【ブラック企業診断テスト】あなたの会社は何点?

ブラック企業診断の画像 ブラック企業
スポンサーリンク
ぷよた
ぷよた

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業での仕事が辛すぎて辞めました。今は在宅ワークでゆったり過ごしています。

 

突然ですが、あなたの会社はいい会社ですか?

この記事を読む価値

この記事では、ブラック企業度の診断テストを紹介します

ブラック企業度の診断テストの点数から、あなたの会社がブラック企業かどうかが分かります。

ずっと同じ会社で働いていると

自分の会社を客観的に見ることができなくなる

自分の会社がブラック企業だとは思わなくなる

ブラック企業と気づかないまま、いつの間にか社畜化してしまう

ということになりかねません。事実、筆者がそうでした。

 

結論:ブラック会社からは即刻逃げましょう。

なぜならブラック企業で働くことで、心身ともに消耗するだけではなく、得るものは何もないからです。

 

今回は、会社のブラック企業度を診断するテストを紹介します。

ぷよた
ぷよた

ブラック企業度診断テストをすることで、自分の会社のブラック企業度を知るための、分かりやすい指標になります。ぜひ試してくださいね!

状況は人それぞれ異なりますので、あくまで目安としてテストしてみてください。


スポンサーリンク

ブラック企業度 診断テスト

チェックリストの画像以下の10個の質問の点数を合計し、診断結果に照らし合わせてみてください。

ぷよた
ぷよた

皆さん、準備はいいですか?

質問点数
有給が自由に取れない20点
同族経営である20点
うつ病で休暇・辞職した人がいる30点
長時間労働が常態化※11か月の残業時間(h)×1点
サービス残業が常態化※21か月のサービス残業時間(h)×5点
パワハラ・セクハラ等が常態化50点
職場で罵声が飛び交う30点
労働監督署が来た事がある50点
間接的な暴力を受けた※3100点
直接暴力を受けたことがある150点

 

※1 例:残業が月20時間の人は20点
※2 例:サービス残業が月20時間の人は100点
※3 例:椅子を蹴られる、机をバンバン叩かれる等

 

ブラック企業度 診断結果

情報収集している人の画像

合計点所見
49点以下ブラック度は低いようですが、今後の動向には注意してください。
50-99点世間一般の会社ですが、転職の準備はしておいたほうが良いでしょう。
100-149点ブラック度が高い会社です。転職を検討しましょう。
150点以上間違いなくブラックです。今すぐ逃げて!
ぷよた
ぷよた

筆者の前職の会社のスコアは170点でした。

 

ちなみに、この診断テストを以前の記事でも紹介した

知人Tさん
知人Tさん

転職経験2回のTさん

にも試してもらったところ、驚くべき結果となりました。

 

ブラック企業度 診断結果〜Tさんの場合〜

知人Tさん
知人Tさん

転職前の会社は410点だったよ。割と大企業だったのに•••笑

ブラック企業度が数値で見えると目を逸らすことができなくなるね。

ぷよた
ぷよた

410点?!かなりブラックだったんですね•••。ちなみに、今の会社は何点なんですか?

 

知人Tさん
知人Tさん

転職後の会社は20点。本当に転職して良かった。

 

さて、あなたのブラック企業度診断テストの結果は、いかがでしょうか?

この診断テストで

自分で思っていたより、ブラック企業度が高くてビックリした

という方も多いかもしれません。

 

このテストは

  1. ブラック企業度が高いか
  2. ブラック企業度が低いか

を点数で算出するので、ブラック企業度合いが可視化され、分かりやすいですよね。

客観的に自分の会社を判断できるようになるので、ブラック企業を判断しやすいです。

 

まとめ:ブラック企業からは即刻逃げましょう

転職の画像

仕事へ行くのが億劫で辛く、毎日辞めたいと思うなら、1日も早く仕事を辞めましょう。

なぜなら、そのままの状態で働いていても、幸せになれる可能性は低いからです。

簡単に辞められない理由が、色々と頭によぎると思いますが、あとで「早く辞めておけば良かった…」と後悔するのは自分です。

 

転職するなら早い方が良い理由:転職は年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

デメリットの画像

転職業界では、未経験職種や業界へ転職しやすいのは20代までと言れています。

30代以降は、実務やマネジメントの経験が求められるようになるからです。

やりたい職種や仕事があるなら、挑戦する機会は今しかありません。

行動しないまま時間を浪費すると、市場価値のあるスキルや経験が身につかず、後の転職が厳しくなっていきます。

何もしないのもリスクです。

転職活動を始める際は、転職エージェントを活用するとスムーズです。

 

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由

面接の画像

転職先を探すのに転職エージェントをおすすめする理由は、下記の3点です。

  • インターネットだけでは得られない情報を「転職のプロ」から教えてもらえるから
  • 非公開案件を紹介してもらえる
  • 前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

 

次の転職先選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを使っておいたほうがいいでしょう。

しかも、仕事を辞めるべきか辞めないべきか、相談に乗ってもらうこともできます。

ぷよた
ぷよた

話を聞いてもらってから、どうすべきか考えることもできますよ。

 

①ネットでは得られない情報を「転職のプロ」が教えてくれる

あなたも

インターネットで情報を収集したけど、どんな会社かいまいち分からない…

という経験はありませんか?

求人情報は応募者を集めることが目的なので、基本的にポジティブなことしか書いていません。

転職エージェントと転職活動を行うことで、インターネットでは得られない転職先の情報をエージェントに質問できますよ。

 

②非公開案件を紹介してもらえる

当然ながら優良企業の求人は、公開すると応募者が殺到します。

企業側も本当に能力がある人からの応募に絞りたいので、非公開求人という形で募集をかけることがよくあります。

非公開求人の情報を持っているのは転職エージェントだけです。

転職するなら優良企業で、かつ条件が良い企業に入社したい人にはうってつけです。

 

③前の職場と同じ失敗をしないように対策できる

転職エージェントに登録すると、初回にキャリアカウンセリングがあるので、あなたの希望を細かく伝える事ができます。

現在の悩みや転職後のキャリアプランを伝えることで、自分でも「満足できる転職」を明確に意識する事ができます。

転職エージェントも担当者の親身さや紹介される案件から、転職エージェントがどの程度真摯に向き合ってくれているのかを確認した上で、転職を決断するかどうか考えることもできます。

 

転職活動は時間もエネルギーも有限。だからこそ転職のプロに相談しよう

時間管理の画像転職活動は、時間もエネルギーもたくさん使います。

ぷよた
ぷよた

日々ブラック企業で疲弊している人は、転職活動を1人で行うのは正直キツイですよね。

  • 転職先が、またブラック企業だったらどうしよう
  • 転職を失敗したくない
  • 転職活動を無駄にしたくない

 

それなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは「プロ」です。

依頼者が転職後、その会社で仕事を続けてくれないと転職エージェントの成果にならないので、ブラック企業を紹介したりしません。

条件交渉や内定辞退の代行もしてくれるので、転職活動に時間をとれない在職中の方にもおすすめです。

 

下記、筆者がお世話になった転職エージェントと転職サイトをまとめました。

【利用満足度92%】転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界に精通したアドバイザーがおり、転職に関するアドバイスを行ってくれます。

【ユーザー満足度92%】転職ならマイナビエージェント

 

【利用満足度89%】転職のリクルートエージェント

約90%が非公開求人と言われるほど、多くの求人を囲っています。

最大級の転職サイトで、案件が豊富。まずはここに無料登録してみてはいかがでしょうか。

【ユーザー満足度89%】転職のリクルートエージェント

 

【利用満足度83%】DODAエージェントサービス

「転職サイト」と「転職エージェント」両方の要素を備えているため、求人検索から選考対策、年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを実現できます。

【ユーザー満足度83%】DODAエージェントサービス

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめです。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高いので、機会損失になるからです。

求人情報は刻一刻と状況が変わります。

採用が決まれば募集終了になってしまう為、情報収集を早めに行い良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

ぷよた
ぷよた

ちなみに、登録や利用に料金は一切かかりません。

気軽に無料登録して相談してみてはいかがでしょうか。

 

…というわけで、今回はこのへんにします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もしよろしければ はてブ していただけると喜びます!
ではまた。

コメント