【転職しないリスク】現状維持は甘えかも‥。

転職の画像 退職&転職
スポンサーリンク
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職後、地方移住してゆる〜く暮らしています。

 

突然ですが、あなたは「転職しないリスク」を考えたことがありますか?

 

今の会社でそこそこ満足しているし、あえて冒険するつもりはない

転職はしたいけど、今よりも待遇が下がるかもしれないし。今の会社のままでいいかな…

 

「転職しないことが当たり前」の風潮がまだ残っていることもありますが、終身雇用制度が崩壊している現在、1つの会社に定年まで勤め上げるというのはレアなケースです。

 

この記事を読む価値

この記事を読むことで、転職しないことのリスクが分かります。

 

結論:やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

 

何もしないのこともリスクです。

マイプロフィール画像

ぷよた(@puyota_japan

スポンサーリンク

転職しないことのリスク|3選

転職しないことのリスク①会社が突然なくなるリスク

人と同じように、業界にも下記のようなライフサイクルがあります。

業界サイクルの画像

出典:プラスワーク

①導入期:対面営業でまずは知ってもらう。広告の反応率が低い
②成長期:お客様が増える。広告の反応率が高い。一気に売りまくる
③成熟期:他社のお客を奪う。広告の反応率が減る。ブランディングをする
④衰退期:リピート客中心になり、小さい会社はつぶれる

 

つまり衰退期を迎えると、会社は撤退するか別の業態へ転換しないと生き残れません。

 

あなたの会社は今、どのステージを迎えていますか?

 

筆者
筆者

衰退期を迎えているのであれば、一言でいうと「危機的状況」です。

このような危機的状況に陥っている会社は、実は数多くあります。

 

ここで衰退期の会社で働いていた知人の例を挙げてみます。

僕の仕事は人件費カットに携わる仕事なんですが、数千円の人件費カットの対策を考えるために、残業をしています。

 

人件費カットをしたいのに、人件費が発生している矛盾…。

正直、何のために仕事をしているのか分からない状況です。

 

残念ですが、このような会社は長くは続かないので、早めに見切りをつけて転職活動を始めた方がほうが良いかもしれません。

 

その会社に留まったとしても

  • 待遇が改善される可能性は限りなく低い
  • いきなり会社が倒産する
  • 早期退職希望やリストラ

など、職を失うリスクが高くなってきます。

 

転職しないことのリスク②メンタルがやられるリスク

落ち込む人の画像あなたは会社で働き続け、今はメンタルを正常に保っていても、この先も「自分は大丈夫」と言い切れる自信はありますか?

 

筆者
筆者

今のストレス社会、「いつ」「誰が」メンタルをやられてもおかしくないのです

 

昔の日本にあった「我慢して頑張るのが美徳」という時代は終わりました。

 

あなたのメンタルがやられる前に、潔く逃げるのも大事です。

健康あっての仕事ですから。

 

 

転職しないことのリスク③キャリアアップの機会を失うリスク

ブラック企業の画像年齢が上がるにつれて、転職の際に企業側から求められるスキルも、高いものとなります。

 

年齢が高いほど転職が難しいと言われる理由は、会社側の要求のハードルが上がるからなのです。

 

筆者
筆者

万が一、会社が急に傾いた時にすぐに転職に対応できなければ、そのまま会社と沈没してしまいます。

 

今後世の中の変化は、ますます早く大きくなっていきます。

あなたの会社はこの先、変化に対応し生き残れると言い切れますか?

 

いつかは転職するつもりなら、1日も早く始めた方がいい理由

すぐ動く人の画像

「いつかは転職したい」と思うなら、1日も早く転職活動を始めましょう。

 

なぜなら今の会社に惰性で留まり続けると、キャリアアップの機会を失い続けるからです。

 

筆者
筆者

今の会社を辞められない理由が色々と頭によぎると思いますが、結局最後に決断するのは本人です。

 

転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像
転職する際の行動は早い方が難易度は下がります。

 

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

なぜなら、30代以降は実務やマネジメントの経験が求められるようになるから。

 

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

 

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

 

何もしないのもリスク。

 

筆者
筆者

とは言え毎日忙しく働いているのに、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね…

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

なぜなら転職エージェントは「プロ」

 

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと、転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりはしません。

 

筆者
筆者

転職エージェントは、条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方におすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

 

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度92%
転職ならマイナビエージェント >

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。最大級の転職サイトで、案件が豊富。

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

\ 5分で無料登録 /

利用満足度83%
DODAエージェントサービス >

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ
1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

 

筆者
筆者

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみては?

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント