【マルチ商法の特徴】マルチ商法にハマりがちな人の特徴。

マルチ商法の画像 ライフスタイル
スポンサーリンク
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、地方移住しました。

 

突然ですが、あなたはマルチ商法の勧誘を受けた事がありますか?

 

今回は、あらゆるマルチ商法の勧誘をことごとく跳ね除けてきた方の経験談を記事にしています。

 

結論:悪質なマルチ商法の勧誘は断固拒否しましょう。

マルチ商法はあらゆる手法を用いて、しつこく勧誘をしてきます。

あなたの時間とお金、精神力を吸いとられるだけなので、断固拒否しましょう。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、

  • マルチ商法の特徴
  • マルチ商法にハマりやすい人の特徴
  • マルチ商法の勧誘を断る方法

が分かります。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

スポンサーリンク

マルチ商法にハマっている人の特徴

それではさっそく、マルチ商法にハマっている人の特徴や言動を挙げていきます。

 

マルチ商法の特徴① やたらと「師匠」に会わせたがる

人々の画像
あなたは、知人や友人と話をしていて

私がビジネスを学んでいる師匠を紹介する

と提案されたことはありませんか?

 

師匠にお世話になっていて、ビジネスの基本を学んでいる」

師匠に出会ってから、自分の人生が変わった!」

など、やたら”師匠”という存在をチラつかせてくる人は要注意です。

 

もし「師匠を紹介したい」「師匠の話を一度聞いてみてほしい」などと言われたら、断固として拒否しましょう。

 

筆者
筆者

そもそも、マルチ商法の勧誘でなぜ”師匠”に会わせたがるのかな?

それは「ABC営業」という手法で、マルチ商法の勧誘でよく用いられている手法だからです。

 

ABC手法とは?

A:アドバイザー(すごそうな人、師匠)

B:ブリッジ(つなぐ人、勧誘する人)

C:カスタマー(勧誘される人)

 

簡単に言うと、AとBがグルになって一芝居を打ち、Cの立場を弱くさせ「申し訳ないから入会しなければ」と思わせる作戦です。

 

マルチ商法勧誘あるある

「成功する人は、すぐにこの場で決めるよ!」

「この場に来た事自体、あなたのポテンシャルにセンスがあるんだよ」

「師匠は忙しいのに、わざわざあなたの為に時間割いて来てくれたんだよ?」

 

マルチ商法の特徴② やたらと”夢”を語る

夢を語る人の画像

マルチ商法にハマっている人は、”師匠”の生き方に憧れをもつよう洗脳されてしまいがちです。

 

そして、その生き方のほとんどが「サラリーマンを辞めて起業し、経済的・時間的に自由になる!」という類のもの。

 

筆者
筆者

経済的・時間的に自由がないサラリーマンと対比する形で、夢を語ってくることが多いです。

 

マルチ商法勧誘あるある

「将来の夢ってある?」

「今あなたは労働者だよね。そこからコッチ側(働かなくても稼げる)に来たくない?」

「あくせく働くのは馬鹿らしい。不労所得だけで生活していきたくない?」

 

マルチ商法の特徴③ 自己啓発本を勧めてくる

本の画像
やたらと自己啓発本を勧めてくるのも、マルチ商法にハマっている人の特徴です。

 

中でもロバートキヨサキ氏が書いた「金持ち父さん貧乏父さん」を勧められる事が多いです。

筆者
筆者

筆者も「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだことがありますが、マルチ商法とは関係なく、とても有益なことが書かれています。

 

本書のなかには、「サラリーマンは経済的、時間的に自由なれないので、ビジネスオーナーになりましょう」という趣旨で話が構成されています。

 

この部分が、ブラック企業に勤めている人ほど心を打たれる場合があるのです。

 

ビジネスオーナーになる→経済的、時間的に自由なれる→という思想を植え付けることでマルチ商法の勧誘がしやすくなるため、本書をはじめとした自己啓発本を勧められる傾向があります。

 

マルチ商法勧誘あるある

「権利収入、不労所得」

「夢を叶えるには、強い想いと仲間が不可欠!」

 

マルチ商法の特徴④ 親しくもないのに2人で会いたがる

二人の画像
例えば、飲み会や合コンなどで知り合って、間もないにも関わらず、いきなり2人で会いたがる=マルチ商法の勧誘目的である可能性が高いです。

 

筆者
筆者

理由は1つ。

仲良くなって、自分の尊敬する”師匠”に会わせ、マルチ商法に入会させるためです。

 

加えて、誘う側は大体予定がパンパン(のフリをする)なので、相手の都合を無視して無理やり会おうとしてきます。

筆者
筆者

筆者の知人は、夜中の3時に会おうと言われたそうです笑。

もう必死。

 

特に、男性の人は女性勧誘員からの「アプローチ」に注意してください。

デート商法の画像マルチ商法の勧誘員の女性は特に、綺麗な身なりと言葉遣いで、世のいたいけな男性を勧誘しようとします。

 

実際にあったマルチ商法の手口としては、

①独身男性を狙い、若くて綺麗な女性が「結婚に関するアンケート」を実施

②連絡先を聞き出す

③宝石を売りつけてくる

などの「デート商法」もありますので、ご注意を。

 

マルチ商法勧誘あるある

 

「ちょっと話したいから、2人で会おうよ♪」

「とりあえず喫茶店に集合ね!」

(4時間拘束で勧誘)(しかも割り勘)

 

 

マルチ商法の特徴⑤ ファミレスやカフェで会いたがる

カフェの画像マルチ商法の勧誘は、言ってしまえば「数うちゃ当たる戦法」なので、なるべく大勢の人に会う必要があります。

 

勧誘のために1人に使う出費はなるべく少なくしたいと考えているので、ファミレスやカフェがよく使われます。

 

筆者
筆者

ファミレスやカフェだと、あまり仲良くない人でも警戒心が少なく「お茶くらいなら…」と誘いに乗ってしまうことがある場合も。

 

マルチ商法勧誘あるある

 

「ビジネスで稼いでる、と言っている割には安いファミレスで会う」

「着てる服も身に付けてる物も安っぽくで微妙にダサイ。本当に儲けてる?」

「上層部(師匠)の人とファミレスで会わせ、ドリンクバー代は割り勘」

 

マルチ商法の特徴⑥ やたら「起業のために師匠の下で勉強してる」と言う

仕事ができる人の画像マルチ商法にハマっている人の口癖は

「起業のために師匠の下で勉強してる」

です。

 

また、マルチ商法への洗脳をより強いものにするため、定期的にセミナーに参加しています。

筆者
筆者

本当に起業に向けて勉強している人にとっては、迷惑な話ですよね。

 

マルチ商法勧誘あるある

「週末は、将来起業するためにセミナーに行って勉強している」

「僕は将来のために勉強してるけど、君は何もしていないの?」

 

マルチ商法の特徴⑦ 会費に対して質が低いパーティー

パーティーの画像マルチ商法は、勧誘する側もお金が掛かります。

 

勧誘者自身もマルチ商法会社の製品を定期購入しないといけないので、金欠になっていきます。

筆者
筆者

中にはパーティーや合コンを主催し、会費をピンハネしようとする人も。

 

特に、都内のタワマンの最上階などで、パーティーやセミナーを開催する事が多いのがマルチ商法に大い手口。

 

参加者に「キラキラした成功者だけが見る世界」を演出し、夢を見させ、契約させることが目的だからです。

 

筆者
筆者

もし、参加したパーティーや合コンの料理などの質が、会費と見合っていないと感じたら、ピンハネされているかも。

 

マルチ商法の勧誘にハマりやすい人の特徴

チェックする人の画像

「自分に限って大丈夫!」と思っていても、マルチ商法の勧誘に引っかかってしまうことがあります。

下記は、マルチ商法の勧誘にハマりやすい人の特徴です。

 

①「自分は詐欺に遭わない」とタカを括っている人

②スピリチュアル系に影響されがちな人

③すぐ他人を信用する人

④自分の頭で考えず、他人の話を鵜呑みにする人

⑤断れない性格の人

⑥落ち着いて冷静に考えることができない人

⑦美味しい話、儲け話にすぐ乗っかる人

⑧他人に悪意を持たない人

 

 

筆者
筆者

ドキッとした人もいるのではないでしょうか?

「全員を疑え」とは言えませんが、案外悪い人はすぐ近くにいたりします。

 

 

まとめ:悪質なマルチ商法の勧誘は断固拒否!

ポイントの画像
そもそも、マルチ商法にハマっている人達って「努力」という言葉が好きですが、筆者の考える「努力」と何かが違う気がします。

 

努力ってそもそも人に強要するものでもないし、仲間と一緒にやるものでもないですよね。

 

筆者
筆者

筆者は、努力は孤独なものだと思っています。

 

あなたの大事な時間とお金、精神力をマルチ商法の勧誘にゴッソリ持って行かれないように気をつけてくださいね!

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント