【逃げて】やばい上司が言いがちな危険ワード【超逃げて】

上司の画像 仕事
スポンサーリンク

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、在宅ワークでゆる~く生きています。

 

突然ですが、あなたの会社に”やばい上司”はいますか?

 

たとえブラック企業ではなくても、部下をダメにする”やばい上司”は、ホワイト企業にも出没しています。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  • やばい上司が言いがちな「危険ワード」
  • やばい上司がいる場合の対処法

が分かります。

 

結論:やばい上司がいる会社からは、逃げる準備をしましょう。

なぜならやばい上司を選んだ会社も、やばい可能性が大だからです。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

やばい上司が言いがちな「危険ワード」

筆者の知人が某大企業に務めていた時、実際にやばい上司に言われた危険ワードを紹介します。

 

やばい上司が言いがちな危険ワード①「お前のためを思って言っている」

おじさんの画像

本当は俺もこんなこと言いたくないけど、お前のためを思って言ってるんだぞ

あなたは見込みがあると思っているから、言っているのよ

 

このように恩着せがましい言い回しをする上司と、あなたも遭遇したことあるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、その上司は

  1. あなたの為ではなく、自分(上司)の為に言っているだけ
  2. 上司が部下に怒りをぶつける為、それっぽく言っているだけ
  3. 部下をいびる罪悪感を、正当化するために言っているだけ

です。

 

やばい上司が言いがちな危険ワード②「転職してもうまく行かないぞ」

怒る人の画像退職の意思を上司に伝える際に

転職したところで、どうせうまく行かないぞ

と言う上司も少なくありません。

 

このように、部下の人格を全否定するタイプは激情型と呼ばれ、自分自身の感情をコントロールできない上司なのです。

 

筆者
筆者

パワハラ上司の典型とも言われる激情型の特徴は下記の通り。

  1. 部下の人格や判断を否定する
  2. 達成できないようなノルマを与える
  3. 暴言・暴力を振るう

正直、上司になるべき器ではない人です。

 

このような上司に当たってしまったら、残念ながら「上司ガチャ」にハズレたと思って諦めるしか無い時もあります。

 

ちなみに知人はその後すぐ転職し、今は超優良企業で働いています。

一方、そのやばい上司は、部下に対してパワハラをし、左遷されたそうです。

 

やばい上司が言いがちな危険ワード③「ここで逃げたら負け続けの人生だぞ」

選択肢の画像そもそも転職経験がない上司から言われても、全く説得力がないのですが、知人は

「この会社から逃げたら負けだ」

「会社を辞めるなんて逃げだ」

と言われたそうです。

 

当然ながら、大きな間違いです。

「会社を辞めたら人生詰む」なんてことはあり得ません。

 

もし、あなたの近くに「ここで逃げたら、負け続ける人生だぞ」という言動をする上司がいたら、素早く距離を置くことをお勧めします。

 

やばい上司を選んだ会社も、やばい可能性大

人事の画像

残念ながら、部下は上司を選べません。

 

やばい上司を昇進させた会社自体がやばいとも言えます。

筆者
筆者

よって、上司の上司に相談したところで、現状が改善される可能性はかなり低いです。

 

肉体疲労が溜まり続けると心が壊れる

興味深いデータがあります。

元自衛隊メンタル教官が教える 「折れてしまう」原因は、ストレスではなく◯◯だった〈dot.〉
 2015年12月から50人以上が働く事業所に義務化された「ストレスチェック」。年1回、労働者のストレス状態を調べることで、労働者のメンタル不調を事前に防ぐのが目的である。それほど、働く人の心の不調が...

 

簡単にまとめると

どんなにストレス耐性が高くて精神の強い人でも、肉体疲労がたまり続けると肉体から精神に悪影響を及ぼして心が折れてしまう

という内容です。

筆者
筆者

筆者は心身ともにタフな方でしたが、ブラック企業での激務が続き、心身ともに消耗し病みました。

 

このブログを見てくれているあなたには、そうなって欲しくないです。

 

やばい上司への対処法

異動の画像上司も、その会社自体もやばいとなると、個人の努力では問題を解決することは難しいです。

 

その場合、潔く見切りをつけて転職準備をするしかない場合があります。

 

やばい上司から身を守れるのは自分しかいない

決断する人の画像

上司に相談しても無駄だった話の記事でも触れていますが、やばい上司から身を守れるのは、自分しかいません。

 

一日も早く転職活動をスタートして、やばい上司がいる会社からは逃げましょう。

 

…とは言っても、日々仕事で疲弊している場合、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

転職先が、ブラック企業だったらどうしよう

せっかく転職活動するなら無駄にしたくない

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

なぜなら転職エージェントは「プロ」だから。

 

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりはしません。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録できます /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録できます /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

 

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

 

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

筆者
筆者

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみては?

 

まとめ:やばい上司がいる会社からは逃げる準備を。

逃げる画像特に日本では

「我慢が美徳」

「石の上にも三年」

「根性で何がなんでもしがみ付く」

という謎のルールがありますが、ハッキリ言って我慢と根性だけでは自分の市場価値も給料も上がりません。

 

もし、あなたの上司がやばい人だったら•••

これから5年、10年も、その上司の下で耐える事ができますか?

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント