仕事ができる人の特徴とできない人の違い。

仕事ができる人の画像 仕事
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

今回は、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いについての記事です。

仕事できる、できないって単に仕事の能力値の違い?経験値の違い??

 

これらの違いもありますが、筆者が今まで会った仕事ができる人にはもっとシンプルな理由がありました。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、仕事ができる人と仕事ができない人の違いが分かります。

結論:仕事ができる人は「素直な人」です。

ぷよた
ぷよた

今後あなたの仕事に役立てていただけると幸いです。それでは、どうぞ。

 

スポンサーリンク

仕事ができる人の特徴

仕事の画像

仕事できる人=「会社に利益を与えられている人」とも言い換えられます。

 

仕事ができる人の特徴としては

  1. タスク管理が上手い
  2. 論理的に物事を考えられる
  3. いろいろな経験をしている
  4. 決断力がある
  5. 礼儀正しく謙虚
  6. 効率良く動くことが出来る
  7. 人の話をしっかり聞く
  8. 気配り上手
  9. 社交的
  10. 自分の意見を発言・提案出来る

 

仕事ができる人=自ら進んで仕事をする

仕事の画像

仕事ができる人は、自分から進んで・・・仕事をします。

筆者のまわりにいた仕事ができる人は、全員と言っていいほど、上司に指示をされなくても、自ら進んで仕事をしていました。

そして仕事ができる人ほど、自分で仕事を見つけ、早い段階で取り掛かります。

 

逆に仕事のできない人は、指示待ちをしている事が多い傾向があります。

 

あなたの周りの仕事ができる人は?

とにかく全てがテキパキしてるし、誰とでも対等に接してる。

どんなに忙しくても、声をかけると手を止めて、こっちを見て話してくれる。

やらなきゃ!って思ってた事をいつの間にかしてくれてる。

時間の使い方が上手い。

デスクの上が整然と片付いていて清潔感がある

電話を取り継いだ時、すぐ取ってくれる。

忙しいハズなのに、忙しい、時間がないって言わない

やることはきちんとやるけど、適度に手を抜く

 

仕事できない人の特徴

執着する画像

一方、仕事ができない人にも特徴があります。

仕事できない人=ざっくり言ってしまうと「会社に利益を与えられない人のこと」です。

たとえば

  1. 無駄な動きが多い
  2. 人の話を聞かない&メモをとらない
  3. 優柔不断で決断できない
  4. 自身の仕事内容を把握していない
  5. 周りへの配慮が足りない
  6. 身だしなみがなんとなく不潔
  7. 自分の考えを人に伝えられない
  8. 自分から挨拶をすることが出来ない
  9. 人とあまり関わりを持たない
  10. 決められた手順で仕事が出来ない

 

あなたの周りの仕事ができない人は?

スケジュール管理ができないし基本的なことができていない。

メモを取らない人。

ミスが多く何度も繰り返す。

とにかく説明が下手。結論から話さない

忙しくないはずなのに何故か忙しそうで残業してる。

知らないことを知らないと言えない(プライドが高い

デスクの上が散らかっている。

仕事の優先順位をつけるのが下手で、いつもキャパオーバー。

時間が守れない人。

 

仕事ができる人になるための7箇条

希望条件の画像それでは「仕事ができる人」になるためには、どうすればいいのでしょうか?

筆者のまわりの仕事ができる人の共通点を考えた結果、以下の7つが全員に共通していました。

 

  1. デスクの整理整頓がされている
  2. 他の人の仕事はしない
  3. 不要な情けをかけない
  4. 朝の内にToDoリスト作成しそれを淡々とこなす
  5. 終わったらダラダラせず帰る 
  6. メモなどはすべて付箋に書き出す
  7. 休憩・息抜きもしっかりする 

 

筆者が”仕事できるまで”やった事

筆者が「もっとスマートに仕事ができる方法はないものか」を考え、いろいろな方法を試した結果、効果があった方法が以下3点。

 

  1. 同じことを何度も聞かないようメモを取る
  2. 分からないことは、素直に分からないと言って教えを乞う
  3. 仕事ができる人の行動パターンと長所を真似する

 

まとめ:仕事ができる人=素直な人です

ゴールを目指す人の画像

「仕事ができる人」になるために、どうしたらいいのか。

一番簡単なのは、周りにいる「仕事ができる人」の真似をすることです。

 

さらに大切なことは、「どうすればもっとよくできるか」を考えること。

失敗と改善を繰り返し、今日よりも明日、明日よりも明後日、仕事ができる人間になりたいものです。

 




…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント