転職しないリスク【現状維持は甘えです】

未来へ向かう人の画像 仕事
スポンサーリンク

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業での仕事が辛すぎて辞めました。

さて、皆さんは転職した場合のリスクを考えたことがありますか?

誰しも1度は考えたことがあるのではないでしょうか。

「転職先で今までよりも給料が下がる」「思ってた仕事と違った」など色々ありますよね。

 

その一方で、転職しない場合のリスクを皆さんは考えたことがありますか?

おそらく、あまり考えたことがない人が多いのではないのではないでしょうか。

理由として「転職しないことが当たり前」の風潮がまだ残っていることが大きいと思います。

終身雇用制度が崩壊している今、ぶっちゃけ時代錯誤すぎますよね。

 

今回は皆さんに「転職しないリスク」を考えていただくために、3つのリスクを紹介します。

皆さまの今の状況にあてはめながら、読んでみてくださいね。

WomanWill [求職者募集]

 

スポンサーリンク

転職しないリスク3選

①会社がある日なくなる

業界には、ライフサイクルがあります。

cicle.jpg

出典:プラスワーク

 

  1. 導入期〜対面営業。まずは知ってもらう。広告の反応率が低い
  2. 成長期〜お客様が増える。広告の反応率が高い。ここで一気に売りまくる
  3. 成熟期〜他社のお客を奪う。広告の反応率が減る、。ブランディングをする
  4. 衰退期〜リピート客中心になる。小さい会社はつぶれる

 

4のフェーズ、つまり衰退期を迎えると、会社は撤退するか別の業界へ転換しないといけません。

一言でいうと「危機的状況」です。しかし、このような会社は残念ながらたくさんあります。

以下、衰退期の会社での実例です。

衰退期の会社で働いていた知人は、人件費カットに携わる仕事をしていました。

数千円の人件費カットの対策を考えるために、残業をしていたそうです。

控えめにいって、何のために仕事をしているのかわからない状況ですよね。

 

このような会社は長くは続かないので、さっさと見切りを付けたほうがよいです。

その会社にズルズル居るとしましょう。

ある日いきなり会社が倒産したり、リストラされたりと、職を失うリスクが高いです。

自分の会社が今、どのステージに居るのか、改めて考えてみてください。

思いにふける人の画像

②メンタルがやられる

もしあなたが今ブラック企業で働いていて、今は持ち堪えていても、この先「大丈夫だ」と言い切れる自信はありますか?

現代は、日本人10人に1人はうつ病にかかる時代です。

塞ぎ込む人の画像

しかも、この先はもっとうつ病にかかる人数が増えると予想されています。

「いつ」「誰が」メンタルをやられてもおかしくないのです。

昔の日本にあった「頑張りすぎるのが美徳」という時代は終わりました。

メンタルがやられる前に、潔く逃げるのも大事ですよ。健康あっての仕事ですから。

③いざ転職しようとしてもできなくなる

転職経験がないと、やり方が分からないので、なかなか行動に移せないですよね。

さらに、歳を取るにつれてノースキルだと転職が難しくなります。

もし会社が急に傾いた時、すぐに転職に対応できなければ、そのまま会社と沈没してしまいます。

経済産業省のデータから計算によると、10年持つ会社は26%しかない

しかも、今後世の中の変化はますます大きくなっていきます。

あなたの会社はこの先、変化に対応し生き残れると言い切れますか?

WomanWill [求職者募集]

迷ったら、転職に向けて一歩を踏み出そう

もし、あなたが転職しないリスクが大きいと思ったら、即行動しましょう。

あなたのスキルを、今の会社に使うのがもったいないです。

じゃあ、何をしたらいいの?と思ったあなたは、転職活動って何から始めればいいの?【これだけ!転職の4ステップ】をぜひ読んでみてください。

転職は、あなたが思うほど大変ではないです。

今後の人生をよくするために、一歩踏み出してみませんか?

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もし良ければお気に入り登録していただけると喜びます(〃^^)ではまた。

コメント