【面接の質問編】必見!未経験でも外資系企業に転職するコツPart3

面接の画像 退職&転職
スポンサーリンク

こんにちは、ぷよたです。

ブラック企業を退職し、今は在宅ワークでゆるく生きています。

今回は「未経験でも外資系企業に転職するコツ」として、外資系企業での面接の質問編というテーマで、少し掘り下げてみます。

 

よろしければ、以前の記事もご覧ください。

面接の画像

外資系企業だと、英語での面接がある会社が多いです。

では、実際どのような面接の質問があるのか、カテゴリに分けて説明していきます。

 

この記事の信頼性この記事は、実際に外資系企業を専門とする転職エージェントに聞いた話をまとめています。

それでは、どうぞ♪

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

スポンサーリンク

大前提:面接の合否は「準備」で決まる!

情報収集している人の画像面接に限らず、何事も本番より準備がとても大切です。

外資系企業の面接が、うまく行くか行かないかは、「あなたの準備次第」といっても過言ではありません。

そして、最も対策しやすいのが「面接官の質問を想定し、準備しておくこと」です。

面接では、専門用語を出来るだけ使わず、誰が聞いても分かりやすいような説明を心がけましょう!

今回は、面接の質問をカテゴリに分け、実際の質問の事例を説明していきます。

あなたの面接の準備に少しでも役に立てれば嬉しいです♪

職歴について

スキルの画像面接官は、あなたの職歴から「人柄」「スキル」「説明の簡潔さ」を見ています。

実際の質問の事例

  • 簡単に自己紹介してください
  • あなたの職歴を簡単に説明してください
  • 今の会社の入社理由は何ですか?
  • 空白期間について

退職理由について

質問の画像面接官は、あなたの回答が「今の会社の退職理由が、妥当な理由なのかどうか」を見ています。

実際の質問の事例

  • なぜあなたは今の会社を辞めるのですか?
  • 他部署に異動する等して解決することはできないのですか?

志望動機について

転職の画像面接官は、あなたが「うち(会社)じゃないといけない理由」を確認しています。

実際の質問の事例

  • なぜあなたは弊社を志望するのですか?
  • なぜ弊社じゃないといけないのですか?

スキル・経験について

ゴールを目指す人の画像面接官は「あなたのスキル・経験が会社に活かせるかどうか」を見ています。

実際の質問の事例

  • あなたの強み/弱みを、3つずつ教えてください
  • あなたの仕事の成果を教えてください
  • チームをマネジメントした経験はありますか?
  • あなたはどのような立場で仕事していましたか?
  • 部下を何名率いていましたか?
  • これまでに遭遇した困難と、それの克服方法を教えてください
  • 資格は何を持っていますか?
  • あなたのスキルが弊社にどのように役立ちますか?
  • スキルをつけるために現在あなたは何かに取り組んでいますか?

人柄について

チームワークの画像面接官は、あなたの人柄を確認し、「社風に合うか、ストレス耐性があるか」を見ています。

実際の質問の事例

  • プライベートは普段何をしているのですか?
  • あなたの性格を説明してください
  • 友人からあたなはどのような性格だと言われますか?
  • ストレスをどのように発散していますか?
  • どのような社風を好みますか?

キャリアについて

キャリアアップの画像面接官は、あなたのキャリア志向が「自社にマッチしているかどうか」見ています。

実際の質問の事例

  • どういうキャリアを歩んでいきたいですか?
  • 5年後、10年後にどうなっていたいです?
  • スキル不足をどのようにキャッチアップしていきますか?
  • 個人/チームどちらで働きたいですか?
  • スペシャリスト/ジェネラリストどちらになりたいですか?
  • 良いリーダーになるための資質は何だと思いますか?
  • 弊社のどのような仕事/ポジションに興味がありますか?

労働条件について

希望条件の画像面接官は「あなたの希望する労働条件が、自社にマッチしているか」を見ています。

  • 転勤は大丈夫ですか?
  • 出張は大丈夫ですか?
  • 引っ越ししても大丈夫ですか?
  • 残業が多くても大丈夫ですか?
  • 希望給与はどれくらいですか?
  • ワークライフバランスについての質問(結婚/子供/介護等)

転職活動について

転職の画像面接官は、「あなたの転職活動の状況から、自社への志望度等」を見ています。

  • 他社の選考状況はどのような感じですか?
  • 他に内定を持っていますか?
  • 弊社の志望度はどれくらいですか?

逆質問について

挙手する人の画像面接の最後に、面接官から「最後に質問ありますか?」ほぼ必ず聞かれるので、あなたの熱意をぶつけましょう。

「特にありません」だと「あなたの会社に興味ありません」と言う意味にとられるかもしれませんよ。

※逆質問については、別記事で対策を掘り下げていく予定です。

結論:面接の合否は「準備」で決まる!

準備する人の画像

会社によって求める人物像や状況が異なるので、厳密に言うと、面接の質問に対する答えに「100%の正解」はありません。

しかし、面接の合否は、どれだけ入念に「準備」したかどうかで決まります!

 

もし回答に対して不安がある場合は、信頼できる転職エージェントに相談してみましょう。

登録は無料です。ぶっちゃけ、転職活動のプロに相談するのが近道でもあります。

 

※以下で転職エージェントについての記事を書いてますので、ご参考までに。

 

面接試験は、どんな人でも緊張してしまいます。本来の自分の実力が出せないと悔しいですよね。

本番の面接で、あなたの実力と魅力を十分に伝えられるように、しっかり事前準備に力を入れて取り組みましょう!

 

というわけで、今回はこのへんにします。

今後も強く美しく、自分らしく生きるのに必要な情報をアップデートしていきます。

もし良ければお気に入り登録していただけると喜びます(〃^^)ではまた。

 

コメント