【防災知識は命綱】災害用便利ツールを紹介します

防災知識の画像 ライフスタイル
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは日頃から災害に対して備えをしていますか?

 

  1. 非常用備蓄品の準備
  2. 防災知識や、最寄りの避難所の確認
  3. 災害危険地域の把握・回避

 

災害が発生した時に考えれば、なんとかなるでしょ。

いつかは備えたいと思っているけど、今はまだ大丈夫じゃないかな。

何度も言います。

災害が発生してから慌てるのは、完全に「遅い」です。

 

結論:自分と大切な家族を守るために、今すぐに防災知識を身に付けましょう。

 

私たちが災害に備えるために、今からできることは3つあります。

①備蓄品など物資の備え
②防災知識を身に付ける
③災害危険地域の回避

 

今回は

②防災知識を身に付ける

について深掘りしていきます。

 

※①備蓄品など物資の備えについては先日の記事にまとめています↓

 

ぷよた
ぷよた

それでは、どうぞ!

 

スポンサーリンク

【防災知識は命綱です】防災知識を身に付けよう

SNSの画像

まずは、災害時の行動におけるポイントを紹介します。

 

  1. 災害時の避難場所や、家族との集合場所・連絡手段を話し合う
  2. いざという時の救命措置方法を習得する
  3. 避難時に使える連絡手段(災害掲示板など)を確認する
  4. 災害時の「心構え」をする
  5. 災害時の豆知識〜番外編〜

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

災害時の行動①避難場所や家族との集合場所・連絡手段を話し合う

仲の良い人の画像

あなたは

最寄りの避難所がどこにあるか
避難所までのルート

すぐ答えられますか?

 

最寄りの避難場所は、「市区町村 避難場所」で検索すると、詳細な情報が出てきます。

避難所マップ

参考サイト:Yahoo避難場所マップ

 

災害時は、言うまでもないですが誰でも気が動転してしまいます

日頃から、一番近い避難所を知り、避難場所までのルートをシュミレーションしておきましょう。

 

また、東京都民の方は、「東京都防災アプリ」という便利なアプリがあります。

このアプリは、災害時に役立つコンテンツが搭載されています。

東京防災
東京くらし防災
災害時モード

の3つのモードで構成されていて、防災対策を楽しく学びながらいざというときにも役に立つ防災アプリです。

※以下のストアよりダウンロードが可能です。

QRコード

Android 版「東京都防災アプリ」ダウンロードサイトへ (外部リンク)

iOS版「東京都防災アプリ」ダウンロードサイトへ (外部リンク)

 

アプリの一部を紹介します。

危険度マップの画像

このように、近くの避難所マップや、地域危険度マップで、自分の住んでいる地域の情報が入手できます。※無料です

 

ぷよた
ぷよた

こんな感じで、自分のスマホにダウンロードしておくと、日頃の防災意識も向上しますね!

 

災害時の行動②いざという時の救命措置方法を習得する

救急車の画像

災害時は次のようなリスクが想定されます。

情報通信手段が途絶えてしまい救急隊をすぐに呼ぶことができない!
同時多発的に多くの負傷者が発生。
道路が遮断されたりすることで救急隊の到着が遅くなる!
医療機関がオーバーフローしすべての傷病者への処置が困難に!

その為、救急車が来る前の救命措置が最重要です。

 

もし、あなたの目の前に倒れた人を発見したらまずは周りの安全を確保しましょう。

そして大声で助けを呼び、周りと協力して救助をしましょう。

AEDの画像

対処ステップは、次の通りです。

①倒れている人の近くを車などが通過する可能性のある場合、周囲の安全確保を行う
②軽く肩をたたきながら「大丈夫ですか?」と声をかけ、倒れている人の意識を確認
③反応がない場合、「人が倒れました! 誰か来てください!」など大声を出す(周囲に協力を求める)
④心肺蘇生法の知識がある場合は、速やかに実施する

災害時に自分が怪我したり怪我している人を見ると、気が動転してしまいます。

しかし、あくまでも冷静に対処することが大切です。

 

ぷよた
ぷよた

冷静に対処するためには、事前のイメージトレーニングが必要ですね。

 

災害時の行動③避難時に使える連絡手段(災害掲示板など)を確認する

携帯電話の画像

東日本大震災の際に、災害伝言ダイヤル「171」を使おうとして、使えなかった人が多かったようです。

 

そこで、主な災害用伝言サービスを下記にまとめました。

災害用伝言サービスの画像

 

ぷよた
ぷよた

いざと言う時に、災害用伝言サービスに登録しておくと、自分も相手も安心です。

 

災害時の行動④事前に災害時の「心構え」をする

自分自身の画像

事前に、災害時の心構えをしておく。

当たり前のようですが、案外意識しないとできないものです。

ぷよた
ぷよた

災害が起きたときは、まず自分が冷静になることが大切です。

落ち着いて、まず深呼吸。

そしてパニックを起こさず、買い占め等をしないことですね!

 

東日本大震災の時の東京では、スーパーやコンビニでの「買い占め」が大問題になりました。

このようなパニックの時も、日常的に災害に備え災害用備蓄をしておけば、焦って「買い占め」する必要はありません。

備蓄の画像

先日の記事で、災害用備蓄について解説しています↓

 

大切な家族と自分を守るために、いますぐ災害用備蓄をしましょう。

ぷよた
ぷよた

備蓄は、気持ち的にも余裕ができるので、個人的におすすめです。

災害時の豆知識〜番外編〜

暮らしの画像あなたは、Twitterで「警視庁警備部災害対策課」の公式アカウントがあるのをご存知でしょうか。

ぷよた
ぷよた

このアカウント要チェックです。

いざという時に、生き残るヒントが詰め込まれています。

警視庁警備部災害対策課 公式Twitterアカウント

ぷよた
ぷよた

非常時の明かりは心の安心にもつながるので、とても大切です。

懐中電灯の代わりに、スマホのライトでも応用できますね!

 

ぷよた
ぷよた

カップ麺=熱湯が必要と勘違いしてましたが、時間をかければ水でも大丈夫なんですね!

 

まとめ:自分と大切な家族のために、今すぐ防災知識を身に付けましょう

道路崩壊の画像

災害は、前触れもなく、ある日突然やってきます。

私たちにできることは、いつか来る災害に備えることしかできません。

 

防災の知識は、いつでもPCやスマホで手に入れることができます。

災害が発生した時に慌てないためにも、災害の備えを今からしませんか?

 

というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ、はてブ!していただけると喜びます!ではまた。

 

ぷよログは、保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」を応援します。

保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」



コメント