仕事ができる人とできない人の違いとは?

ビジネスマンの画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

今回は、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いについての記事です。

  • 仕事の能力値の違い?
  • 仕事の経験値の違い?

これらの違いもありますが、仕事ができる人にはもっとシンプルな理由があります。

 

結論:仕事ができる人=素直な人です。

  1. 同じことを何度も聞かないように、メモを取る
  2. 分からないことは、素直に分からないと言い、仕事ができる人から教えてもらう
  3. 仕事ができる人の行動パターンを観察し、良いところを真似する

この記事を読む価値

この記事を読むことで、仕事ができる人と仕事ができない人の圧倒的な違いが分かります。

 

ぷよた
ぷよた

あなたの仕事や、話の引き出しの種に役立てていただけると幸いです。

それでは、どうぞ♪

 

スポンサーリンク

仕事ができる人=自ら進んで仕事をする

仕事の画像

仕事ができる人は、自分から進んで仕事をする人です。

誰かに指示をされなくても、自分からすすんで仕事をします。 逆に、仕事のできない人のほとんどは、指示待ちをしている事が多いです。

仕事のできる人は自分で仕事を見つけ、言われなくても早い段階で取り掛かります。

そして自分勝手に仕事を進めるのではなく、能動的に働き、周囲にしっかりと報連相出来るのが仕事の出来る人です。

 

仕事ができる人の特徴

仕事の画像

仕事できる人=「会社に利益を与えられている人」とも言えます。

  1. タスク管理が上手い
  2. 論理的思考である
  3. 多くの経験をしている
  4. 決断力がある
  5. 礼儀正しく謙虚
  6. 効率良く、動くことが出来る
  7. 人の話をしっかりと聞く
  8. 気配り上手
  9. 社交的で、人脈が広い
  10. 自分の意見を発言・提案出来る

などの特徴があります。

 

あなたの周りの仕事ができる人教えてください!

とにかく全てがテキパキしてるし、誰とでも対等に接してる。

どんなに忙しくても、声をかけると絶対手を止めて、こっちを見て身体もちゃんと向けて話してくれる。

アレやらなきゃ!って思ってた事をいつの間にかしてくれている。

時間の使い方が上手い。そして、相手の時間を考えられる人。

デスクの上が整然と片付いていて、その人自身にも清潔感がある

電話を取り継いだ時、すぐ取ってくれる。 (余計なことを言わない)

感情に振り回されない人 。絶対忙しいハズなのに、忙しい、時間がないって言わない

やることはきちんとやるけど、適度に手を抜くことができる人。

 

ぷよた
ぷよた

仕事できる人あるあるですね。

セルフコントロールができて、気遣いもできる人が、「仕事ができる人」認定されます。

 

仕事できない人の特徴

執着する画像

仕事できない人=「会社に利益を与えられない人のこと」です。

  1. 無駄な動きが多い
  2. 人の話を聞かない・メモをとらない
  3. 優柔不断
  4. 自身の仕事内容を把握していない
  5. 周りへの配慮が足りない
  6. 身だしなみがキチンとしていない
  7. 自分の考えなどを人に伝えられない
  8. 御礼や挨拶をすることが出来ない
  9. 人とあまり関わりを持たない
  10. 決められた手順で作業が出来ない

 

あなたの周りの仕事ができない人教えてください!

スピードが遅いし、責任感がない人。

スケジュール管理ができないなど、基本的なことができていない。

メモを取らない人。 メモを取っても、メモの量が膨大なわりに有益なことが書いてない笑

ミスが多く、何度も繰り返す人。気が利かない。

とにかく説明が下手。結論から話さない人

返事はちゃんとするが、話を最後まで聞いてない。 

絶対忙しくないはずなのに、何故か忙しそうで残業までしてる人。

知らないことを、知らないと言えない人(プライドが高い

デスクの上が散らかっている人。

仕事の優先順位をつけるのが下手で、仕事がいつもキャパオーバー。

時間が守れない人。遅刻ギリギリとか休憩から帰ってこないのが普通の人。

思い込みが激しく、「自分にはこのやり方が合っている!」と主張する人。

 

「仕事ができる人」になるための”7ステップ”

希望条件の画像筆者が、仕事ができる人を観察していた時、要領よく仕事をするために徹底している事があると気づきました。

具体的には、次の7つです。

①デスクの整理整頓がされている
②他の人の仕事はしない
③不要な情けをかけない
④やるべき仕事は 、朝の内にToDoリスト作成し、それを淡々とこなす
⑤終わったら、ダラダラせず、帰る 
⑥メモなどは、すべて付箋に書き出す
⑦休憩、息抜きをしっかりする 

 

「仕事できない人」→「仕事できる人」になった人がやった3つ

①同じことを何度も聞かないように、メモを取る
②分からないことは、素直に分からないと言い、仕事できる人から教えてもらう
③仕事ができる人の行動パターンを観察し、良いところを真似る

 

まとめ:仕事ができる人=素直な人

ゴールを目指す人の画像記事のポイントをまとめます。

仕事ができる人の特徴
  1. 同じことを何度も聞かないように、メモを取る
  2. 分からないことは、素直に分からないと言い、仕事できる人から教えてもらう
  3. 仕事ができる人の行動パターンを観察し、良いところを真似る

 

「仕事ができる人」になるためには、「仕事ができる人」とはどんな人か自分でイメージしたり観察したり、理想像を把握することが第一歩ですね!

一番簡単なのは、周りにいる「仕事ができる人」の真似をすることです。

ぷよた
ぷよた

大切なことは、「どうすればもっとよくできるか」を考えることです。

失敗と改善を繰り返し、今日よりも明日、少しでも仕事ができる人間になりたいものです。

 

というわけで、今回はこのへんにします。
最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。
もしよろしければ、はてブ!していただけると喜びます!ではまた。

ぷよログは、保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」を応援します。

保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」


コメント