いつかブラック企業を退職したいあなたへ。

ブラック企業の画像 退職&転職
スポンサーリンク
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職後、地方移住してゆる〜く暮らしています。

 

突然ですが、あなたは「いつかブラック企業を退職したい」と思っていませんか?

 

しかし、ブラック企業は社員をなかなか辞めさせてくれない会社も少なくありません。

 

会社を辞めると言ったら、何をされるか分からない

ブラック企業から退職したいけど、辞められない

私が辞めたら皆に迷惑が掛かってしまうし…

もう少し我慢すれば、いつか評価されるかも…

こんな思いを抱えていませんか?

 

結論:ブラック企業で働き続けても、得るものは何もありません。

筆者はブラック企業で11年働き続けましたが、得るものは何もありませんでした。

 

ブラック企業を退職する際の注意ポイントを抑えつつ、今日から退職の準備を進めましょう。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、ブラック企業を退職する時の注意ポイントが分かります。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

スポンサーリンク

ブラック企業を退職する時の注意ポイント

退職の画像
ブラック企業の退職時に注意するポイントは、下記2つです。

 

①”会社都合”の退職にする
②退職後の生活費を蓄えておく

 

1つずつ解説していきます。

 

①”会社都合”の退職にする

退職時に、自己都合退職ではなく会社都合退職にしてもらえないか、会社に相談してみましょう。

 

たとえ退職の理由が”自己都合”であっても、交渉次第で”会社都合”の退職に変更してくれる場合があります。

 

なぜ”会社都合”の退職にすべきなのか?

会社都合の退職にすることで、失業保険の給付金額や給付期間、受給開始日が大きく変わるからです。

 

下記にまとめてみました。

失業給付金データ

 

失業給付金最短支給開始日

自己都合退職の場合:3ヶ月7日後

会社都合退職の場合:7日後

失業給付金支給日数

自己都合退職の場合:90〜150日

会社都合退職の場合:90〜330日

失業給付金MAX支給額

自己都合退職の場合:約118万円

会社都合退職の場合:約260万円

国民健康保険税

自己都合退職の場合:通常納付

会社都合退職の場合:最長2年軽減

 

筆者
筆者

自己都合退職と会社都合退職では、こんなにもちがうんですね…!

 

②当面の生活費を蓄えておく

節約の画像

退職する前に、転職後の会社を決めておく事がベストです。

ですが、退職してから転職活動を始める場合当面の生活費を蓄えておきましょう。

 

理由は2つあります。

 

①ブラック企業の退職金は期待できない

請求書の画像

退職金が出るはずから、当面の生活費は大丈夫…!

と安心しない方が良いです。

 

ブラック企業の場合

  • そもそも退職金が出ない
  • 退職金がかなり少ない

ということが多いからです。

 

筆者
筆者

筆者も自分で計算していた退職金より、かなり少ない退職金の支給でした。

 

平均退職金支給額(大学卒の場合)
大企業
勤続年数年齢自己都合会社都合
32534万円70万円
52765万円120万円
1032192万円316万円
1537422万円605万円
2042812万円978万円
25471290万円1471万円
30521942万円2112万円

 

中小企業
勤続年数年齢自己都合会社都合
32524万円38万円
52744万円63万円
1032115万円153万円
1537225万円285万円
2042381万円458万円
2547563万円647万円
3052749万円856万円

参考:エン転職公式サイト

筆者
筆者

筆者の場合、大卒の中小企業で10年だったので、平均支給額は115万円のはずでした。

しかし実際に支給されたのは77万円のみ。

 

②退職後すぐに税金支払命令が

お金の画像

 

その77万円の退職金は、退職後に支払う税金に消えていき、手元には残りませんでした…。

 

もしあなたが退職した場合、筆者と同じように、下記のような「国からの納付通知」が届くはず。

 

  1. 国民年金保険料納付通知書
  2. 国民健康保険納付通知書
  3. 都民税納付通知書(東京都在住の場合)

 

筆者
筆者

正直、貯金してなかったら詰みます。

 

まとめ:ブラック企業からの退職は準備が必要

退職の画像

ブラック企業からの退職はエネルギーをかなり・・・使います。

 

上司に退職を切り出すことも結構勇気が要るし、退職までの間の引き継ぎや。退職までの間の疎外感もあります。

 

しかし、今まで過酷な環境を走り抜けてきたあなたなら大丈夫。

 

次の一歩を踏み出そうとしているあなたを、陰ながら応援しています。

 


…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント