人と話すのが楽になる会話テクニック。

会話テクニックの画像 ライフスタイル
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業での仕事が辛すぎて辞めました。今は在宅ワークでゆったり過ごしています。

 

突然ですが、あなたは人と話すのは得意ですか?

取引先とのコミュニケーションを円滑に進めたい!

相手に信頼される人になりたい!

第一印象で、良い印象を持たれたい!

 

今回は、”人と話すのが楽になる会話テクニック”について紹介します。

結論:会話のテクニックを使って、ちょっと楽に生きていきましょう。

この記事を読む価値

この記事を読むことで

  • 会話が上手な人
  • 売上トップのセールスマン
  • みんなから慕われている人

を観察して判明した会話テクニックが分かります。

ぷよた
ぷよた

それでは、どうぞ♪

スポンサーリンク

人と話すのが楽になる会話テクニック

握手の画像筆者が11年間、営業&販促コンサルタントを務めた経験から

  • 会話が上手な人
  • 売上トップのセールスマン
  • みんなから慕われている人

が使っている”人と話すのが楽になる会話のテクニック”を紹介します。

 

人と話すのが楽になる会話テクニック①
相手に共感&同調する

人間関係の画像

筆者が今まで

  • 会話が上手な人
  • 売上トップのセールスマン
  • みんなから慕われている人

を観察して判明したこと、それは

話の聞き方が上手

ということです。

皆さん揃って、自分から話すのではなく、相手からうまく話を聞き出す能力が高いです。

 

会話をしている相手に

あなたの話を聞いていますよ

うんうん、あなたの気持ち分かりますよ

という印象を上手に与えます。

あなたも、相手が自分の話をよく聞いてくれて共感&同調してくれると

「自分と価値観が同じなんじゃないか?」

「この人になら話しても大丈夫かも」

と、つい心を許してしまいませんか?

ぷよた
ぷよた

注意点としては

「うんうん」

「そうだよねー」

などと空返事ばかりすると、(ん?この人本当に私の話聞いてる?)と不信感を与えてしまいます。

会話テクニック①
自分の話はせず、とにかく相手の話をよく聞き、共感&同調する

人と話すのが楽になる会話テクニック②
曖昧な言い方をしない

質問の画像

会話の上手な人は、曖昧な言い方をしません。

相手に信用してもらうため、自信をもって断定的に話をします。

 

突然ですが、次のようなワードを使っていませんか?

もしかしたら〇〇かもしれないよ

多分〇〇だと思うよ

恐らく〇〇だと思うけど…

このようなワードを使っていたら、相手に信用されづらくなるかもしれません。

 

例えば、会社に面接に来た人が

①これまで培ってきたノウハウを活かし、御社に貢献できると思います!

②これまで培ってきたノウハウを活かし、御社に貢献します!

①と②、どちらが会社に貢献してくれそうですか?当然②ですよね。

ぷよた
ぷよた

魅力的なスキルがあっても、曖昧な言い方をしてしまうと相手に不安を与えてしまい非常にもったいないです。

会話テクニック②
曖昧な言い方をせず、自信を持って言い切る

人と話すのが楽になる会話テクニック③
相手を褒める

スキルの画像とても初歩的で簡単なテクニックですが

相手を褒める

これは、かなりの効果を発揮します。

ポイントは「ただ褒めるだけではなく、相手の小さな変化を見つけて褒める」こと。

例えば

今日の○○さんのネイル、可愛いですね!

その服〇〇さんに似合ってますね。素敵です!

あ、髪切りました?雰囲気変わりましたね!

などですね。

ぷよた
ぷよた

実はこのテクニック、以前紹介した”伝説の営業”Sさんから盗みました笑

 

人って、お世辞と分かっていても褒められると嬉しくなる生き物なんです。

褒められると、承認欲求(相手に認めてもらっている感)が満たされ、相手に対しより好意的になります。

会話テクニック③
相手を褒める

 

人と話すのが楽になる会話テクニック④
相手の名前+感謝の言葉

感謝の画像

例えば

①「本当にありがとうございました!」

②「〇〇さん、本当にありがとうございました!」

どちらがより心に響きますか?

どちらかというと、②ですよね。

 

相手が自分の名前を呼んでくれることで、相手に認識されている安心感を無意識に感じ、相手との心理的距離が近くなります。

ぷよた
ぷよた

簡単なことですが、つい雑にしがちですよね•••。

明日からぜひ実践してみましょう!

会話テクニック④
感謝をするときは「〇〇さん、ありがとうございます。」と目を見て伝える

 

人と話すのが楽になる会話テクニック⑤
できないことは正直に断る

ひらめきの画像
仕事でも人間関係でも、誰かに頼み事をされた時に「できません。」と断るのは、勇気がいりますよね。

人は誰しも「相手に無能と思われたくない」という気持ちが働いてしまうものです。

 

しかし、できない仕事や無理なお願い事を

この仕事、(出来ないけど)出来ます!

と安請け合いしてしまい、最後までやり遂げられなかった場合、相手からの信頼を失ってしまいます。

相手に迷惑をかけてしまうのであれば本末転倒です。

「できない事は、きちんと断る」。これも一種の誠意です。

 

ワンポイントとしては、ただ断るだけではなく

「〇〇はできませんが、ここまでならできます!

と相手に代案も提示することも大事です。

会話テクニック⑤
できないことは正直に断る

 

まとめ:会話のテクニックを使って、ちょっと楽に生きよう

今回の記事のポイント
人と話すのが楽になる会話のテクニック
  1. 相手に共感&同調する
  2. 曖昧な言い方をしない
  3. 相手を褒める
  4. 相手の名前+感謝の言葉
  5. できないことは正直に断る

 

筆者は、この会話テクニックを使うことで、人と話すのが楽になりました。

よければ是非、あなたも試してみてくださいね!

 
…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ はてブ していただけると喜びます!
ではまた。

コメント