【ブラック企業診断】あなたの会社ブラックかも‥。

ブラック企業診断の画像 ブラック企業
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職後、地方移住してゆる〜く暮らしています。

 

突然ですが、あなたの会社はホワイト企業ですか?ブラック企業ですか?

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、あなたの会社のブラック企業診断をすることができます。

 

結論:ブラック会社からは即刻逃げる準備をしてください。

なぜなら、ブラック企業で働き続けても得るものは何もない

あなたの心と体がボロボロになるだけだからです。

 

長い間、同じ会社で働いていると

自分の会社を客観的に見ることができなくなる

まさか自分の会社がブラック企業だとは…

ブラック企業と気づかないまま、いつの間にか社畜化してしまった

ということになりかねません。

 

実際、筆者がそうでした。

 

この記事で紹介するブラック企業度診断テストをすることで、自分の会社のブラック企業度を知る指標になります。

ぷよた
ぷよた

…ちょっと怖いかもしれませんが、ぜひ試してくださいね

この記事を書いた人の画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

【ブラック企業度診断】あなたの会社、ブラック企業かも

チェックリストの画像それでは、さっそくブラック企業診断テストをはじめましょう。

10個の質問の点数を合計し、診断結果と照らし合わせてみてください。

 

ぷよた
ぷよた

さぁ、準備はいいですか?

 

質問点数
有給が自由に取れない20点
同族経営である20点
うつ病で辞職した人がいる30点
長時間労働が常態化※1月の残業時間(h)×1点
サービス残業が常態化※2月のサービス残業時間(h)×5点
ハラスメントが常態化50点
職場で罵声が飛び交う30点
労働監督署が来た事がある50点
精神的な嫌がらせを受けた※350点
直接暴力を受けた150点

※1 例:残業が月20時間の人は20点
※2 例:サービス残業が月20時間の人は100点
※3 例:椅子を蹴られる、机をバンバン叩かれる等

 

【ブラック企業度診断】診断結果

合計点所見
20点以下ブラック度は低いようですが、今後の動向には注意してください。
20〜30点ブラック度は中程度。転職の準備をしておいたほうが良いでしょう。
30〜40点ブラック度が高い会社です。すぐに転職準備を始めましょう。
50点以上間違いなくブラック企業。今すぐ逃げて!

 

ぷよた
ぷよた

ちなみに、筆者が勤めていた会社のスコアは170点でした

 

ブラック企業に勤めていた知人の場合

この診断テストを以前の記事でも紹介した転職経験2回のTさんにも試してもらったところ、驚くべき結果となりました。

 

知人Tさん
知人Tさん

転職前の会社は410点だった笑

名の知れた大企業だったけどホワイト企業とは程遠い会社だった

筆者
筆者

410点!?

ちなみに、今の会社は何点ですか?

知人Tさん
知人Tさん

転職後の会社は20点。いや〜、転職してマジで良かったよ

 

このブラック企業診断で、Tさんのように「自分の会社が思ったよりブラック企業度が高くて驚いた」という方も多いのではないでしょうか。

 

このテストは

  • ブラック企業度が高いか
  • ブラック企業度が低いか

を目に見える”点数”で算出するので、ブラック企業度合いが可視化されます。

ぷよた
ぷよた

客観的に自分の会社を判断できるようになるので、ブラック企業を判断しやすいんです

 

ブラック企業からは即刻逃げる準備を!

転職の画像

あなたが、もし今

ブラック企業に勤めている

仕事へ行くのが億劫で辛い

毎日辞めたいと思う、けど辞められない

 

それなら、1日も早く転職活動を始めましょう。

 

なぜなら、そのままの状態で働いていても、あなたが幸せになれる可能性が低いからです。

 

ぷよた
ぷよた

簡単に辞められない理由が、色々と頭によぎると思います。

しかし、筆者のように「1日も早く辞めておけば良かった…」と後悔するのは自分なんです

 

自分から会社に”見切り”をつける大切さ

退職の画像

筆者自身も11年間ブラック企業で働いていましたが、「いつか転職してこんな会社辞めてやる!」と思っていました。

 

しかし、現実は毎日疲れすぎて、転職活動をするパワーなんて残って無くて

「困っているのに、誰も助けてくれない」

「今の会社辞めても、私なんか雇ってくれる会社なんてない」

と、半ば諦めていました。

 

しかし、今になって思います。

自分で「辞める」と見切りをつけることって大切です。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれない。

自分で動かなければ、何も変わらないことを筆者は声を大にして言います。

 

嫌な仕事は辞める=退職は働く人が持っている当然の権利

権利の画像

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

 

このように、労働者の退職に関する法律は民法第627条で定められており、会社には労働者の退職を拒否する強制力はありません。

 

なので、「嫌な仕事なら辞める」ということは、全く違法でも問題でもありません。

 

筆者
筆者

法律で認められた労働者の権利です。

 

ただし退職する前の準備は必須!

選択肢の画像とはいえ、退職と同時に次の職場が既に決まっていれば良いのですが、そう簡単には次の仕事が決まらないことも少なくありません。

 

そこで、退職後にスムーズに転職活動ができるよう転職エージェントに登録だけはしておきましょう。

 

登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録してみましょう。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビAGENT

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビAGENT

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス >

 

もう一度言います。

 

自分の人生、自分で行動しない限り誰も助けてくれません。

 

自分で動かなければ、何も変わらないんです。

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント