【損して徳を取れ】真面目に生きてきて損した、と感じているあなたへ。

損して徳をとれの画像 ライフスタイル
筆者
筆者

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職後、地方移住してゆる〜く暮らしています。

 

突然ですが、あなたは「真面目に生きてきて損したな…」と思ったこと、ありませんか?

 

筆者は何度もあります。

 

悲しい事実ですが、現代は

「頑張れば報われる」

「辛抱していれば出世できる」

というような時代ではなくなりました。

 

真面目に誠実を心掛けて人と接してたけど、ただ利用されただけかなと思う事が多々ある

真面目に生きてきて、たくさん損してきた。ずる賢い人のほうが得してるのをイヤと言う程見た

でも、テキトーに生きてやろうって何度も思うけど、結局真面目にしか生きられない

 

そんなあなたに伝えたいのは

「損して徳を取れ」です。

 

あなたの事を見ている人は必ずいます。

 

筆者
筆者

あなたは損得じゃなく、徳を積んでいるんです

 

真面目なあなたは、責任感が強くて、周りの人から頼られることも多いはず。

しかし、真面目だからこそ・・・・・必要以上に周囲の期待に応えようとしたり、お願い事を断ることができなかったりストレスが溜まるかもしれません。

 

筆者
筆者

頼られることが当たり前になってしまうと、誰もあなたの陰ながらの苦労や有り難みに気がついてくれません。時には都合よく利用されていることも。

 

今回の記事を読むことで、真面目に生きているあなたの心が、少しでも軽くなれば幸いです。

 

この記事を書いた人の画像

ぷよた(@puyota_japan

 

スポンサーリンク

【真面目な人は損?】真面目な人の「強み」と「弱み」

真面目に悩む人の画像真面目な人の特徴として

「自分が何とかしなきゃ」

「最後まで完璧にやり遂げなければ」

と責任感が強く、仕事でも遊びでもとことん突き詰める人が多いですよね。

 

筆者
筆者

たとえ、他の人が手を抜きそうな事でも「キッチリ」「しっかり」丁寧に行うのが「真面目な人」の特徴です

 

そのような真面目で誠実な姿勢から、周囲から「頼りになる人」と褒められることも多いはず。

 

しかし弱点もあります。

 

何事も真面目に真剣に考えすぎるあまり

〇〇の件は、本当に大丈夫かな?

もし〇〇したらどうしよう…

と、まだ起こってもいない事を、必要以上に考え込んで悩み抜き、必要以上に疲れてしまいがちという弱点。

 

「真面目は損だな」と思ったエピソード

悩む女性の画像

下記は20代〜40代までのビジネスパーソンに聞いた「真面目は損」だと思ったエピソードをまとめたものです。

 

同じパワハラ上司の被害者でも、いい加減な人は聞き流して気にしないけど、私はメンタル病んで通院した

仕事を一生懸命やるほど、そういう人間の裏でサボってる奴がいて、実際そいつと給料が大して変わらない。

真面目って損だな、と痛感…

真面目なのと誠実なのは、ちょっと違う気がする。 仕事や人間関係で大事なのは誠実さだと思う。そこに漬け込むやつはどこにでもいるけどね

仕事は「人の倍頑張ろう」と思うけど、そこにつけこむヤツが絶対いる。 ただ必ずちゃんと見てくれてる人はたくさんいて、嬉しかった

結局あれこれ考えても、自分は真面目な生き方しか似合わないから、無理して適当にしても上手くいかない。
真面目な生き方が「自分のスタイル」だと割り切って今を一生懸命生きる

人間関係や仕事関係もだけど、税金とかお金関係も、真面目に働いてる方がガツガツ搾り取られてアホらしくなる

真面目に接したくない人にまで、バカ正直に接しなくていいんだよね。自分の誠実さに値しないって思う人は、そっと距離を置いてる。冷たいと思われるかもしれないけど、そのほうが自分が楽だし…

筆者
筆者

みなさん、責任感が強いが故に図々しい人に都合よく使われることも…

 

「真面目」が辛くなった時の対処法

気持ちの画像とはいえ「真面目だと損だな」と思っても、すぐにテキトー人間には変われないものです。

筆者
筆者

いきなりテキトー人間を装っても、疲れてしまって続かない辛くなるだけです

 

それなら下記の方法を試してみてはいかがでしょうか?

少しだけ心が軽くなるかもしれません。

 

真面目で辛くなった時の対処法①人に頼ってみる

人に頼る画像真面目な人ほど

こんなこと頼んだら迷惑だよね…

甘えてると思われないかな?

など気を揉んでしまい、人に頼ることが苦手な場合が多いです。

 

大丈夫。

 

人に頼られて、嫌な気持ちになる人はいません。

どんどん人に頼りましょう。

 

真面目で辛くなった時の対処法②楽観的に考えてみる

もし不安が押し寄せ、自分が焦っているなと思ったら

「ま、何とかなるさ」

「ま、いっか」

と声に出して言ってみましょう。

 

起こってもないトラブルに気を揉むよりも、少し力を抜いたほうが、物事うまく行くことが多いです。

 

まとめ:人間として一番尊いものは「徳」

徳の画像筆者も好きな言葉のひとつ「損して徳を取れ」

 

下記は、パナソニックを創業し世界的企業へと成長させた松下幸之助の言葉です。

人間として一番尊いものは徳である。

だから、徳を高めなくてはいかん、と。技術は教えることができるし、習うこともできる。けれども、徳は教えることも習うこともできない。自分で悟るしかない。

引用:松下政経塾 塾長講話録(リーダーを志す君へ)

 

あなたの事を見ている人は必ずいます。

 

あなたは人間として一番尊い「徳」を積んでいるのです。


 

とはいえ、無理しすぎは禁物です。

たまには人に頼って、甘えて、力抜いていきましょう。

 


 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

今後もゆる〜く、自分らしく。生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

それでは、また♪

コメント