転職で外資系ってどうなの?=結論アリです

握手するビジネスマンの画像 退職&転職
スポンサーリンク

こんにちは、ぷよたです。

突然ですが、あなたは外資系企業について、どのようなイメージを持っていますか?

  • Up or Out(昇進するか、さもなくば退職するか)の風潮が強い
  • 成果を出さないとすぐ辞めさせられる

という怖いイメージがあるのではないでしょうか。

ビジネスマンの画像

特に外資系コンサルティングファームではこの風潮が強いといわれています。

しかし、企業にもよりますが、最近は

  • チームで働く働き方
  • 人を育てる文化

の定着により、Up or Outの風潮は弱くなったと感じています。

一方で、外資系企業には日系企業にはないメリットもたくさんあります。

ですので、いっそのことそのメリットを取り、外資系企業に挑戦してみるのもアリです。

この記事の信頼性この記事は、実際に日系企業から外資系企業へ転職された方々の「生」の声をもとに書いています。

今回は、外資系企業に転職するメリットについて深掘りしていきます。

それでは、どうぞ♪

スポンサーリンク

①スキルを伸ばせる

スキルアップの画像

外資系企業のメリットの中で、「スキルを伸ばせる」。私はこれが一番だと思っています。

その理由を、日本企業と対比して説明します。

日本企業の場合

日本企業は、残念ながら「上司に気に入られること」が、成果への近道です。

ゴマをする人の画像

あなたがとても良い提案をしても、上司から気に入られていなければ

「あいつは個人的に嫌いだから、提案を受け入れることができない」

と、残念ながら感情論のみで却下されてしまう事があります。

さらに、上司はムダな仕事を増やしたくないと考えているので、どんなに良い提案でも、前例がないやり方が求められる提案は煙たがられます。

つまり、「好き嫌い」「現状維持」がの判断基準になっています。

そこに、あなたのスキルを活かせる余地はほとんどないでしょう。

外資系企業の場合

一方、外資系企業の場合は、自分の提案を拒絶するのではなく、むしろ背中を押してもらえることが多いです。

その代わり、提案の成否の責任はあなたにあります。これがいわゆる成果主義です。

握手するビジネスマンの画像

しかし、自分の得意なフィールドで戦えるというメリットがありますし、合意を取るための無駄な会議根回しが必要ないため、とても効率よく働けます。

ただ、当然ながら、自分のスキルを日々高める努力は必要です。

人は、「仕事が自分のコントロール下にないとき」に一番ストレスを感じるそうです。

そういう意味でも、外資系企業は非常にストレスも少なく働くことができます。

また、スキルに応じ仕事が割り振られるので、いきなり理不尽に仕事を振られることもないので、そこもメリットだと考えています。

②働き方が柔軟

日本企業のなかでも、フレックスタイム制を導入するなど、柔軟な働き方に注力しているところも増えています。しかし、まだ普及しているとは言えないでしょう。

コロナ禍の緊急事態宣言が解除された瞬間に、再び出社しだした人がとても多いことが、その証拠です。

満員電車の画像

そのうえ、定時がガチガチに決まっているため、「ダラダラと残業代で稼ごうと考える人が増える」という悪循環に陥っています。

今の残業を減らそうとする取り組みがうまく進まないのも納得できますね。

一方、外資系企業の場合は、残業という概念がないところが多いです(いわゆる、みなし残業)。

出社を義務付けていないところも多くあります。

柔軟な考えをもっているので、今回のコロナ禍でますます柔軟な働き方が推進されていくと考えられます。

私の知人も、今までは「打合せ等の予定が入ったときのみ出社する」感じでしたが、最近はweb会議が通例になり、ますます自由になっています。

ちなみに、歓迎会などのイベントに対しても日系企業と外資系企業は違いが出ます。

日系企業では、歓迎会や送迎会などのイベントを「重要」とする考え方も根強く、新人が幹事を担当し、何日も前から準備をさせられるという謎な習慣もまだあります。正直、とても効率が悪いです。

酒癖が悪い人の画像

一方、外資系企業は、イベントやろう!と言い出した人が自ら進んで準備をやり、出席も自由です。

イベントも仕事も同じで、全ては企画した人が最後まで責任をとる考えが根付いているからですね。

③英語力がつく

話をする人たちの画像

これからグローバル化がさらに進むので、言うまでもなく英語力が大事になってきます。

しかし、日系企業は英語の必要性について、甘く見ている企業が多いです。

例えば一流大手企業でも、昇進の条件としてTOEIC600-700点とさほど高くない基準を置いているところが多いです。

しかし実際は、TOEIC600点なくても「英語向上のため何らかの取り組みをしている」を逃げ道として昇進している人が多くいます^^;

これは、長く働いてきたおじさんに対する忖度そんたく以外の何物でもありませんね。

日本がお得意の「忖度そんたく」です笑

ゴマをする人の画像

一方、外資系企業は言うまでもなく、資料がほとんど英語なので、そのような環境で必然的に英語力が身に付きます。

知人の場合は、教育担当が外国人でOJT等も全部ネイティブ英語だったらしいです。

最初はキツい環境でも、嫌でも英語力を付けたい人には絶好の環境でしょう笑

そして、そもそも英語力がないと仕事ができないので

昇進のためTOEIC ○○点以上必要!

という条件も特にないようです。

④次へ転職しやすい

未来へ向かう人の画像

①で説明した通り、外資系企業は自分のスキルが伸ばせる環境がそろっているため、そのスキルを活かして次に転職することも可能です。

海外では、外資系から外資系に転職し、スキルアップし続けることが「普通」になっています。

人間関係と年功序列を重んじる日本企業では難しいでしょう・・・。

さいごに

あなたもご存じの通り、日本では終身雇用制度がすでに崩壊しています。

そのため、いずれは自分のスキルで戦わなくてはいけなくなります。

そういう意味では、今から外資系企業に転職し、スキルを磨いていくことも1つの方法かと思います。

働き方も柔軟なので、ストレスを軽減することもできますし、余った時間を自己学習に充てることも可能です。

今後スキルを活かして独立という選択肢も持てるので、世の中の変化に対応する力もつけられます。

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もし良ければお気に入り登録していただけると喜びます(〃^^)ではまた。

 

コメント