会社員でも、憧れのノマドワーカーになる方法【4ステップ】

ノマドの画像 仕事
スポンサーリンク

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

突然ですが、あなたはこう思ったことありませんか?

満員電車から解放されたい
時間や場所に縛られず生活したい

会社勤めをしていると、誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

 

結論:会社員をしながらノマドワーカーは可能です。

なぜなら、ICT(情報通信技術)の発達により、多様で自由な働き方が可能になったからです。

 

今回は、会社員のままノマドワーカーになる方法を記事にしました。

ノマドワーカーに、興味がある方向けの記事となっています。

この記事の信頼性

今回の記事は、実際に会社員をしながら、ノマドワーカーになったMさんから、伺った経験をまとめています。

それでは、どうぞ♪

スポンサーリンク

会社員×ノマドワーカーという働き方

ノマドの人の画像

ノマドワーカー:日本では自分の裁量で場所や時間を選んで働く人という意味で使われることが多いです。

この条件に、当てはまる形で働いている人を「ノマドワーカー」と呼ぶこともあります。

多様な働き方の1つなので、会社員であっても「時間や場所を自分で選んで働ける」のであれば、ノマドワーカーですね。

まず大前提として、ノマドワーカーになるためには

  • 起業するしかない
  • フリーランスになるしかない

という先入観があるのではないのでしょうか?

実は、私もそう思っていました。

 

「起業」したり「フリーランスになる」のは簡単じゃないし、リスクがあるかも・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

会社員をしながら、ノマドワーカーになれるんです。

もちろん、会社員なので、最終決定権は会社側にありますが

  • 安定した収入が得られる
  • 社会的に信用度が高い
  • 教育制度を活用できる
  • 福利厚生が活用できる

という「会社員ならでは」の恩恵を受けながら、自由度の高い働き方ができる場合があります。

結論:会社員をしながらノマドワーカーは可能。しかし努力は必要。

リモートワークの画像

昔とは違い、今はICT(情報通信技術)の発達で、業務のリモート化も推進されています。

現在のコロナ禍で、リモート化・オンライン化に二の足を踏んでいた企業も、急速にリモートワークを進めざるを得なくなりました。

そのように考えると、今後ノマドワーカーとして働ける会社はますます増えることが予想されます。

 

そこで、実際に会社員をしながらノマドワーカーになる方法4つのステップで説明します。

1.ノマドワークを勧める制度がある会社を探す

会社の画像

まずは、ノマドワークが実現できそうな制度(在宅勤務制度等)がある会社を探しましょう。

探し方ですが、求人票だけ見ても具体的に書いてない場合が多いので、もう少し深掘りして探す必要があります。

そこで、インターネットや転職エージェント、知人の情報を活用して、会社の情報を集めましょう。

※具体的な調べ方としては、「必見!未経験でも外資系企業に転職するコツpart2【会社情報の集め方編】」をご覧ください↓

2. 1で探し出した会社の中で、ノマドワークしている人がいるか探す

上記1で、フルリモートワーク制度がある会社を見つけたとします。

しかし、まだ安心はできません。

そもそも、制度自体があっても、その制度を活用できている人がいなければ意味がないからです。

あまり考えたくないですが、会社によっては、制度自体が「形だけ」になっている可能性もあります。

フルリモートワークができても、会社規定により、住居の場所を制限される場合もあります。

リモートワークの画像

その場合、自分の好きな場所に住むことができないので、ノマドワークとは言えませんよね。

よって、1の方法を用いて、会社でノマドワークしている人が、実際にいるかどうか調べてください。

実際にノマドワークしている人がいる場合は、少なくともその会社では、ノマドワークを実現できるルートがあるということです。

いない場合は、別の会社を新たに探すか、転職エージェントに相談したほうが良いでしょう。

3 . 2で探し出した会社に転職する

ビジネスマンの画像

次は、上記2で探し出した会社へ転職するために、転職活動をします。

転職活動のやり方については、先日の記事「転職活動って何から始めればいいの?【これだけ!転職の4ステップ】」で説明していますので、ぜひご覧ください。

4.ノマドワーク制度を活用できるまで、その会社で実績を積む

ここで注意点ですが、入社してすぐ実績が無いのに、すぐにノマドワークができるわけではありません。

実際に転職した後は、ノマドワーク制度を使うための条件を調べ、条件を満たすように努力しましょう。

仕事をする人の画像

そのうえで、制度使用について会社との交渉権を獲得するために、仕事で成果を出すようにしましょう。

ノマドワーカーになるために仕事をするのではなく、あくまでも仕事で成果を出すことを目的としてください。

すると、おのずとノマドワーク制度を使用するための土台を築くことができるでしょう。

結論:会社員をしながら、ノマドワーカーは可能です

自由な人の画像

さぁ、あなたもノマドワーカーになるための一歩を踏み出し、自由な生活を手に入れましょう。

ここまで読んでくださった、賢いあなたなら、あとは行動するのみです。

 

ノマドワーカーになり、時間や場所に縛られない生活を手に入れましょう。

 

また、先日の記事「ノマドワーカーになってよかったこと3選」には、

ノマドワーカーになると得られる「メリット」を具体的に解説していますので、よければご覧ください↓

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もし良ければお気に入り登録していただけると喜びます(〃^^)ではまた。



コメント

  1. SYU ICHI より:

    初のコメントで失礼します。twitterでぷよたさんのフォローしているSYU ICHIです。

    ノマドワークって憧れますね!
    時間に縛られずに自分の好きな場所で作業ができるなんて
    長いこと会社勤めの自分では考えられない事です。
    今はプログラミングの勉強をしてますが、色々な事を勉強してゆくゆくは
    ノマドワーカー的な仕事ができたらな~と思ってます。

    ぷよたさんのブログ記事ホントためになります。
    毎回このような深い内容の記事をアウトプットするなんて、尊敬します!
    これからも楽しく、みんなに大きな影響を与えられる記事を書いていって下さい。
    応援してます!

    • ぷよた より:

      SYU ICHIさん!
      そう言って頂けると本当に嬉しいです。いつも有難うございます!
      SYU ICHIさんのいつも積み上げてる姿に、いつも良い刺激を受けています。
      これからもプログラミングの勉強、頑張ってくださいね!

      私も以前、11年会社勤めをしていましたが、長時間労働&過酷労働に体と心が
      悲鳴をあげてしまい、ノマドになりました。
      会社にいた頃よりも、収入は下がりましたが、生活の質と幸福度はかなり上がりました。

      SYU ICHIさんにもできます^^
      ゆくゆくはノマドになれるように、今の自分に栄養をあげてくださいね♪

      今回は暖かいお言葉有難うございます!
      今後ともよろしくお願いいたします^^

                    ぷよた