【地方移住】失敗したくない!地方移住のメリットとデメリット。

地方移住の画像 地方移住
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職後、地方移住してゆる〜く暮らしています。

 

突然ですが、あなたは地方移住に興味はありますか?

 

会社には週2日の出社でいいから、都市部に住む必要がなくなった

いつかは緑豊かな地方に移住したい…

このまま人の多い都市部で暮らしたくないかも

豊かな自然の中で伸び伸びと子育てがしたいなぁ

 

現在はテレワークが普及した関係で、20〜30代の若い世代も地方移住に関心を持っており、都市部から地方への移住が急増しています。

 

筆者
筆者

実際に筆者の住む自治体でも、コロナ以前と比べ移住者の数が3〜4倍に増加し、空き家や古民家などの物件がバンバン売れているそうです。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、地方移住をしている筆者が感じた地方移住のメリット&デメリットが分かります。

 

結論:地方移住は正直、大アリ。

なぜなら筆者の経験上、地方移住後はデメリットを遥かに上回るメリットがあったからです。

 

この記事を書いた人の画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

20〜30代の地方移住者が急増

日本地図の画像

コロナ以前は、「のんびり田舎暮らし=定年後」というイメージが強かった地方移住。

筆者
筆者

定年を迎えた中高年が「第二の人生」を求めて田舎に移住するという形が主流でした

 

しかし現在は、テレワークの普及により中高年だけではなく、20〜30代の若い世代も地方移住に関心を持っており、都市部から地方への移住が増加しています。

筆者
筆者

筆者もその一人です

 

日本政策投資銀行

出典:日本政策投資銀行

 

とはいえ、東京から地方に移住することに対し、初めは不安もありました。

 

しかし、実際に地方移住をはじめてみると、筆者の場合デメリットよりも遥かにメリットの方が多かったのです。

 

なぜ地方移住希望者が増えてる?

①テレワークの普及により都市に住む必要がない

満員電車の画像

筆者
筆者

新型コロナウィルス感染拡大の前から、リモートワークは増えつつありました

ICT(情報通信技術)の発達により、オフィスへ出社しなくとも仕事ができるようになったからですよね

 

今回のコロナ禍で、政府から「緊急事態宣言」が発令されたことにより、「毎日出社が大原則」の一般企業であっても、テレワークを取り入れざるを得なくなりました。

 

リモートワークが可能ならば、日本のどこに住んでいても働けるので

  1. 地方に住むことで生活コストを抑えたい
  2. 高い家賃を払ってまで、都心のアパートに住む必要がない
  3. 自然豊かな地方でのびのびリモートワークをしたい

と考える人が増えるのも当然の結果とも考えられます。

 

②ワークライフバランス・QOLを重視する人が増えた

20〜30代の働き盛り世代を中心に

企業戦士として倒れるまで働くより、健康で豊かな生活のための時間が確保できる会社で働きたい

年功序列終身雇用を重視する会社を選ぶのではなく、自分に合った働き方・生き方が選択できる柔軟な会社を選びたい

というように、今まで以上にワークライフバランスQOL(生活の質)を考えるようになりました。

  • 自分はどこで働きたいか?
  • 自分はどのように生活したいか?
  • 自分は何を大切に生きていきたいのか?

を最優先に考えた場合、選択肢に「地方移住」が出てくるのではないでしょうか。

 

【地方移住、失敗したくないなら】メリット&デメリットを知る

メリットの画像地方移住を失敗しないためには、事前に地方移住のメリット&デメリットを知ることが大切です。

 

地方移住のメリット

日本の自然の画像

筆者が東京から兵庫に移住して感じたことは、下記です。

 

  1. どこに行っても人が少なくゴミゴミしてない
  2. 空気が本当に綺麗。胸いっぱい深呼吸できる
  3. 車のクラクションやサイレンの音がなく静か
  4. 礼儀正しく、優しい人が多い印象
  5. 水も綺麗なので肌や髪の調子が良くなった
  6. 満員電車や渋滞がほとんど無い
  7. 地元産の新鮮な食材が美味しい&安い
  8. おしゃれなカフェやレストランが意外と多い
  9. 歩きスマホやぶつかって来る人がいない
  10. 家賃が安い(東京の1/3以下)
  11. 誘惑が少ないので、無駄使いが減る
  12. 地元の人たちが”穴場”を教えてくれる
  13. 地元の人がなんだかんだ助けてくれる

 

人が少ない分、トラブルやストレスの根本原因が減り、心にゆったり余裕を持った生活ができています。

 

そんなメリットばっかりなんてなんか怪しいよね…

こんなメリットしか無いなんて、地方移住するしかないでしょ!

 

と思ったあなた、少々お待ちください。

 

当然ながら、地方移住はデメリットもあるんです。

 

地方移住のデメリット

ブラック企業の画像

  1. スーパーやコンビニなどが少ない
  2. アパレルのお店が少ない
  3. 専門病院や学校の数が少ない
  4. 美容院やネイルサロンが少ない
  5. 映画館、コンサート会場やイベント会場が少ない(というかほぼ無い)
  6. 虫が多い
  7. あちこちで野焼きしているので煙臭い
  8. 車の購入は必須。車の維持費・ガソリン代が掛かる
  9. プロパンガスのためガス代が高い
  10. 冬が寒いので電気代も掛かる
  11. ネット速度が遅い地域がある

筆者が感じたデメリットは、ざっとこんな感じです。

 

筆者
筆者

まぁ…筆者はもともと陰キャで引きこもりなので、正直そこまでデメリットとは感じていませんが。

田舎特有の「風習」がある場合も…

ある地域では

若者は町内の祭りを手伝え(無給)

夜中町内の見回りしてね(無給)

元旦に寄り合いやるから集会所に来い(無給&長時間拘束)

という風習が、今でもあるそうです。

 

 

筆者
筆者

なので地方移住の候補地を決める際は、移住者の受け入れ体制が整っていて「しがらみ」の少ない地域をお勧めします

 

まとめ:地方移住は大アリ

今回の記事のポイント
地方移住のメリット&デメリット

地方移住のメリット

    1. どこに行っても人が少なめ。ゴミゴミしていない
    2. 空気が本当に綺麗。胸いっぱい深呼吸できる
    3. すごく静か。車のクラクションやサイレンの音が少ない
    4. 礼儀正しく、優しい人が多い印象
    5. 水が綺麗だからか、肌や髪質の調子が良くなった
    6. 満員電車や渋滞がほとんど無い
    7. 地元産の新鮮な食材が美味しい&安い
    8. おしゃれなカフェやレストランが意外と多い
    9. 歩きスマホやぶつかって来る人がいない
    10. 家賃が安い(東京の1/3以下)
    11. 誘惑が少ないので、無駄使いが減る
    12. 地元の人たちと仲良くなると穴場を教えてくれる
    13. 地元の人がなんだかんだ助けてくれる

 

地方移住の「デメリット」

  1. スーパーやコンビニなどが少ない
  2. アパレルのお店が少ない
  3. 専門病院や学校の数が少ない
  4. 美容院やネイルサロンが少ない
  5. 映画館、コンサート会場やイベント会場が少ない(というかほぼ無い)
  6. 虫が多い
  7. あちこちで野焼きしているので煙臭い
  8. 車の購入は必須。車の維持費・ガソリン代が掛かる
  9. プロパンガスのためガス代が高い
  10. 冬が寒いので電気代も掛かる
  11. 機種によりネット速度が遅い地域がある



…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント