【転職する業界の選び方】未経験でも転職に成功するためのコツPart8

転職の画像 退職&転職
スポンサーリンク

こんにちは。ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

 

いきなりですが、あなたは転職する業界を、どのように選んでいますか?

  • 前職と同じ業界で経験を活かせそうだから
  • 今伸びている業界だから
  • 自分のやりたい仕事ができそうだから

このような理由「だけ」で業界を選んでいませんか?

結論:業界選びは、あらゆる視点から行うことが大切です。

あなたの主観だけで業界を選ぶと、転職失敗のリスクが高くなります。

 

今回は、「転職する業界業界の選び方」について記事にしました。

あなたの転職成功に、役立てていただけると幸いです。

この記事の信頼性

この記事は、ファイブフォース分析を参考に、筆者の考えを記事にしました。ただし、顧客視点(買い手の脅威、売り手の脅威)については省略しています。

それでは、どうぞ♪

【登録無料】転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1

スポンサーリンク

転職する業界を「3つの視点」から選ぼう

3つの視点の画像

もちろん、自分なりに選ぶ基準を持っているのは、とても良いことです。

AI技術の発展が進むIT業界や、超高齢者社会を支える医療業界自動運転やEVの開発がめざましいモビリティ業界は、今後も伸び続けることが期待できます。

また、前職と同じ業界であれば、経験やスキルがそのまま使えて、希望の仕事ができる確率は高そうです。

しかし、せっかくの転職活動の機会です。もう少し業界を深掘りして考えてみませんか?

そうする事で、業界選びのミスを防ぎ、納得感をもって転職活動を進められますよ!

 

転職する業界を決めるにあたって、一番大切なのは

「どれくらい安定して存続できる会社か」

ではないでしょうか。

 

たとえば、ある会社が、ある日、爆発的な速さで成功しても、それが存続できなければ、何の意味もありません。

「業界の安定」「持続可能かどうか」を見極める基準として、以下3つの視点を使いましょう!

  1. 競合他社が強いか&多いか
  2. 新規参入は簡単か&難しいか
  3. 代わりの製品やサービスに乗っ取られないか

1つずつ説明していきますね!

1.転職する業界の「競合が強いか&多いか」

兵士が戦っている画像

言うまでもないですが、競合が強い、又は競合の数が多い業界は、激しい競争に巻き込まれてしまいます。

これを「レッド・オーシャン」と呼んだりしますよね。

逆に、競争が激しくないところは、「ブルー・オーシャン」と呼びます。

レッド・オーシャンの業界の例としては、コンビニが挙げられますね。

コンビニの画像

しかし、コンビニの中でも、独自のサービスで他社と差別化することで、レッド・オーシャンでも充分に戦うことができます。

例えば、セブンイレブンは、業界で1番最初に24時間営業を取り入れ、他社と差別化を図り、急成長しました。

 

このように、あなたが転職しようと目指す会社が

  • どのような状態の業界にいるのか
  • レッド・オーシャン なのか、 ブルー・オーシャンなのか
  • 他社との差別化のために、どのような取り組みがされているか

を調べることが大切です。

2.転職する業界の「新規参入は簡単か&難しいか」

もし、あなたの行きたい業界が「ブルー・オーシャン」であっても、まだ安心はできません!

その業界の新規参入の障壁が低いと、すぐに多くの会社が参入し、あっという間に「レッド・オーシャン」になってしまいます。

人がいる海の画像

一方、新規参入が難しい業界もありますよね。

例えば、医薬品・医療機器業界は、新規参入が難しいとされています。

理由としては

  • 薬機法などの、あらゆる法規制をクリアする必要がある
  • 治験といった時間を要するプロセスが多く、市場導入までに時間がかかる

 

よって、業界の新規参入の難易度を調べておきましょう。

3.転職する業界で「代わりの製品やサービスに乗っ取られないか」

例えば、そこまで「レッド・オーシャン」ではなく、市場参入が簡単でない業界でも、まだ安心はできません。

テクノロジーの進化などで、代わりの製品・サービスに乗っ取られる可能性があります。

スマートフォンの画像

例えば、デジタルカメラ業界が最も分かりやすい例ですね。

ご存じの通り、以前のデジタルカメラ業界は、ソニーやニコン、オリンパスといった少数の会社が市場を占有する状況でした。

しかし、スマートフォンの普及で、デジタルカメラ市場が徐々に縮小していきました

最近だと、オリンパスのデジタルカメラ事業からの撤退がニュースになっていましたね。

 

今後のテクノロジーの進化によって、乗っ取られるかもしれない業界について、関連記事を用意しています↓

あなたの選ぶ転職先の業界が、「10年後も生き残っている業界かどうか?」先を見据えて、転職する業界を選びましょう!

結論:転職の業界選びは、様々な視点から行うことが大切です

検索する人の画像

  • 前職と同じ業界で経験を活かせそうだから
  • 今伸びている業界だから
  • 自分のやりたい仕事ができそうだから

と言うように、あなたの主観だけで業界を選ぶと、転職失敗のリスクが高くなります。

 

今回の記事で紹介した

  1. 競合の強さ/多さ
  2. 新規参入の簡単さ/難しさ
  3. 代替製品・サービスに乗っ取られないか

の視点で情報を集めることで、客観的に「生き残る業界」を見極めることができます

生き残った人の画像

そうすることで、転職失敗のリスクを、抑えることができますね。

あなたの大切な時間とエネルギーを費やす転職活動・・・今回の記事が、あなたの転職成功に役立てれば嬉しいです!

 

下記、転職エージェントと転職サイトをまとめました。

転職のリクルートエージェント|登録無料
最大級の転職サイトで、案件が豊富です。まずはここに無料登録してみてはいかがでしょうか。
転職ならマイナビエージェント|登録無料
求人案件も多く、安心して利用できます。無料登録しておくと、会社を比較できるので便利ですよ!

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もし良ければお気に入り登録していただけると喜びます(〃^^)ではまた。

 

【登録無料】転職のリクルートエージェント

【登録無料】転職ならマイナビエージェント

コメント