【地方移住おすすめ】地方移住をして肌で感じたメリット&デメリットを紹介。

地方移住の画像 地方移住
スポンサーリンク

 

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたは地方移住に興味ありますか?

いつかは緑豊かな地方に移住したい…

自然の中で伸び伸びと子育てしたい…

 

国が行った調査によると、地方移住に関心がある人のうち、地方移住に向けた行動をとった人の割合20代で37.9%、30代で32.2%という結果が出ました。

地方移住意識調査の画像引用:内閣府 政策統括官(経済社会システム担当)資料より

 

結論:地方移住は、人によって向き不向きがあります。

事前に情報を集め、地方移住が自分の生き方に合っているか。

よく調べてから、地方移住を決断することで、失敗を少なくすることができます。

 

なぜなら、地方移住した人の中には

憧れの田舎ライフ、こんなはずじゃなかったのに•••

と田舎暮らしの理想と現実のギャップを感じ、諦めて都市に戻る人も少なくないからです。

 

この記事を読む価値

この記事では、実際に地方移住をしている筆者が感じた

  • 地方移住をおすすめしたい人
  • 地方移住のメリット&デメリット

を紹介します。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

地方移住に興味がある20代は37.9%、30代は32.2%

国が行った調査によると、地方移住に関心がある人のうち、地方移住に向けた行動をとった人の割合20代で37.9%、30代で32.2%という結果が出ました。

 

地方移住を希望する人の声

一生、東京で暮らしたくない。

いつかは、生まれ育った地元に帰りたい。

コロナ禍のテレワーク推進で、家賃の高い東京に住む理由がなくなった。

地震や、台風などの災害に弱い首都圏から離れたい

の声が多く見られます。

 

また、東京の強みであった

  • コンサートが多い
  • イベントが多い

という事がコロナ禍の影響で軒並み自粛となり、わざわざ高い家賃を払ってまで、東京に住む必要はないと考える人が増加するのは、考えてみれば不思議なことではありません。

 

テレワークの普及により、収入が高い東京の企業で働き、生活コストの低い地方で生活するという新たな生活スタイルが地方移住希望者にマッチしているといえます。

 

テレワークの普及で地方移住者が急増

テレワークの画像

かつての地方移住は

定年後、地方移住をしてのんびり暮らす

というイメージがありましたが、近年では20~40代の子育て世代の移住希望者が増えています。

 

都会で働くストレスから解放されたい

保育園の待機児童問題にうんざり…

どこに行っても過密状態の都市部に疲れた

 

筆者
筆者

バブル経済を経験していない子育て世代は、モノの豊かさより心の豊かさを重視する価値観を持っている人が多いからかも。

 

また、コロナ禍で地方移住に関心を持つ人が増えた理由の一つに「テレワークの普及」があります。

 

ICT技術が発達した現在では

  • ZoomなどのWeb会議システム
  • Slackなどのチャットツール

を利用する事で、地方にいながら東京で働く事ができるようになりました。

 

新しい生活スタイルとして

①普段は生活コストの安い地方に住み、リモートワークをする
②出社する必要のあるときだけ、東京に行く
という選択をする人が、今後ますます増えていくでしょう。

 

地方移住をおすすめする人

チェックする人の画像筆者が実際に地方移住をしてみて感じたこと…それは「快適すぎる」ということです。

 

しかし、地方移住には、人によって向き不向きがあります。

自分が地方移住に向いているか、向いていないか、下記でチェックしてみましょう!

 

①東京の会社に勤めながらテレワークできる人

②地方移住して、収入を得るスキルを持っている人

③収入が減っても生活レベルを下げる事ができる人

④地域のコミュニティーに入っていける

⑤都市部と地方を比べて愚痴を言わない人

⑥一定額の貯蓄があり経済的に余裕がある人

⑦自分から動くことができる人

 

 

反対に、地方移住をおすすめしない人は次の通り。

  1. 人とのコミュニケーションが苦手な人
  2. 競争の激しい都市部でバリバリ仕事がしたい人
  3. 収入や蓄えがない人
  4. 収入につながるスキルがない人
  5. 虫が大嫌いな人
  6. 子供の教育環境に猛烈なこだわりがある人
  7. コンサートやイベントに頻繁に参加したい人
  8. 車の免許がない人

 

地方移住のメリット&デメリット

チェックリストの画像筆者が東京から兵庫に地方移住をした結果、肌で感じた違いは次の3つです。

 

  1. 日々の暮らし
  2. 金銭面
  3. 人とのつながり

 

この3つの視点から、メリットとデメリットを挙げていきます。

 

地方移住のメリット

地方移住のメリット①日々の暮らし

二面性の画像

ストレスの原因の絶対数が少ない地方では、日々の暮らしの質(QOL)がかなり上がります。

 

  • 人が少なく、ゴミゴミしていない
  • 自然がいっぱいで空気&水が美味しい
  • 満員電車や渋滞、人混みのストレスがない
  • 地元産の新鮮な食材で食生活が健康的になる
  • 歩きスマホで、肩をぶつけてくる人がいない
  • ゆっくり空を眺めたり、深呼吸できる

 

筆者
筆者

正直これだけでも、地方移住して大正解だったと感じます。

 

地方移住のメリット②金銭面

給料の画像

  • 家賃がものすごく安い
  • 新鮮な果物や野菜が安く購入できる
  • 誘惑が少ないので、無駄使いが減る
筆者
筆者

今の家賃は、東京に住んでいた時の1/3以下。庭付き2LDKにアップグレードしました。

ただし地方では、都市部よりも光熱費・水道代・ガソリン代が上がることが多いです。

 

地方移住のメリット③人とのつながり

パーティーの画像

筆者が地方移住した地区は移住者が多く、行政側も移住者の誘致に積極的。

移住者優遇制度が数多くあります。

 

移住者の受け入れ体制が万全なので

  • 地元の人たちと仲良くなる機会が多く設けられている
  • ご近所とのつながりが濃く、孤立しづらい
  • 地域の人と助け合いながら子育てができる
  • なんだかんだ助けてくれる

 

筆者のご近所付き合いは「近すぎず、遠すぎず」の距離でちょうどいいお付き合いができています。

筆者
筆者

東京に住んでいた時と違って、隣近所にどんな人が住んでいるかわかるので安心。

 

地方移住のデメリット

次は、地方移住のデメリットを挙げていきます。

 

地方移住のデメリット①日々の暮らし

自然の画像

病院選びや学校選びにこだわる人、イベント参加を最優先に考える方には地方移住はおすすめしません。

 

地方移住のデメリットとして

  • 病院や、学校の数が都市部と比べて少ない
  • コンサートやイベントが少ない
  • 虫や野性動物による生物被害のリスクがある
  • 台風・土砂崩れなど、自然災害のリスクがある地域がある

が挙げられます。

 

筆者
筆者

筆者は大人数でワイワイする事が苦手なので、東京にいた時よりもストレスなくのびのび暮らせています。他人の行動や言動にイライラすることがなくなったので、生きるのが楽になりました。

 

地方移住のデメリット③金銭面

元気がない人の画像

地方の家賃は安いですが、寒さが厳しい冬季は光熱費は高くつく場合があります。

筆者
筆者

特に地方ではプロパンガスが主流なので、都市ガスの価格と比べると高額になります。

 

他にも

  • 車の維持費やガソリン代がかかる
  • 都市ガスではなくプロパンガスのためガス代が高くなる
  • ネット環境整備にコストがかかる事がある
  • 物価自体は東京とほぼ同じと考えていい

 

冬の寒さが厳しい筆者の移住地区では

 

筆者
筆者

筆者の場合、2人暮らしで

  • ガス代1ヶ月…15,000円
  • 電気代も1ヶ月…13,000円

ほど掛かっています。

いずれも東京に住んでいた頃の2倍近く。

 

 

また、移動には車が必須になるので、ガソリン代も予想以上にかさみます。

特に山間部では、傾斜があるため燃費も悪くなり、さらにガソリン代がかかります。

 

地方移住のデメリット④人とのつながり

備蓄品の画像

地方移住でのデメリットといえば、近所付き合いの煩わしさが挙げられます。

たとえば

  • ご近所付き合いが煩わしい時がある
  • 近所の噂が回るのが早い
  • 地域の行事(祭り等)への参加を求められる
  • 地元ならではの、しきたりやルールがある

 

ただし、筆者が住んでいる地域は、上記のような煩わしさはありません。

筆者
筆者

移住者が多い地区だと、地元の人も移住者との付き合い方が分かっているので「近く濃〜い関係」人付き合いが少なめ。

 

まとめ:地方移住は人によって”向き不向き”が

仲間の画像

このブログをきっかけに、少しでも地方移住のメリットを知ってくれる方がいれば嬉しいです。

 


…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント