんだけど、イビられるのが辛い。

(東京都20代女性)

出勤の準備を毎日ため息まじりにしてる。職場につくなり「帰りたい」 →一生懸命仕事してやっと帰宅→明日も仕事か、と憂鬱な気分で寝るの繰り返し。

(埼玉県30代男性)

仕事は好きなんだけど、まず通勤ラッシュの満員電車で疲れる。

(東京都20代男性)

毎日、朝起きて「行きたくない、行きたくない」って言いながら準備して行く。働かなきゃ生きていけないから仕方なく働いている。

(千葉県30代女性)

会社に行こうとすると

  • 動悸がしたり
  • お腹が痛くなったり
  • 頭痛が起きる

のは、心がSOSのサインを出しているからなのかもしれません。

 

 

仕事行きたくない病の特徴

ブラック企業の画像

仕事行きたくない病の特徴は

  1. 日曜の夜〜月曜の朝に憂鬱な気分になる
  2. 休みの終わりが近づくにつれて気分が落ち込む
  3. 頭痛がしたり倦怠感を感じる
  4. 仕事に行きたくない、辞めたいと強く感じる

などが挙げられます。

 

日曜の夜〜月曜の朝に憂鬱な気分になる

ブラック企業の画像
あなたは、日曜日の夜から月曜日の朝にかけて、気持ちがどんより落ち込むことがありませんか?

 

この気分の落ち込みのことを「ブルーマンデー症候群」と呼んだりもします。

週末を楽しく過ごしても、日曜日の夜からだんだん憂鬱な気分になって、月曜日の朝は会社に向かう足取りが重くなる。

ぷよた
ぷよた

日本では、日曜日の夜に感じる憂鬱な気持ちを「サザエさん症候群」と呼んだりもしますよね。

 

仕事行きたくない病の原因

仕事行きたくない病の原因①
仕事のストレスやプレッシャー

周囲の画像

  • 責任がある立場
  • 短い納期の仕事を抱えている
  • 仕事量が多い

このように仕事に対するストレスやプレッシャーを抱えていると、仕事行きたくない病になりがちです。

 

例えば

  1. 残業や休日出勤が続いて、疲労が蓄積している
  2. 長時間労働が当たり前のような状態が続いている
  3. 仕事で思わぬトラブルに遭遇している
  4. 部署異動などにより周囲の環境が大きく変化してしまった

など。

ぷよた
ぷよた

このような状態が長く続けば、仕事行きたくない病になって当然です

 

仕事行きたくない病の原因②
休み明けでどうも気分が乗らない

 

ブラック企業の画像

前述にあるとおり、日曜日の夕方から月曜日の朝にかけて

あ〜…仕事行きたくない…

と気持ちが落ち込むことも少なくありません。

「仕事行きたくない病」が重症化すると

・休みが終わりに近づくにつれ落ち込む

・頭痛がしたり倦怠感を感じたりする

場合もあります。

 

仕事行きたくない病の原因③
職場の人間関係によるストレス

ブラック企業の画像人間関係は、社会人にとって切っても切り離すことができない重要なものです。

 

会社はすべての仕事を1人で行っているわけではありません。

ほぼ毎日、しかも長い時間、他人と一緒に仕事をするわけですから、相性が悪い相手がいると非常に大きなストレスを感じます。

 

高ストレスの状態が続くと、「仕事に行きたくない」「会社に行くのが辛い」「辞めたい」と思うようになるのは当然の結果とも言えます。

 

仕事行きたくない病の対処法

仕事行きたくない病の対処法①
リフレッシュする

マッサージの画像意識的にリフレッシュを取り入れていきましょう。例えば

  1. できるだけ睡眠時間を確保する
  2. マッサージに行く
  3. 散歩やジョギング
  4. 趣味を楽しむ

心も体もリフレッシュし、疲労回復しましょう。

 

仕事行きたくない病の対処法②
仕事の状態を上司に伝える

見積書の画像長時間&過酷な労働で心身に疲労が溜まってしまっているのに、限界まで我慢してしまうのは大変危険です。

 

まずは、仕事の状態や今の健康状態を上司に伝えておくことが大切です。

例えば

  • 「仕事量が多すぎる」
  • 「残業や休日出勤が多すぎる」
  • 「心身ともに限界」

と上司に言葉で伝えるのは大変有効です。

 

最近のうつ病などの労災認定件数の増加の状況からも、会社側は「安全配慮義務」に敏感にならざるを得ません。

ぷよた
ぷよた

「十分に眠れない」「頭痛が続いている」など、自覚症状を上司に伝えておけば、仕事の負担に配慮してもらえる可能性は大いにあります。

 

仕事行きたくない病の対処法③
楽しめる予定を入れる

リラックスの画像休み明けというタイミングでやる気が出ないときは、まずはその日1日を乗り切る工夫をしてみましょう。

仕事が終わった後に買い物に行こう

仕事が終わった後に美味しいものを食べよう

など、週末や退勤後の楽しみを予定しておきましょう。

これだけで、ほんのちょっと日中のモチベーションが湧いてきます。

 

仕事行きたくない病の対処法④
朝日を浴びる

朝日の画像朝、起きてからカーテンを一気に開けて、窓際で朝日を浴びましょう。

 

朝日を浴びることで、明るくポジティブな思考で免疫細胞を元気にする効果があります。

幸せホルモンとして知られる脳内物質の「セロトニン」の分泌量が増加し、免疫力を増強するビタミンDも生成されます。

 

仕事行きたくない病の対処法⑤
部署異動を人事に相談する

退職の画像どうしても人間関係がうまくいかない場合は、社内の人事部などに相談してみましょう。

 

「会社を辞めたい」「転職したい」など、悩んでいることを相談すると

「辞める前に、部署を異動したらどう?」

とアドバイスを受けることもあります。

部署異動なら、大きなリスクを負うこともなく、職場環境を変えることができます。

 

仕事行きたくない病の対処法⑥
転職し人間関係をリセットする

会社の画像

残念ながら、上司や人事部に相談しても、相談をしても一向に改善が見られない場合…例えば

「少人数の会社なので、配置換えはおろか誰にも相談することができない」

「関係が完全にこじれてしまって、社内にいる限り解決できない」

という場合は、転職でリセットすることを検討しましょう。

 

「仕事したくない…」と毎日思いながら仕事を続けていくことは、自分の体や心に無理を与え、苦しませてしまう原因になります。

 

今の会社で頑張り続けていても解決策がない、辛いだけなのであれば、思い切って転職をするという選択もアリです。

 

あなたに合った仕事は、他にも沢山あります。

転職をすることで人間関係がリセットされ、良い再スタートを切ることができるかもしれません。

 

仕事行きたくない病が続くときは、転職を視野に

転職の画像

対処法を試しても、「仕事行きたくない病」が続くようなら、自分のためにも転職を視野に環境を入れましょう。

 

仕事へ行くのが億劫で辛く、毎日辞めたいと思うなら、1日も早く仕事を辞めたほうがいいです。

なぜなら、そのままの状態で働いていても、幸せになれる可能性は低いから。

 

辞められない理由が色々と頭によぎると思いますが、結局最後に後悔するのは本人です。

 

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

 

まとめ:転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談する

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーもたくさん使います。

ぷよた
ぷよた

日々企業で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

  • 転職先が、ブラック企業だったらどうしよう
  • 転職を失敗したくない
  • 転職活動を無駄にしたくない

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは「プロ」です。

 

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりしません。

ぷよた
ぷよた

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録できます /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録できます /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ
ぷよた
ぷよた

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

 

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみては?

 




…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント