【ブラック企業を退職したい!】注意すべきポイントとは

ブラック企業の画像 退職&転職
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業での仕事が辛すぎて辞めました。今は在宅ワークでゆったり過ごしています。

 

突然ですが、あなたはブラック企業を辞めたいのに辞められない状態になっていませんか?

会社を辞めると言ったら、何をされるか分からない

ブラック企業から退職したいけど、引き止められて辞められない

私が辞めたら、残っている人に迷惑が掛かってしまう

もう少し辛抱すれば、努力が報われるかも…

こんな悩みをお持ちではありませんか?

 

結論:あなたもブラック企業から逃げる事(退職)ができます。

退職時の注意点を抑えて、今日から退職の準備を進めましょう。

トラブルなく、安心して退職するためには、行動するための正しい知識が必要です。

今回は、ブラック企業を退職した筆者の経験をもとにブラック企業の退職で注意すべきポイントを紹介します。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、ブラック企業を退職した筆者が注意すべきポイントが分かります。

ぷよた
ぷよた

ブラック企業に11年勤め、退職した筆者の経験を基にしています。それでは、どうぞ♪


スポンサーリンク

ブラック企業を退職するときに注意するポイント

転職の画像ブラック企業の退職で注意するポイントは、下記2つだけです。

①「会社都合」の退職にする
②退職後の生活費を蓄えておく
ぷよた
ぷよた

上記、1つずつ解説します。

ブラック企業の退職①「会社都合」の退職にする

会社の画像自己都合退職ではなく、会社都合退職にしてもらえないか、会社に相談しましょう。

 

たとえ退職の理由が「自己都合」であっても、交渉次第で「会社都合」退職に変更してくれる場合があります。

 

「会社都合」の退職にすべき理由

給料の画像自己都合退職か、会社都合退職かによって

失業保険の金額や期間、受給開始日が大きく変わる

からです。

 

自己都合退職の場合
ハローワークに求職の申込みをした後、失業保険(失業手当)支給までに約4ヶ月以上かかる
会社都合退職の場合
自己都合退職と違い、失業保険(失業手当)が即時支給される

 

ぷよた
ぷよた

私は、この仕組みがよく分からないまま、「自己都合退職」にされてしまいました。

退職して4ヶ月経ちますが、失業保険(失業手当)は1円も支給されていません。

 

ブラック企業の退職で注意すべきポイント②当面の生活費を蓄えておく

節約の画像

退職後、転職先がすぐ決まれば良いのですが予定通りに進まない事がほとんどです。

ぷよた
ぷよた

特に今はコロナの影響で転職市場が冷え切ってますよね。

 

すぐに転職が決まらなかったとき焦らないように、当面の生活費を蓄えておきましょう。

理由は2つあります。

 

当面の生活費を蓄えておくべき理由①退職金に期待しない方がいいから

デメリットの画像

「退職金が出るから大丈夫!」

と安心しない方が良いです。

 

特にブラック企業の場合

  • そもそも退職金が出ない
  • 退職金がかなり少なめ

という場合が多いです。

 

ぷよた
ぷよた

筆者も自分で計算していた退職金より、かなり少ない退職金の支給でした…

平均退職金支給額(大学卒の場合)

大企業
勤続年数年齢自己都合会社都合
32534万円70万円
52765万円120万円
1032192万円316万円
1537422万円605万円
2042812万円978万円
25471290万円1471万円
30521942万円2112万円

 

中小企業
勤続年数年齢自己都合会社都合
32524万円38万円
52744万円63万円
1032115万円153万円
1537225万円285万円
2042381万円458万円
2547563万円647万円
3052749万円856万円

参考:エン転職公式サイト

 

ぷよた
ぷよた

筆者の場合、大卒の中小企業だったので平均支給額は115万円です。

しかし実際に支給されたのは77万円でした

 

 

退職金の算出方法は会社によって異なるので、筆者の場合

退職時点での基本給(202,000円)×勤続11年(7.7倍)×自己都合退職(0.5)=777,700円

で退職金が算出されたようです。

 

他の方にもリサーチすると、一般平均額より少なかったという声を多く聞きます。

結論、退職金は期待しない方がいいです。

 

当面の生活費を蓄えておくべき理由②容赦なく届く国からの納付通知

支給の画像もしあなたが退職した場合、すぐに3通ほど「国からのラブレター(納付通知)」が届くはずです。

①国民年金保険料納付通知書
②国民健康保険納付通知書
③都民税納付通知書(東京都在住の場合)

 

ぷよた
ぷよた

筆者の場合は、合計で70万円ほど支払いました。正直、貯金してなかったら「詰み」でした

 

ご存知の通り、納税額は「前年の所得額」によって多少変わりますが

「退職金は全て国へ捧げよ。」

状態です。

 

ぷよた
ぷよた

筆者の場合、退職金(77万)は全て保険料や税金納付に捧げた事になるので、手元には残りませんでした•••

 

大事な事なのでもう一度言いますね。

当面の生活費を蓄えてから、退職しましょう。
ぷよた
ぷよた

仕事を辞めても、ただ生きてるだけでお金がかかります。

厳しいですが、これが現実です

 

まとめ:退職時の注意点を抑えて、賢く退職の準備をしましょう

出世の画像

この記事のポイント:ブラック企業退職での注意点
  1. 「会社都合」の退職にする
  2. 当面の生活費を蓄えておく

退職にはエネルギーを使います。

上司に退職を切り出すのも、結構勇気が要りますよね。

 

しかし、今まで過酷な環境を走り抜けてきたあなたなら大丈夫です。

 

次の一歩を踏み出そうとしているあなたを、陰ながら応援しています。

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ、はてブ!していただけると喜びます!ではまた。

 

ぷよログは、保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」を応援します。

保護犬・保護猫と飼いたい人を結ぶ場所「OMUSUBI」

コメント