【スルースキルの身につけ方】生きるのが少し楽になるかも。

スルースキルの画像 ライフスタイル
スポンサーリンク
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、地方移住しました。

 

突然ですが、あなたは次のような経験はありませんか?

 

  • 上司や同僚、同性からマウンティングされている
  • 小バカにされ見下された
  • 嫌味や陰口、傷つく言葉を言われた

 

このように、相手の心ない言葉や態度に自分の感情が揺さぶられ、疲れてしまうことも多くあります。

 

今回の記事では、筆者が実践して効果のあった「誰でもできるスルースキルの身につけ方」を紹介していきます。

 

結論:スルースキルを身につければ、生きるのが少し楽になる。

なぜなら、スルースキルを身につけることで、他人のネガティブな言葉や態度に感情を振り回されることが少なくなるから。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  • スルースキルとは何か
  • 簡単!スルースキルの身につけ方

が分かります。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

スルースキルとは

周囲の画像

スルースキルとは

自分にとってストレスや不安となる「言葉」や「情報」を、自分の中に溜め込まず、上手に受け流す能力です。

 

あなたは、次のような経験はありませんか?

  1. 相手に気を遣い過ぎて疲れる
  2. 人との関係にストレスを感じる
  3. 何事も真正面に受け止めてしまう
  4. 人から「いじられる」のが苦手
  5. 他人に言われたことで傷つきやすい
  6. スルーできず反論してしまう
  7. 他人に言われた言葉を心に溜めこんでしまう

 

上記に当てはまる数が多ければ多いほど、スルースキルを身につけた方が、生きるのが楽になるかもしれません。

 

それでは、今からできるスルースキルの身につけ方について紹介していきます。

 

スルースキルの身につけ方

スルースキルの身につけ方① ネガティブな意見は意図的にスルーする

挑戦する人の画像あなたが真剣に考え、決断したことに対して

ポジティブな意見を言う人=あなたの決断や挑戦を応援してくれる人
ネガティブな意見を言う人=あなたの挑戦を非難する人(スルー対象)

である可能性が高いです。

 

ぷよた
ぷよた

スルー対象の人から、何かネガティブな事を言われても「あ、またなんかぶつぶつ言ってるわ」くらいに考え、スルーしましょう。

 

スルースキルの身につけ方② 物事を俯瞰して見る癖をつける

転職の画像

もし、あなたが他人のネガティブな言動や態度に振り回されそうになったら、下記のように考えてみましょう。

 

この人を反面教師にして、自分は相手に嫌な思いをさせないような人間になろう

人それぞれ価値観が違うのは仕方ない

時間とエネルギーを、この人のために使うなんてもったいない

何か嫌なことがあって八つ当たりしているだけかも?

 

物事を一歩引いて俯瞰して見ることで、冷静に落ち着いて状況を整理できるようになりますよ。

 

 

スルースキルの身につけ方③ ストレスの元凶から離れる

退職の画像

もし、あなたが他人に会った時に、直感で

この人、なんか嫌だな…

この人、なんとなく苦手だな

と思った相手は、ほぼ間違いなく今後あなたのストレスの「元凶」になります。

 

筆者
筆者

人の「直感」って結構当たっている事が多いです。

では、どうするか。

その人と距離を取るしかありません。

 

具体的な方法としては

  1. プライベートの誘いは全て断る
  2. 私的な会話はせず情報を与えない
  3. 二人きりの時間をつくらない
  4. ヤバいと思ったらすぐにその場を離れる

このように、苦手な相手とは「距離」を保ちましょう。

 

筆者
筆者

みんなと仲良くする必要はありませんし、逃げることは悪いことではありません。

 

スルースキルの身につけ方④ 心の”毒抜き”をする

マッサージの画像

とはいえ、苦手な人からのネガティブな言葉や態度は、いくら避けても埃のように心の中に積もってしまいます。

 

そんな時は、あなた自身が

  • 楽しくなれること
  • 気分転換できること

をして、心の「毒抜き」をしましょう。

 

簡単にできることを挙げると

  1. ゆっくりお風呂や温泉につかる
  2. マッサージのお店で体をほぐす
  3. 景色の綺麗なところにいく
  4. 部屋の大掃除をして「断捨離」をする
  5. 推しのDVDをひたすら見る

などが有効です。

 

スルースキルの身につけ方⑤ 相手に期待しない

仲間の画像

スルースキルを身につける上で大切なことは、「相手に期待しすぎない」ということです。

 

人は誰でも、相手が自分の期待していた反応や結果が得られない場合は、落胆してしまう生き物です。

 

そして、期待していた相手に裏切られたときは、必要以上に気持ちが沈みショックを受けてしまいます。

 

解決策としては、はじめから「相手に期待しない」こと。

 

筆者
筆者

元々の期待値が低ければ、裏切られた時にガッカリしなくて済みますし、自分の感情を揺さぶられずに済みます。

 

まとめ:スルースキルで生きるのが少し楽に

リラックスの画像

現代の私たちは情報の洪水に晒され、良いことも悪いことも含め、膨大な情報が入ってきます。

 

この情報社会で生きる我々にとって、自分に必要な情報を取捨選択し、必要のないものは受け流す”スルースキル”は欠かせない能力です。

 

スルースキルを身につけることで、良い意味で”鈍感”になれば、今よりもっと生きやすくなるはず。

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント

  1. SYU ICHI より:

    いつも有益な記事、毎回たのしみにしています。
    特に今回のスルースキルは大変為になります。
    自分は、性格上色々な人の意見や話をスルー出来ずにまともに受け止める傾向にあるみたいです。
    知らず知らずのうちに疲れているのかもしれないです。

    なので、今回の記事とても参考になりました。実践してみたいと思います。

    これからも記事を楽しみにしています。

    • ぷよた より:

      SYU ICHIさん、ありがとうございます!
      スルースキルは大切ですよね・・・。

      私もスルースキルができなくて、潰れそうになった経験から無理のないレベルから、始めてみました。
      ぜひ、SYU ICHIさんも始めてみてくださいね!
      これからも、どうぞよろしくお願いいたします^^